楫取素彦展、一般公開始まる!
本日より、没後100年記念特別展「楫取素彦と幕末・明治の群像」の一般公開が始まりました。


本展覧会の会期は、9月22日(土)から10月21日(日)までの1ヵ月しかございません。

弊館での通常の展覧会はだいたい2ヵ月あるので、半分しかありません。

1ヵ月などあっという間に過ぎてしまうと思いますので、どうぞお見逃しきようお願い申し上げます。



本日14時から、初日恒例のギャラリートークを行いました。

いつもよりたくさんの方がお集まりくださいました。

本当にありがとうございます。心から御礼申し上げます。


相変わらず下手な説明で誠に心苦しく思っておりますうえに、1時間の予定のところだいぶ超過してしまうとは、非常に申し訳なく思っております。


しかし、第一章だけで30分もかかるとは…。

資料を一つひとつ丁寧に解説すると、どうしても時間が余計にかかってしまいます。


したがって、昨日も申し上げたように、3回予定しているギャラリートークでは、一章ずつポイントを変えて説明するという方法を選んで正解だったと思っています。


ギャラリートークのほかにも、10月3日(水)には弊館の講座室にて楫取素彦に関する講演会が予定されています。詳細は改めてご紹介したいと考えております。


萩博物館スタッフ、NPO萩まちじゅう博物館スタッフともども、多くの皆様のご来館を心よりお待ち申し上げます。

[PR]
by hagihaku | 2012-09-22 18:14 | 企画展示室より
<< 楫取素彦シンポジウムのおしらせ 楫取素彦展、ギャラリートークについて >>