ワークショップ終了
現在開催中の企画展『「志士」と「元勲」の書』を監修いただいた小倉窓筧先生に書の解説と実際にご指導いただいた今回のワークショップ「志士の書を書く」。
広報担当のPR不足であまり参加は多くありませんでしたが、充実した内容となりました。
b0076096_17342380.jpg
b0076096_17344882.jpg
専門的な書の解説を伺ったことがなかったことと、筆を持つのが久しぶり・・・で、博物館関係者は楽しむことができました。
b0076096_17383787.jpg
取材にこられた萩CATVの方も体験。
b0076096_1736635.jpg

6月3日(日)午後2時15分から、史都萩を愛する会という博物館が事務局をしている団体の総会後の例会が開催されるのですが、講師として再び小倉先生にご登壇いただきます。
そのときは実物ではなく、プロジェクターで書を投影しての解説となります。
展示を担当した一坂特別学芸員とは違った解説をうかがうことができますよ。(I)
[PR]
by hagihaku | 2012-05-19 17:39 | 事務局より
<< 風薫る季節 萩博物館発、勝手に夏みかんの花... >>