「怪魚ハンター」上陸、2日前!!
まずはこちらの写真をご覧ください。

b0076096_16412174.jpgその顔はまるでバンパイア(吸血鬼)。
現地では「水を飲みにきた水牛の舌をかみちぎる」とのうわさもあるという、アマゾン最大級のピラニアのなかま。
するどい歯でかみつかれたら・・・激痛と流血はまぬがれません。

アマゾンを泳ぐ「吸血鬼」!?
・・・その名はカショーロ!!

(写真提供:小塚拓矢氏)

b0076096_16413067.jpg恐竜か猛獣か!?
強烈な顔つきにだれもがひるむ、世界最大のピラニアのなかま。
猛スピードで獲物に接近し、ガッチリした歯で豪快に肉を食いちぎります。
一部の人々の間では「殺人魚」!?・・・とのうわさもあるとか。

アフリカ最強の「殺人魚」!? 
・・・その名はムベンガ(ゴライアス・タイガーフィッシュ)!!

(写真提供:地球丸)


どれも、一目見たら一生忘れられない、強烈なインパクトの「怪魚」たち。
怪獣や動物が好きな方や、探検や冒険が好きな方、恐いもの・強いものに憧れる方なら、見ているだけで、こみあげてくるゾクゾク感・ワクワク感にもう我慢ができなくなることでしょう。

これはほんの一部です。
ほかにもデンキウナギ、ピラルクー、ドラード、タライロンなど、この巨大な地球の秘境には数々の世界一流の「怪魚」たちが潜んでいます。

そんな怪魚たちに、世界をひとりで回って挑み、激闘の末に釣り上げ続ける勇者がいます。その勇者とは・・・
b0076096_16422960.jpg
人呼んで「怪魚ハンター」・・・小塚拓矢氏です!

(写真提供:地球丸)

みなさま、たいへん長らくお待たせしました!
その小塚拓矢氏が山口県に「初上陸」し、ここ萩博物館でナマの声と鮮烈な写真や剥製・標本を使って激闘記をつづる、あのとっておきのスペシャルイベントの日がついに2日後に迫ってまいりました!

以前より萩博物館HPやチラシでお知らせしてきました、好評開催中の特別展「最恐!危険生物アドベンチャー」における最大・最強の関連イベントです。

「怪魚ハンター」小塚拓矢の
世界"アブナイ"怪魚激闘記(トークショー)

■とき 7月29日(日)10:00~、14:00~(各回1時間程度)
■ところ 萩博物館 講座室
■参加のしかた 先着80名。各回の開演1時間前から講座室前で先着順に整理券を配布します。満員になり次第締め切りとなります(全席指定)。

b0076096_1642572.jpg
すでに多くの方々から問い合わせをいただいており、話題騒然となっております。
世界24ヵ国600日を釣り歩いてきた「怪魚ハンター」・小塚拓矢氏。この萩の地で、世界の怪魚たちとの壮絶な秘話をその目と耳でお確かめください。

正解者に本展オリジナル缶バッジがあたる、怪魚ハンターとのクイズ対決大会も予定しています。

この日曜日は、萩博物館で一生忘れられない衝撃の体験をその目と耳と肌に焼き付けてください!

(写真提供:地球丸)
当日は混雑が予想されます。参加ご希望の方は早めにご来館になり、玄関を入って右手の講座室に向かい、必ず事前に整理券をゲットしてください。
会場はイベント本番の15分前より開場します。入場の際は会場スタッフに整理券を提示し、指定席におつきください。

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2012-07-27 16:40 | 催し物のご案内
<< 明日7/29、「怪魚ハンター」... 危険生物~クマとの遭遇 >>