春が行く! 夏が来る!
世の中でゴールデンウィークと呼ぶらしい連休が明けました。
お蔭様で萩博物館には、5日間で5000人!近い来館がありました。
スタッフは嬉しい悲鳴をあげておりました。
ご来萩、ご来館、感謝申し上げます。
b0076096_8505144.jpg

萩市倉江、イスノキの生垣に囲まれた夏みかん畑です。
b0076096_8522363.jpg

オレンジ色のコンテナの中に、黄金色の(甘)夏みかん。
桜の花の咲く前後から始まった摘果は、大体、夏みかんの花が咲き終わる頃まで続きます。
b0076096_8545984.jpg

摘果の終わった夏みかん畑です。
b0076096_8553092.jpg

夏みかんの花の蕾がふくらんでいました。
昨年は連休終盤にポツポツ開花していましたが、今年は、例年並の開花でしょうか。
萩は、初夏を迎えつつあります。
b0076096_8591427.jpg

倉江の下組青年宿の前で、お母さんが何やら干しておられたのでパチリ。
b0076096_943243.jpg

ワカメのネカブ(根株)でした。
岩に付いたワカメの根本の部分がネカブです。
早春に刈り始めたワカメですが、この時期になると、大きく(厚く硬く、茎も太く)育ちます。
このネカブを除く部分は、食用には適さなくなります。
b0076096_9105362.jpg

生の根株は熱湯をかけて刻み、三杯酢や醤油で食します。
干した根株は、天ぷらにしたり、旬のタケノコのいっしょに煮て煮しめにして食すのだそうです。

春が行こうとしています。   (清水)
[PR]
by hagihaku | 2010-05-06 09:16 | くらしのやかたより
<< 初夏萩景 第4のリュウグウノツカイはどこ... >>