投稿者全員に1,000OFFクーポンをプレゼント中!
クジラにかかわり、近代を拓いた萩・北浦の人たち
萩博物館企画展「萩・北浦地域のクジラ文化」、展示紹介の続きです。

これまで、歴史を動かした(かもしれない)クジラや、私たちに連なる人たちを生かしてきたクジラについてご紹介してきました。
今回は、クジラにかかわり近代を拓いた人をご紹介します。

その人物は、岡十郎です。
明治3年(1870)、奈古村(阿武町)の西村家に生まれ、長じて福井下村(萩市、旧福栄村)の酒造家岡家を継ぎます。
県会議員を辞して、明治32年(1899)、三隅村(長門市)の山田桃作とともに、仙崎(長門市)を本拠に、汽船と捕鯨砲を導入した近代捕鯨会社を創設しました。

岡十郎が採用した捕鯨法は、ノールウェーにおいて開発されたことからノールウェー式捕鯨法と呼ばれます。
汽船でクジラを追跡し、綱の付いた銛(モリ)を捕鯨砲で打ち込み、綱を起重機で巻き上げて捕獲することを特徴とします。

岡十郎は大変に行動力のある人で、会社設立が決まるとただちにノールウェーに赴き、捕鯨用具を発注し、捕鯨法を実地研修しました。
明治32年(1899)の旅券が残されています。
国(長州の先人たち)の支援もあったようで、農商務省嘱託という立場で、オフィシャルな旅券が発行されています。
時の農商務大臣は曾禰荒助、旅券発行や操業地韓国との交渉する外務大臣は青木周蔵で、いずれも萩出身です。

岡の起こした近代捕鯨会社は、最初、韓海(朝鮮半島近海)における捕鯨操業で実績を上げます。
岡は若き日に慶応義塾で学びますが、学を修めて帰郷する際に、福沢諭吉より「郷里の長門国は韓国と一衣帯水の地にあり、これからは韓海の水産資源開発・水産業振興に努めることが大切である」との示唆を受けたとされます。
岡はそれを実行し、会社はやがて、日本最大の捕鯨会社に発展します。
以前からクジラ捕りにかかわり、また鱶延縄漁や潜水漁で韓海に出漁していた萩・北浦地域の人たちは、岡の起こした会社にかかわり、長く日本の近代捕鯨を牽引していったのです。

韓国蔚山の長生浦にある捕鯨博物館です。
館内には旧い採油機械などが展示されています。
蔚山広域市と萩市とは、1968年に姉妹都市提携を結んでいますが、岡の起こした会社が、最初に韓海操業の拠点にしたのが蔚山でした。

・・・ということで、続く。  (清水)  

■  [PR]
by hagihaku | 2011-05-21 16:40 | くらしのやかたより
<< クジラヒゲ絵馬とクジラ大和煮缶... 萩・自然ふしぎ発見ツアーを開催! >>