双龍で新年を迎えよう!
来年は辰(龍)年です。
恒例のエントランスの正月飾りは、龍のタペストリーを正面壁の左右に掲げました。
左側は萩藩お抱え絵師の雲谷等璠、右側は小畑焼の絵付師吉田道亭が描いたもので、二つとも当館所蔵の画幅です。
b0076096_16351889.jpg

左右どちらの龍が雄でしょうか? それとも雌でしょうか?
そんなことを考えながら眺めてみるのも一興です。
b0076096_16401248.jpg b0076096_16414723.jpg

年末年始、当館は休まず開館しています。
是非、ご来館ください。
[PR]
by hagihaku | 2011-12-28 17:03 | 事務局より
<< 輝く冬の星座 西日本初公開!76年ぶりのダッ... >>