萩学なんでもBOX出張中
現在開催中の萩博物館特別展 藤田伝三郎翁没後100年記念『藤田美術館の名宝~大茶人・藤田伝三郎の夢~』展では、大阪・藤田美術館から重要文化財5点を含む至宝54点をお借りしております。
また逆にこの秋、東京・品川歴史館や広島・福山市鞆の浦歴史民俗資料館などへ当館資料を貸し出しています。

そしてもう一つ、『萩学なんでもBOX』を広報をかねて東京・渋谷ヒカリエ8Fで開催中のd47MUSEUM「47 GOOD DESIGNー47都道府県のグッドデザイン賞」へ貸し出ししています。
萩学なんでもBOXについては常設展示室の展示品のひとつで、テーマごとに萩について詳しく知ることのできるようにパッケージ化されたもの。2005年にグッドデザイン賞を受賞した縁で今回の出品依頼となりました。
900×900㎜のテーブルの上に、県内他市町から送られてくるであろう展示物と一緒に並ぶのでいくつも送るのは無理、1箱でまとまった『萩の色』を展示していただくことにしました。
11月1日から翌年1月27日までの期間の展示。
実際にどんな感じで展示されているのか、若干不安に思ってました。

そんな中、d47MUSEUM事務局から展示風景が送られてきました。
b0076096_16265195.jpg
一見市販品の箱からいくつか展示物を出してあります。
b0076096_16243172.jpg

1日700~800人来場いただいているそう。
b0076096_1627384.jpg

もし、東京方面の方、東京へいらっしゃるご予定の方、ぜひ、足をお運びくださいますよう、お願いいたします。
萩博物館にも展示しています。こちらもどうぞお手にとってお楽しみください。(I)
[PR]
by hagihaku | 2012-11-20 16:34 | 事務局より
<< 12/23海の宝石タカラガイを... ムササビの飛行、見ることができました >>