楫取素彦展、どんどん設営進む!
弊館では昨日にひきつづき、特別展「楫取素彦と幕末・明治の群像」の展示設営を行いました。

どんどん、みるみるうちに、資料が所狭しと展示室内を埋め尽くしていきます。

b0076096_17334470.jpgそのようすをもう少し写真でご紹介いたします。






b0076096_17341716.jpgたいへん地道な作業なのですが、このたくましい後ろ姿をご覧ください。






b0076096_17353042.jpgほんとうに見事としかいいようのない技術で、手際よく、とても丁寧に作業が進められています。






博物館には、大切な資料を将来に保存しつつ今日に活用するという使命があります。

これぞ基本中の基本というところを、展示という方法を用いてなんとかお伝えしたいと思っています。



ところで、今回は楫取素彦没後100年記念ということで、「100」という数字にこだわりました。

つまり、実物資料の展示数がちょうど100点になるというわけです。

ちなみに、実物資料のほかにも、参考資料として写真パネルでの展示物が15点ほど並びます。

ちょっと詰め込みすぎたかなとも思いますが、担当者の気合のあらわれと何卒ご海容ください。


展示作業は明日終了する予定で、明後日にはもうオープニングセレモニーです。

ほんとうにいよいよ、もうそこまで開幕の日が来ています。


再度、ご期待ください!


[PR]
by hagihaku | 2012-09-19 17:38 | 企画展示室より
<< 楫取素彦展、設営完了! 楫取素彦展、いよいよ設営開始! >>