「吉田松陰の絶筆」を公開開始!
「至誠の人 松陰」展も、はや会期の半分が経過いたしました。

それにともなって、展示品の一部を入れ替えましたが、基本的な展示構成は、前期とまったく変わっておりません。


とはいえ、なんといっても後期展示においての目玉は、吉田松陰が江戸で処刑される直前、すなわち安政6年(1859)10月27日に書いた絶筆をおいてほかにございません。

※都合上、写真を掲載できません。所蔵先の山口県文書館の公式ホームページをご覧ください。

前期では絶筆の複製を展示しておりましたが、実物はやはり迫力が異なります。

もちろん、萩博物館でこの絶筆を展示させていただくのは初めてのことです。

松陰がどんな心境で刑場に臨んだのか、ぜひこの絶筆を多くの皆さんにご覧いただきたいと存じます。


ちなみに本日は、後期が開始となって最初のギャラリートーク(GT)となりました。

ご参加いただいた皆様には、この場を借りて改めて御礼申し上げます。

GTも残りあと2回となりましたが、ぜひ本展をご高覧賜りますようお願い申し上げます。

(道迫)

[PR]
by hagihaku | 2009-05-23 14:55 | 企画展示室より
<< 海でとれた「やっかいモノ」・・・ とっておきのホタルを楽しみませ... >>