城下町のひみつ、その4
今年も、残すところわずかとなりました。
萩博物館のある堀内地区では、ロウバイの花が咲き始めています。
年中無休の萩博物館には、今日もたくさんの方々がご来館下さいました。

さて「城下町のひみつ」の続きです。
b0076096_16271315.jpg

キーワードの3つ目は「鉄道」です。
近代化のシンボルである鉄道が、萩三角州の外を迂回する形で敷設されたことにより、元からの「まち」が大きな改変を受けなかったことを紹介しています。
b0076096_16301868.jpg

萩まで鉄道が開通したのは、大正14年(1925)のことです。
萩出身の井上勝(鉄道の父)が、新橋~横浜間の鉄道開業に尽力して、半世紀以上後のことです。
これは、大正14年4月の開業直前に発行されたパンフレットです。
吉田初三郎により、萩三角州や阿武川上流の長門峡、及び周辺の名所旧跡が、大胆な鳥瞰図として表現されています。
b0076096_16374090.jpg

その絵の中に、鉄道が鮮やかな赤い線で表現されています。
b0076096_16393761.jpg

萩三角州の南西の外に位置する玉江駅です。
鉄道は、美祢線を延長する形で西から敷設されて来ました。
b0076096_16422432.jpg

三角州の南の外に位置する萩駅です。
大正14年4月3日開業で、当初は、萩の中心駅であり、当時の美祢線の終着・始発駅でした。
b0076096_16441359.jpg

三角州の東の外に位置する東萩駅です。
開業は、萩駅の7ヶ月後です。
鉄路は、阿武川を鉄橋でまたいで三角州の外側を迂回し、東萩駅の先で破線表現となっています。
b0076096_16493666.jpg

鉄道敷設前と、敷設の後の萩町の地図です。
敷設前の萩町の地図は、ほとんど城下町絵図の頃と変わるところがありません。
萩町は三角州の中だけで、三角州の外は、西南に山田村、南に椿村、東に椿郷東分村があります。
b0076096_16531398.jpg

三角州周辺の村々と萩町は、鉄道開業前の大正12年(1923)、合併して大きな萩町となります。
実は、その旧村単位に、玉江駅(山田村)、萩駅(椿村)、東萩駅(椿郷東分村)が設置されているのです。
ウン? 臭いますヨね~。
b0076096_1659112.jpg

そうなんです。
この町村合併と、鉄道の三角州外迂回とは、大いに関係があるようなのです。
つまり、合併の方策として、各村に駅が設けられたようなのです。
そのことは、当時の町議会、村議会の議事録などには出て来ません。
しかし新聞記事には、起工の前に、合併する村から、それぞれの村に駅を設けることが強く陳情・要望されたことが記されています。
b0076096_1774240.jpg

いま少し資料を捜す必要はありますが、かつて旧村地域で、鉄道駅設置が合併の条件であった云々という伝承を聞いたことがあります。
b0076096_17103959.jpg

萩市の政治家・実業家であった厚東常吉さんの伝記『雷鳴』です。
実はその中に、鉄道開業前後のことに触れたくだりがあります。
厚東さんは、萩三角州の中心に駅を設け、それによって一大開発を誘導することを企図していた人です。
伝記には、町村合併を進める協議の中で、各村に駅を設けることが議論されたことが記されています。
文面からは、三角州内への駅設置が叶わなかったことを、残念に、否、苦々しく思っていたことが伝わってきます。

確かに明かす資料が不十分かもしれませんが、鉄道開業前の町村合併により、三角州外に三駅が設けられ、そのことで鉄道が三角州外を迂回することになったようです。
これにより、結果として、三角州内の城下町は、大きな改変を免れました。

ということで、次回は、大きな「災い」を受けなかったことにより、元からの「まち」が守られたということをご紹介します。

萩博物館は年末年始も休まず開館しております。
お運びお待ちしております。    (清水)
[PR]
by hagihaku | 2009-12-29 17:41 | くらしのやかたより
<< 萩博物館は元旦9時より開館!! 城下町のひみつ、その3 >>