コマーシャル100年 展で萩・再発見(2)
今年も残すところ4日。
ということは・・・萩博物館企画展「コマーシャル100年」展会期は残すところ101日!
b0076096_12572817.jpg

年々、月日が過ぎるのが早くなるような気がします。
b0076096_1343127.jpg

浜崎町の商家旧蔵の大阪商船株式会社ポスターです。
大阪商船の汽船が寄港する地の得意先に配られたものと考えられます。
なかなか美しく、人目を引きつけます。
以下、上より1912年、1914年、1916年のポスターです。
b0076096_1431334.jpg

b0076096_1432108.jpg

b0076096_14323784.jpg

デッキの手すりから身を乗り出し、ハンケチを振る女性の左手には指輪が光ります。
汽船が停泊する海を眺めることができる部屋には、ガラス戸が見えます。
縁に座る女性の傍らの凧や、汽船の煙突には、「大」の字をデザインした社章が描かれています。
b0076096_14583677.jpg

船客の女性の帯に注目すると、柄は「舟」で、帯締めに「浜千鳥」の飾りが施されています。
なかなかオシャレなポスターです。
汽船が近代化の象徴とされ、その汽船によって、人・物・情報が活発に行き来したことが想像されます。
b0076096_1513216.jpg

続いての展示資料は、この11月に処分される寸前に資料化できた写真です。
今回初公開の展示資料のひとつです。
港町浜崎の浜崎新町中ノ丁の通りを、南向きに撮影した鮮明な写真です。
僧侶、楽士、稚児が行列していますが、何の行事かは未だ分かっていません。
電柱をわずかに認めることができます。
配電が始まった明治44年(1911)前後、およそ100年前に撮影された写真と考えられます。
寺町の寺院の大屋根や、三角州を囲む山々が望見されます。
江戸時代の城下町の景観を知る上で貴重な資料であり、近代化を推し進めていた頃の萩の「まち」の様子を伝える資料でもあります。
そうです、先にご紹介した大阪商船のハイカラなポスターは、この写真が撮影された頃にもたらされたものなのです。

次回は、当時の活発な商いを想像させる展示資料についてご紹介しましょう。

萩博物館は、年末・年始休まず開館しております。
お運びお待ちしております。                ・・・ つづく ・・・ (清水)  
[PR]
by hagihaku | 2012-12-28 15:41 | くらしのやかたより
<< お正月は萩博物館へどうぞ コマーシャル100年 展で 萩... >>