萩博物館「コマーシャル100年 in 萩」展で萩再発見の20 萩の「煙突を見ない近代化」
3月28日(木)、春の雨の後、萩地域は穏やかな晴天となっています。
春休みに入ったからでしょうか、昨日も、たくさんの来館者をお迎えしました。
気がつけば、三日前、お蔭様で本年度の来館者数が12万人を超えていました。
ありがとうございます。

さて、萩博物館「コマーシャル100年 in 萩」展で萩再発見の20です。
b0076096_15404990.jpg

明治・大正期に、出荷される夏みかんの籠に貼り付けられたラベルです。
「長州本場 萩夏蜜柑」の文字が入っています。
出荷組合で協議し、萩ブランドを強調して売出すために貼り付けたものです。
b0076096_15412667.jpg

夏みかんは、萩においては江戸時代から、家々で絞って酢を得るために植えられていました。
ところが江戸時代の終わり頃に、初夏なると酸味が抜けて甘みが増し、果物として食べられることが分かりました。
そこに注目し、萩では、全国で初めて、果物としての経済栽培に取り組みました。
1876年(明治9年)のことです。
今から100年程前、その生産額が町の年間予算の8倍に上ったことは、本ブログでご紹介しました。
b0076096_15415754.jpg

夏みかんは、もともとあった資源に磨きをかけて、ブランド商品化に成功した先駆け的な例といえます。
萩では、自ら持つ資源を活かし、「煙突を見ない近代化」を推し進めてきました。
b0076096_1548165.jpg
b0076096_15481586.jpg

展示資料(情報)の一つ、萩市佐々並地域で、集落ごとにまとめられている「おたからマップ」の一枚です。
集落の人たちが、自ら集落を巡り、どのようなモノ・コトがあるのかを確かめ、大切にしたい自分達にとっての「おたから」を手描き地図にまとめられたものです。
裏面には、「おたから」それぞれについての情報もまとめられています。

見ていてとても楽しく、これを手に佐々並の市集落を訪ねたくなるような、そんなマップです。
そして、大事な大事な萩地域の未来が見えてくるようなマップでもあります。

Please dig the very place where you stand on, then you will find the best spring.
学生の頃、贈られた言葉です。
足元を見つめ、立っているまさにその場を掘り下げることで、私たちは素晴らしい泉を見つけることができる!

ないものねだりではなく、あるものに磨きをかけて活かしてきた萩だからこそ、今一度、市民こぞって、佐々並地域の皆さんのような活動に取り組んでみたらと思うのですが ・・・様々な再発見があり、きっと楽しいと思うのですが ・・・ いかがでしょうか? 

 ・・・ つづく ・・・    (清水)    
[PR]
by hagihaku | 2013-03-28 11:27 | くらしのやかたより
<< 萩博物館「コマーシャル100年... 萩博物館「コマーシャル100年... >>