「萩の近代化産業遺産」展がはじまりました!
さる18日(土)秋の企画展「萩の近代化産業遺産―世界遺産をめざして―」が開幕いたしました。

b0076096_12321014.jpg
昨年、萩反射炉ほかの物件がユネスコの世界遺産暫定リストに記載されたことを機に企画したこの展覧会では、とくに、19世紀のなかば、萩藩のサムライたちがいかなる問題に悩み、どう乗り越えようとしたかに注目した展示となっています。

b0076096_1232212.jpg


具体的には、海防の強化のため大砲と軍艦の近代化にとりくむ一方、ガラス・写真・パンなどさまざまな西洋の文物をとりいれようとした様子が浮かび上がります。

そして、彼らがじっさいに近代化に挑戦した証しとして、「近代化産業遺産」が現在に残されています。

この展覧会をとおして、彼らが試行錯誤つまりトライアル&エラーしながら、近代という激動の時代に立ち向かっていったさまに思いをはせていただければ幸いです。

[PR]
by hagihaku | 2010-09-20 12:32 | 企画展示室より
<< 番組放映のお知らせ~9/29 萩博物館の次回企画展のオープン... >>