学芸サポート民具班の皆さんの活動、2010年3月4日
春がそこまで来ています。
しかし、今日(3月7日)は、また冬に戻ったような天候でした。
b0076096_1705551.jpg

3月4日、学芸サポート民具班の皆さんの定例活動日でした。
GWを目標に、旧久保田家の民具展示による演出が拡充される予定です。
b0076096_1731122.jpg

昨年8月に紹介しましたが、これまでは土間や台所板の間で、城下の大店のくらしをテーマに展示が行われていました。
5月以降は、これに追加して、広い広い土蔵での展示が新たに企画されています。
ということで、先ずは展示スペースの掃除です。
b0076096_178911.jpg

その旧久保田家からも博物館からも程近い、博物館駐車場傍のアンズです。
3月5日、陽気に誘われて一気に咲きました。
b0076096_17115184.jpg

個人的には、本格的な春が訪れる前に咲くこの花が(も?)好きです。
この花が咲くころの陽気が好きです。
体中の冬眠していた細胞が起き出すような気がします。
このアンズ、花の盛りが短く、ひとたび雨や風に遭うとあっけなく散ってしまうのが残念です。

アンズの花の1週間から10日後、市内南明寺のイトザクラが見ごろを迎えます。
それから1週間から10日後、今度はツバメがやって来ます。
春よ来い・・・ですが、その前に年度末のまとめをせねば・・・。  (清水)
[PR]
by hagihaku | 2010-03-07 17:34 | くらしのやかたより
<< 今日(3月8日)のアンズ 史料の活字化でおおいに悩む >>