梅雨の晴れ間
チリメンジャコは、萩を代表する水産加工品のひとつです。
b0076096_1713753.jpg

カタクチイワシの幼魚を釜茹でし、干したものがチリメンジャコです。
熱湯に通して上げたものはカマアゲと呼びます。
これはこれで上品な味です。

b0076096_17133473.jpg

カタクチイワシは2艘曳きの曳き網で漁獲します。
六島の内側(地側)、菊ケ浜・松本川の沖合いが漁場です。

b0076096_17172999.jpg

浜崎市場に水揚げされたものを、できる限り速やかに熱湯に通し、薄く広げて天日で干します。
b0076096_17202716.jpg

5月の末頃には、カエリチリメンと呼ばれる加工品になる、少し大きくなって成魚の形をしたものが漁獲されていました。
6月に入り、再び小さなものが漁獲されています。

b0076096_17251044.jpg

カエリチリメンは、歯ごたえもあり、味わいも深く(濃く?)なります。
右下のものは3㎝余、これより大きくなるとコバイリコ(小さいイリコ・煮干)になります。

b0076096_1745713.jpg

カタクチイワシ以外の魚や小さなイカなどは、箸で選り分けます。
b0076096_1748088.jpg

この生干しのイカも、なかなかイケます。
b0076096_1753742.jpg

日が沈むころから、沖合いにはイカ釣り船の灯りが広がります・・・多分。
(そういえば、今年はまだ蛍も漁火も見にいってない。イカンですな~)

今日、萩は少し乾いた風が吹いています。
梅雨入りはしましたが、雨はお休みです。
  (清水)
[PR]
by hagihaku | 2009-06-15 18:18 | くらしのやかたより
<< 「マンタの海流大冒険」展、ポス... 「マンタの海流大冒険」展 団体... >>