博物館「コマーシャル100年 in 萩」展で萩再発見の7
1月が行こうとしています。
研究会発表準備と発表、資料調査、講座準備、依頼原稿執筆 etc. etc.
追われ追われて気がつけば、前回のブログ更新から半月が経っていました。
つづき、です。
b0076096_15274182.jpg

「西国の有力都市・萩」のコーナーでは、夏みかん栽培や水産業が、「まち」の近代化を支えたことをご紹介しました。
b0076096_15281635.jpg

次は、「山口県日本海地域の中核都市・萩」のコーナーです。
ここでは、江戸時代の城下町を起源とする「まち」である萩が、城下町としての伝統を維持しつつ発展してきたことをご紹介したいと思います。
b0076096_1549318.jpg

1953年(昭和28年)前後の新聞折込チラシです。
今回は、博物館で資料化して保管している350点余の折込チラシの中から、80点余を展示しました。
b0076096_15492417.jpg

地域の様々な商店が、折々に売り出しを行い、活発な商いが繰り広げられていたことが分かる資料です。
敗戦から8年、萩地域を含め、各地で盛んに復興が進められていた時期の生活が見えてきます。
b0076096_1614324.jpg

例えばこの折込チラシは、映画(洋画!)の上映を知らせるものです。
当時の娯楽といえば、真っ先に挙げられるのが映画です。
萩には、洋画を専門に上映する映画館(元は住吉座という劇場)など、4館から6館が営業していました。
誰もが注目する映画封切のお知らせに併せて、地域の商店が広告を行っています。
食堂部カフェーで生ビールですか ・・・ 洋品店という言葉の響きも良いですね。
b0076096_1615138.jpg

こちらも洋画です。
空前! 決定版! スリルと興奮の坩堝(るつぼ)! 雄渾(ゆうこん)スケール! 豪壮(ごうそう)スペクタクル! 現地ロケーション大敢行! 戦前戦後を通じての最大 ・・・ 絶賛さる!! 總天然色! !!!の大連発、しかも文部省推薦 ・・・ こりゃあ観に行かねばと思ってしまいます、しかもしかも上映はたったの3日間。
そのお知らせの隣で、蔵ざらえ広告。
大きなマークの中に「あらっ! とかならずびっくりなさいます」 ・・・ なかなかのセンスです。

とまあ、良く見ると感心したり微笑(苦笑)したりの楽しい折込チラシです。
熱意を感じる広告資料を、これからしばらくご紹介したいと思います。
どうぞお付き合いください。 

 ・・・ つづく ・・・   清水
[PR]
by hagihaku | 2013-01-27 16:59 | くらしのやかたより
<< 本日午後6時10分からTV中継!! 星の会特別編『冬の「寿星」・カ... >>