今日の萩博物館
2月も後半。この土日は割と暖かく、隣のお庭を借景。
b0076096_11301289.jpg

観光で萩にいらした方も館内にちらほら。
団体でご見学いただいております。
b0076096_11305765.jpg

現在開催中の企画展「なつかしい日本のふるさと・萩」では吉田初三郎の描いた昭和初期の鳥瞰図をいくつか展示しています。
取り上げられている地名は今も観光地となっている場所が多く、「ここにも行ったね。」というお客様の声も。
萩市民の方々にはなつかしい写真・映像が満載の企画展示ですが、他所からいらした方にはどう映るんだろう、と思っていました。
それぞれの琴線に触れるところがあるんですね。

さて、昨日19日から萩博物館エントランスホールではまちじゅう博物館推進課主管の『ヨルダン・ウィーク in 萩』というイベントの一環のパネル展示が行われています。
くわしくはこちら、まち博ブログで。
実際にヨルダンに派遣された九州大学旧西山研究室の方が現地のことなどを解説してくださいます。
b0076096_11313385.jpg
b0076096_1132413.jpg

最近話題の中東地域にある国の一つ、ヨルダン…。文字の書き方にしても知らないことばかり。
27日日曜日まで展示されています。
ぜひ、この機会にご覧ください。
(I)
[PR]
by hagihaku | 2011-02-20 11:39 | 事務局より
<< 随想 吉田稔麿(2) 随想 吉田稔麿 (1) >>