「ほっ」と。キャンペーン
~明木地域を歩く~ 参加者募集

史都萩を愛する会が ~明木地域を歩く~ 現地探訪ツアーを開催します。
参加者を募集します。
b0076096_17271160.jpg













萩往還沿いにある味わい深い宿場町、明木を歩きます。
・萩と明木の境にある鹿背隧道を見学。
・江戸時代の様子が分かる明治初期の古地図を片手に明木市散策
・明木神社で「明木八景」鑑賞。
・萩往還と赤間ヶ関街道中道筋の分岐点確認
・下横瀬公民館(旧明木図書館内部)
などの見学を予定しています。

どなたでも参加可能ですが、定員20名様までです。

参加ご希望の方は、史都萩を愛する会事務局
萩博物館 國弘〔電話:0838-25-6447〕
までご連絡下さい。

・日時    平成28年3月12日(日)
       10時~15時00分(予定)

・集合場所  萩市役所前駐車場 
       ※10時までに集合して下さい
       ※現地まではバスで移動します

・案内者   現地の皆様、史都萩を愛する会理事

・参加費   1,000円(バス代・昼食代・保険その他雑費)
       ※食事は乳母の茶屋という休憩施設で
        お弁当を用意します。

・参加対象者 どなたでも参加できます。
       非会員も参加できます。

・申込締切  平成29年3月3日(金)
・注意事項

 ※申し込みの際、保険のために生年月日、住所、電話番号をお聞
  きします。
 ※募集定員は20名。定員に達し次第締め切ります。

 ※少し長いお寺の石段や坂道などを上ります。ご了承下さい。
 ※予定は当日の状況により変更することがあります。

※明木市の明治20年頃の地図です。
 現在と道の形が違います。見比べながら歩きましょう。

b0076096_15240698.jpg





















※なかなか入ることの無いあのトンネル。
 潜ってみましょう。
b0076096_15310283.jpg

















※道路からは川のむこう、はるか彼方に見える旧明木図書館。
 中をのぞいてみたいと思いませんか?

b0076096_15264594.jpg




[PR]
# by hagihaku | 2017-01-17 15:44 | 催し物のご案内
大好評の松陰先生カレンダー


先日、某番組で取り上げられた松陰先生カレンダーです。

b0076096_16591549.jpg

テレビに出て一躍大人気となりました。

萩博物館のショップでは朝から注文が殺到し、
もうほとんど在庫が無い状態となってしまっています。
再入荷の予定も無く、とてもレアな状態に。

あと、1個か2個かは残っているようですが、
手に入らなかった方は申し訳ありません。


また、セットでよく売れているのが

「松陰先生のことば」

「松陰読本」

です。

b0076096_17014583.jpg

両方とも明倫小学校でならう松陰先生のことばや教えが
コンパクトにまとまった良書です。
こちらはまだ在庫があるようです。

お問合せはこちらまで。

◆ 萩博物館ミュージアムショップ

◆ 営業時間【 9:00~17:00 】

◆ 休業日 年中無休(萩博物館と同じ、臨時休館あり)

◆ 問合せ 山口県萩市大字堀内355番地 (萩博物館内)

TEL (0838)25-3177 / FAX (0838)24-0505

E-mail : shop@npomachihaku.com


[PR]
# by hagihaku | 2017-01-10 17:14 | 事務局より
お正月は、萩博物館「いきもの発見ギャラリー」で宝貝さがしを!(2016.12.31)

平成28年(2016)、萩博物館にご来館くださった何万人もの皆様、ご足労は叶わなくともネットやマスメディアを通じて当館の情報に接してくださった皆様、どうもありがとうございました。

萩博物館はこの後、17時に本年の開館時間を終了いたします。
・・・が、当館は年中無休! 明日、平成29年(2017)1月1日朝9時より開館します!

正月休み期間中も9時~17時まで(入館手続きは16:30まで)開館しておりますので、初詣の帰りや、帰省中のお出かけ等に、ぜひ萩博物館にご来館ください。

b0076096_9433345.jpg正月三が日(1/1~1/3)にご来館の方に朗報!
先日からご紹介している新「いきもの発見ギャラリー」内にて、萩近海の貝殻から好きなものを探して少し持ち帰っていただける「ザ・シェリング・バー」。このバーを管理するNPO自然おたから班からの「お年玉」として、通常は決して入ることのない萩近海産の宝貝(タカラガイ)が日に100個限定で登場!
午前に50個、午後に50個入れられるとのことです。なお、人気品のため、お1人様につき持って帰っていただける個数はごくごく少数に制限させていただきますので、表示やスタッフの案内をご確認ください。また、ご提供するのは浜辺に打ち上がった貝殻であるため、表面のツヤが落ちていたり擦れている場合がありますがご了承ください。

タカラガイは、当館でかつて開催したあらゆる貝殻採集イベントにてダントツの人気第1位! 大昔、お金として使われたり、所持していると「子宝」に恵まれるご利益があるとされた、まさに海の「お宝」。

1/1~1/3限定! 新しくはじまる平成29年(2017)の運だめしに、温かい館内で海の「お宝」探しをお楽しみください。

[PR]
# by hagihaku | 2017-01-02 09:45 | いきもの研究室より
約50~80年前の魚のミイラ!?・・・乾燥標本(2016.12.30)

b0076096_1212374.jpg萩博物館の新「いきもの発見ギャラリー」の次なる見どころは・・・写真をご覧ください。ぎょぎょっ!?魚類のミイラ!?・・・乾燥標本です。

生きている時の魚は人の力では決して再現できないぐらい透明感がありカラフルで美麗。しかし、いざ博物館や研究機関の標本として保存しようとすると、昆虫や貝殻とは比にならないほど難しいテクニックを要します。ホルマリンやアルコールに漬けて「液浸標本」にするか、中身を取り出して別のものを詰めて整形し「剥製」にするのが一般的ですが、「乾燥標本」にするという手もありました。

b0076096_1214234.jpg今から約80年前、「萩の博物学の父」田中市郎が私立「田中博物館」で収蔵展示した後、萩市に寄贈し、歴代の萩の科学館や博物館へ、そして萩博物館へ引き継がれてきた標本の中に、約50~80年前に萩近海で採集され製作されたと思われる乾燥標本がいくつもありました。

ミイラのように完全に干からびてシワシワになり、見た目がショッキングでもあるため、あまり「展示物」に向いているとはいえません。そのためか、当館の開館以来はもちろん、前身の萩市郷土博物館でもおそらく展示公開されたことはありません。

が、その魚がこの町の沖の海に存在したことを何としても未来に伝えようと懸命に格闘した先人たちの努力を示す歴史的資料として、このたびより新「いきもの発見ギャラリー」にて当館初公開!

b0076096_122720.jpg先日お知らせしましたように、当ギャラリーは順路もストーリーもありません。標本ひとつひとつから、皆様には直接メッセージを受け取っていただきます。

今から50~80年前の萩の海を泳いでいた魚たち・・・皆様にいったい何を語りかけてくるのでしょう?

[PR]
# by hagihaku | 2016-12-30 12:03 | いきもの研究室より
萩博物館の「龍蛇様」・・・セグロウミヘビ(2016.12.29)

b0076096_11584933.jpgうわっ!ヘビだ!びっくりした~ ・・・と、写真を見て驚いた方が多いことでしょう。
まるで生きているかのような、とあるヘビの剥製。これも12/16に新装オープンした新「いきもの発見ギャラリー」の隠れた見どころのひとつ。

私たちがよく見聞きする陸のヘビとは違います。海にすむウミヘビの一種、セグロウミヘビです。コブラ科のヘビで、人をも死に至らしめるほどの猛毒の持ち主。そんな話を聞くと恐くなってしまうかもしれませんが、このヘビは別格、古来より人々に特別な扱いを受けてきた神聖なる生物なのです。

出雲の国(現在の島根県東部)では、神々が集まるとされる「神在月」(現在の11月ごろ)、このヘビが海辺にたどり着いて打ち上げられるといいます。人々はこれを「龍蛇様」と呼び、神々の先導役、神の使いとして敬い、出雲大社や佐太神社や日御碕神社(漂着地よって決められた神社)に奉納し「神在祭」なる儀式をおこなうのだそうです。

セグロウミヘビはもともと南のあたたかい海にすむウミヘビですが、対馬暖流に乗って日本海へ、風波によって出雲の海岸に漂着するのがちょうど「神在月」の頃とのこと。

対馬暖流は萩の沖を流れて出雲の方へ向っていきます。また、11月だけでなく冬全体にわたって北西からの風波がありますから、冬場に萩付近にもセグロウミヘビが漂着することがあります。近年ではちょうど3年前の2013年12月29日、萩の西の長門市油谷の海岸に漂着し、山口県水産研究センターからの紹介で当館に持ち込まれました。それが剥製となって当ギャラリーで初めてお目見えとなりました。

神在月より一足遅れて出雲の国の手前に到来した「龍蛇様」。皆様にどんな縁やご利益をもたらせてくれることでしょう。年末年始、ぜひ萩博物館の新「いきもの発見ギャラリー」でご対面ください。

[PR]
# by hagihaku | 2016-12-30 11:59 | いきもの研究室より
「ザ・シェリング・バー」も萩博物館の新「いきもの発見ギャラリー」に健在!(2016.12.28)

b0076096_1055974.jpgつい先日の12/16に新装開展した萩博物館の新「いきもの発見ギャラリー」。

このギャラリーの見どころのひとつは、何といっても「ザ・シェリング・バー」。シェリングとは、「貝を集める」「貝を楽しむ」といった意味の英語。まるでバーのように気軽に立ち寄って萩付近の貝を手にとって眺め、気に入ったものを持ち帰っていただけるという、約10年前に当館内に誕生した、当時おそらく「全国初」の体験型展示。wikipediaの萩博物館のページにも記されています!

b0076096_1062467.jpgかつて萩博物館&NPOイベント班の連携で萩付近の海岸の貝の採集調査の余品を来館者におすそわけすることからはじまり、現在はNPO自然おたから班のみなさんが息長く懸命かつ丁寧な貝殻の採集と補充を続けています。

b0076096_10104765.jpg 「常連」の子どもたちが休日に訪れて貝殻採集に熱中したり、県外からの観光客が予想外にハマってしまい2時間もここに滞在したことも。非常に人気があるため、現在では持って帰っていただける貝殻の個数を数個に限定させていただいています。

b0076096_101139.jpg10年目を迎えるこの人気の体験型展示はしっかり新「いきもの発見ギャラリー」内の一角に引き継がれ、冬休みそして年末年始のみなさまをお待ちしています。なお、あくまでも萩近海の環境調査のための貝殻採集のデータ収集後の余品なので、日によって貝の種類や量が変動しますのでご了承ください。

b0076096_1011153.jpgちなみに左の写真は、平成19年3月に「ザ・シェリング・バー」が初登場した際の広報資料の写真。バーテンダーに扮した現・副館長(左)が客に扮する広報担当職員(右)と掛け合いで、まさしく「バー」のようなやりとりを実演中。

萩博物館は年末年始も開館!冬休みの親子のみなさん、お子様連れで山口県や近県にご帰省の方、ぜひお立ち寄りください。

[PR]
# by hagihaku | 2016-12-28 10:12 | いきもの研究室より
萩博物館に新「いきもの発見ギャラリー」新装オープン!(2016.12.16)
自分の家には無理だけど、自分の町のどこかにこんな処があったらいいなぁ・・・と、少年時代の私がおぼろげながらに憧れた空間。それは、貝や昆虫や鳥などの標本がギッシリ並んでいて、どこかで見た本に描かれていた中世ヨーロッパの「驚異の部屋」(ヴンダーカンマー)がかもしだす、ちょっとレトロでワクワクするような独特の雰囲気。そんな部屋が、萩博物館の一角に誕生しました!

b0076096_1723235.jpg新「いきもの発見ギャラリー」です。冬休み、そして年末、お正月のお出かけ先として最適!なにせ、萩博物館は年末年始も開館していますから。

b0076096_17234233.jpg実は「いきもの発見ギャラリー」なる部屋は萩博物館内に数年前からすでにありました。しかし、一昨年の大河ドラマにあわせて特設展示「兄松陰と妹文」が設営されるともに約2年ほど休止。このたび、その特設展示が撤収されたのに伴い、このたび、その場所に「いきもの発見ギャラリー」が新生したのです。

b0076096_17235346.jpg特設展示のしっとりした雰囲気を踏襲しているため、いい具合にレトロ感が出て、上に書いた「驚異の部屋」(ヴンダーカンマー)っぽい雰囲気になっています(私としてはまだまだ進化&深化させて真のヴンダーカンマーにしていきたいと思っていますが)。


室内には順路もストーリーもありません。みなさまが気になった箇所に立ち、思い思いに標本に対面すればするほど、標本自ら直接メッセージを投げかけてきます。「かめばかむほど味のでる展示」です。

b0076096_1724452.jpg取り急ぎ今日はこのギャラリーの新装オープンのお知らせまで。室内に散在するコンテンツやトリビアについては、また追って続々とご紹介していきたいと思います。お楽しみに!

[PR]
# by hagihaku | 2016-12-26 17:26 | いきもの研究室より
豪華寝台列車「瑞風」(試運転)、萩に到来!(2016.11.17)
山口県萩市を東西に走る山陰本線で2014年に「昆虫トレイン」、2015年・2016年に「萩びーびートレイン」を萩市内各組織と共に主宰してしてきた萩博物館としては、見逃すことのできない出来事が昨日から今日にかけて勃発!

来春にデビュー予定のJR西日本豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」。先日、その立ち寄り地にが、そして停車駅に萩市のターミナル「東萩駅」と伝統建築「萩駅」が選ばれました。

正式な運行に向け、「瑞風」が西日本各地で本番に向けての「試運転」をおこなっていることは先日から各種報道で耳にしていましたが、いよいよ萩の山陰本線でもおこなわれるらしいと察し、私達萩博物館スタッフは市内の「とある場所」へ向かいました。


b0076096_1548148.jpg予想していた頃の少し前に「とある場所」で待機しはじめた私達。
少し息をつこうかと思っていたその時、数百メートル先の遠い南西方向にある踏切の信号が点滅しはじめました。

・・・と、間もなく、右の方から黒い影が。

b0076096_15481551.jpg水平のヘッドライトから光を放ち、クールな顔つきの黒い龍のような列車が私達の視界に飛び込んできました!

「瑞風」です!

テレビや新聞やネットでしか見たことのなかった、あの新世代豪華列車「瑞風」が姿をあらわしました。

b0076096_15483326.jpg
紅葉しかかっている木々をかすめ、その真っ黒い巨体をあらわにした「瑞風」。

本来の「瑞風」は先代のトワイライトエクスプレスから継承したダークグリーンとのことですが、今回は試運転のため黒色ラッピングが施されているとのこと。

ブラックシールド仕様の「瑞風」が、猛スピードで私達の斜め前方を走りぬけていきます。

b0076096_15485289.jpg
私達が待機していた「とある場所」とは・・・

写真の左方をご覧ください。大昔、萩の火山が生みだした岩を使って江戸時代の先人が「志」をこめて組んだ、あの建造物。

そう、世界遺産「明治日本の産業革命遺産」の一つ、萩の遺産のランドマーク的存在の「萩反射炉」

b0076096_15491186.jpg萩は全国でも数少ない、世界遺産のすぐそばを鉄道が走っている地。

世界遺産「萩反射炉」へ、黒船のように到来した豪華列車「瑞風」。最高そして究極のペアリングができあがりました!

b0076096_15493824.jpg試運転の「瑞風」は速度を落とすことなく、まるで反射炉ができたころの激動の時代の海を滑るかのように、黒い巨体をすべらせていきます。

周囲には突然の出来事に立ち止まって固唾を飲む観光客。

b0076096_1549506.jpg
先頭車両の横に・・・「TWILIGHT EXPRESS MIZUKAZE」の金文字が見えます。

栄えある伝説の列車だけが冠する、選ばれし文字。

b0076096_155076.jpg
最後尾に、「瑞風」の最大の特徴ともいえる展望デッキが。
来春より、この展望デッキから、数々の人々が「萩反射炉」はじめ萩の美しい風景との時を過ごすことになるのでしょう。その歴史が幕を開ける日まで、あと数ヵ月。

黒づくめの「瑞風」は、北東に向け、矢のように走り去っていきました。
その勇姿から、こんな声が聞こえてきそう。

・・・ 萩よ、これが「瑞風」だ。

かつてからのマイカーでの旅はもちろん、数々のバスツアー、クルーズ客船、萩びーびートレイン、そしてついに伝説の豪華列車が来訪することとなった萩。
まちじゅうを自然・文化・歴史を開拓し保存し発信する屋根のない博物館と見たてた「萩まちじゅう博物館」の中核施設として、萩博物館ができること、やるべきことは!?

・・・萩博物館人として襟を正しつつ、黒船に遭遇したかのような気持ちで「瑞風」の試運転を見送った私達でした。

[PR]
# by hagihaku | 2016-11-17 15:45 | 催し物のご案内
特別列車「萩びーびートレイン」、10/17と10/21に今年最後のツアーへ!(2016.10.15)
b0076096_11495822.jpgb0076096_11503666.jpg萩博物館などいくつかの組織からなる実行委員会主催の「萩・海のパラダイスツアー」。
これは、萩を東西に走る鉄道・山陰本線を使って萩の海をめぐり、萩の生物や地質などのホンモノに触れる日帰りツアー。


b0076096_11511139.jpgb0076096_11512386.jpgb0076096_115286.jpg今年は一般募集だけでなく萩市内の小学校対象の遠足型のツアーもふくめ、すでに6/24、8/5、8/20、9/30の4回が終了。
引き続き、来週10/17(月)は萩市立椿東小学校・白水小学校・大島小学校・相島小学校・川上小学校の2年生(一部の学校は1年生も)専用のツアーが、10/21(金)には萩市立明倫小学校2年生専用のツアーがおこなわれ、これで今年のツアーは最後となります。


b0076096_11522097.jpgこのラスト2回は学校行事なので一般の皆様の参加はできませんが、萩の海のいきものをデザインしたヘッドマークつき列車が山陰本線の玉江駅・萩駅・東萩駅いずれかから東へ向かい、海の景勝地や鉄道ファン人気の惣郷鉄橋を通り、須佐駅へ往復します。
どのヘッドマークの列車が登場するかはお楽しみ!駅や沿線で見かけたら、ぜひ手を振ってください!



b0076096_1152517.jpg10/17(月):玉江10:08発→東萩10:18発→須佐11:08着;13:27発→東萩14:18着
10/21(金):萩9:18発→須佐10:26着;14:13発→萩15:02着
スケジュールは目安ですので、多少の変更が生じる場合があります。

(掲載写真は、すでに終了した今年のこれまでのツアーの様子)

[PR]
# by hagihaku | 2016-10-15 11:52 | 催し物のご案内
萩博物館ビッグアニマル展にリュウグウノツカイ巨大標本を追加(2016.9.17~25)
b0076096_1956267.jpg山口県萩市の萩博物館で7/15から開催してきた特別展「衝撃!ビッグアニマル大接近~地球をゆるがす巨大動物たち~」は、閉幕の9/25(日)まであと約10日となりました。先日9/10には来場者数が4万人を突破したことを記念し、ある巨大動物の標本を明後日9/17(土)から閉幕日の9/25(日)まで追加展示することが決定!

その巨大動物の追加展示に先立ち、昨日9/14(水)に一足先に「衝撃!」の報道公開をおこないましたので、その様子をご報告します。

b0076096_19564852.jpg午前11時前、萩博物館の敷地の一角に報道関係者の皆様が続々と集合。右端は、ビッグアニマル展の主担当者の堀。

b0076096_1957941.jpg
11時ちょうど。堀が神妙な面持ちで語り始めました。ビッグアニマル展が4万人を突破したこと、来場者から「とある巨大動物」の実物を見たかったとの声が多かったこと、それを受けて閉幕までの期間限定で追加展示に踏み切ること・・・等々。
右奥には、何やら大きなビニールシートを前にスタンバイしているスタッフ数名の姿が。

b0076096_19572772.jpg大きな声で、堀からシートをめくるよう号令が出ました!
おもむろにシートを持ち上げ、めくるスタッフたち。シートの下には何が隠されているのでしょう?

b0076096_19574828.jpg
シート下の物体をめがけ、報道陣の皆様が一斉に歩み寄ります。その目線の先にあるものは!?

b0076096_1958984.jpg
たっぷりの水が!? シートを四角く囲ってつくられた細長い容器に水が満たされています。
・・・その水の底に、細長~い物体が1・・・2・・・3・・・4体も沈んでいます!

b0076096_19582485.jpgその体へ、頭の部分から接近!
魚!? ややグロテスクながらも、神々しさとオーラを感じる、貫禄のある顔。
・・・が、その本体の巨大さ、長大さといったら・・・

b0076096_19584190.jpg人間2人分に匹敵!いや、それを超えるほどの長い、龍のような体を横たわらせる巨大動物!

b0076096_19585691.jpg
生物に関心のある方ならもうお分かりでしょう。
数年に一度、いや10年に一度現れるかどうか分らないとされる「まぼろしの珍魚」。
「日本の人魚伝説のモデル」「竜宮城から使者」とも語り継がれる、そう、リュウグウノツカイ(竜宮の使い)!

全国的にはきわめて稀で珍しい魚ですが、萩をふくむ山口県日本海側は約80年前からこの魚がしばしば出没する場所として知られ、この近海への出現は分かっているものだけで19回!

その19回のうち、地元に立つ唯一の総合博物館であるここ萩博物館(およびその前身となる館)には標本8点、写真4点、計12点が持ち込まれ、保管されてきました。一館としてのリュウグウノツカイの所蔵数はおそらく全国的にも最多レベルと思われます。
これらのうち、ホルマリン漬けとなっていた4体の標本の整理と再計測を兼ね、このたび報道公開したのです。

4体の標本は、右から
① 2010年1月29日 長門市大日比に接岸、全長約3.9m
② 2011年2月21日 阿武町宇田の定置網に入網、全長約3.7m
③ 2013年2月5日 長門市通の定置網に入網、全長約3.1m
④ 2014年3月7日 長門市白潟に漂着、全長約4.4m

そのうち、当館所蔵で最大なのが④(写真の左端)。
当館所蔵のあらゆるリュウグウノツカイ標本のうち最大であるだけでなく、萩博物館調べでは西日本各地で漂着または採捕、博物館・水族館・研究機関に持ち込まれ保存されていることが発表されているものの中でも最大級! 西日本最大級の巨大標本です。
b0076096_19591573.jpg
実はこの④の巨大個体は、当館に持ち込まれて以来、実物を見せてほしいとの要望が何度もありました。さらに、現在当館で開催中のビッグアニマル展の会場内で左のような実物大写真を掲示していたところ、来場者の方々から「実物を見たい!」「実物はどこにあるの!?」といった声がアンケートやガイドスタッフに寄せられていました。

それならば、この④の1体を、ビッグアニマル展の閉幕まぎわの短期間だけでも、また、も簡易的な展示方法ででも公開する意義があると判断し、限定公開に踏み切ることとなったのです。

実物大写真を撮ったころはご覧のように銀白に輝いていましたが、ホルマリン漬け標本となり、数年経つとどうしても色は抜けてしまいます。それでも模様は残り、リュウグウノツカイ独特の神々しさ、威風堂々とした風格はしっかり温存され、見る人を圧倒する強烈なオーラがメラメラとにじみ出ています。

b0076096_19593950.jpg
本来であればホルマリン漬け標本は分厚いアクリル板を重合した専用ケースを使って展示しますが、それをやるとなるとものすごくお金がかかります。限られた予算と時間と数々の制約の中で何とか展示を実現すべく当館職員が頭をひねってひねってひねって「棺」型の展示什器を考案。昨日の夜遅く、萩博物館の展示会場の一角にしつらえられました。
簡易的ながら、なかなか重厚でしょう?名づけて『竜宮の棺』(りゅうぐうのひつぎ)。「ご本尊」は明日の閉館後、夜中にここに入り、明後日9/17(土)からの皆様とのご対面の時を待ちます。

萩博物館特別展「衝撃!ビッグアニマル大接近」は9/25(日)まで休みなしで開催。
この展示「最後の目玉」たるリュウグウノツカイ巨大標本と共に、衝撃のひと時をお過ごしください。

[PR]
# by hagihaku | 2016-09-15 20:08 | 催し物のご案内