受章おめでとうございます。
 萩市は、3月6日に1市2町4村が合併して5周年を迎えました。当日、萩市制施行5周年記念式典が開催され、萩博物館に事務局がある「史都萩を愛する会」が、地域貢献功労団体として表彰されました。
 「史都萩を愛する会」は、萩の景観や民俗、自然をも含めた歴史総体が貴重な遺産であることへの認識を深め、史都萩にかかわる総合的な調査・研究と情報の交換・発信を行い、もって文化遺産の愛護・保存に寄与することを目的として設立されました。
 事業としては、年4回の会報誌発行と例会の開催を主軸として、現地探訪・講演録の発行などを行い、地域の歴史文化遺産の発見と発信を行っています。
 「史都萩を愛する会」は、高度経済成長の発展によって史都萩の文化遺産の存続が危ぶまれ始めた時期にあたる昭和41年(1966)に創設され、多大な実績を挙げてきました。しかし、残念ながら世代交代などの事情が重なり、平成元年(1989)会報53号の発行を最後に休止状態になっていました。
その後、平成13年8月に市民の強い要望により再興し、現在では会員320名に至っており、今後の活動に大きな期待がかけられています。
 このたびの受章誠におめでとうございました。
[PR]
by hagihaku | 2010-03-08 17:28 | 事務局より
<< ミツバチの一家離散 今日(3月8日)のアンズ >>