クジラヒゲに描かれた捕鯨船、つづき
本日、1月30日(日)、萩はうっすらと雪が積もっています。
午前8時の気温は-1.5度、先ほどからまた雪が舞い始めました。
昨日までと違い、菊ヶ浜や西の浜に打ち寄せる波の音が聞こえません。
風は吹いているのですが、雪が音を吸収しているのでしょうか。
b0076096_8531392.jpg

「クジラのヒゲに描かれた捕鯨船」の、つづきです。
市内某神社に奉納された絵馬です。
以前、このブログにおいて報告したことがあります。
b0076096_8562288.jpg

煙突から煙をたなびかせ、白波を上げて航走する捕鯨船が描かれています。
b0076096_8575341.jpg

そして、その捕鯨船の煙突に注目すると ・・・ ここにも、一に三つ鱗が描かれています!
ということは、1907年(明治40)に創設された長門捕鯨株式会社の捕鯨船ということになります。
b0076096_91196.jpg

奉納年は不明ですが、市内鶴江の藤山某(判読不能)さんが奉納されたもののようです。
そして、よくよく見ると右肩に、何やら白い文字が ・・・・
b0076096_954613.jpg

「神功丸」と読めます、多分。

資料によると、長門捕鯨KKは、東洋漁業株式会社の傭船「神功丸」を購入して操業を開始しています。
購入日は、1907年(明治40)12月4日とされています。
ということで、この絵馬の奉納は、それ以降になります。

東洋漁業KKは、日本遠洋漁業KKを発展解消して新たに創設された捕鯨会社です。
ノールウェーの捕鯨会社の船をチャーターして業績を伸ばしていました。
ちなみに神功丸は、1906年にノールウェーで新造された捕鯨船です。

b0076096_953656.jpg

ここで再び、須佐歴史民俗資料館の資料です。
長門捕鯨KK捕鯨船とともに描かれているのは、どこの捕鯨船なのでしょうか。

実は、このクジラヒゲには、ほとんど判読ができませんでしたが文字が書き付けてありました。
25年前の資料台帳によると、「仙崎会社」、「第一神■丸」、「第一捕鯨丸」、「三ノ会社」といった文字が確認できたようです。

「第一神■丸」は、「仙崎」に創設された長門捕鯨KKの「神功丸」と考えられます。
そして「第一捕鯨丸」は、資料により、東洋捕鯨KKの捕鯨船名であることが分かりました。
東洋捕鯨KKは、東洋漁業KKが企業合同で発展拡大した捕鯨会社です(ヤヤコシくてすいません)。
b0076096_104557.jpg

そして長門捕鯨KKは、後に東洋捕鯨KKと合併します。
1916年(大正7)のことです。

須佐町歴史民俗資料館の資料は、その会社合併までの間に描かれたもので、両会社が同じ捕鯨漁場で操業していたことを示すものと考えられます。
「三ノ会社」の文字が疑問ですが、東洋捕鯨KKの社章に、三本の線が入っているということによる表現なのかもしれません。

以上、つい最近の発見でした。  (清水)
[PR]
by hagihaku | 2011-01-30 10:19 | くらしのやかたより
<< 番組放映のお知らせ~2/2 「なつかしい日本のふるさと・萩... >>