萩博物館「コマーシャル100年 in 萩」展で萩再発見の21(最終回) 博物館企画展「コマーシャル100年 in 萩」展は、4月7日(日)までです。
4月1日(月)、早朝は霜注意報が出ていましたが、その分よい天気になりました。
今日より新年度です。
萩博物館企画展「コマーシャル100年 in 萩」展も、残すところ1週間となりました。

前回、萩市佐々並地域の皆さんが、地域の「再発見」とアピール(広告)のためにまとめられた「おたからマップ」の一枚をご紹介しました。
他の集落のマップもご紹介しましょう。

山の恵み、古木、ホタルの舞う川、夜空の星、野仏、地域の小祭り、旧街道、石橋 etc. etc.
楽しいマップには、地域の皆さんが大切にしたいと思われているものが、たくさん描き込まれています。
b0076096_17553475.jpg

b0076096_1805143.jpg

b0076096_17562570.jpg

b0076096_17565362.jpg

b0076096_17572468.jpg

b0076096_17575963.jpg

b0076096_17582586.jpg

b0076096_17585287.jpg

「煙突を見ない近代化」を進めてきた地域ですが、現在、市域を屋根の無い広い博物館に見立てた「萩まちじゅう博物館」構想が推し進められています。
「まちじゅう」に存在する豊かな歴史的資源や自然を、市民自らが再発見し、現地で保存しながら磨きをかけつつ活用し、次世代に継承するという構想です。

佐々並地域の「おたからマップ」づくりは、地域の皆さんの「地域再発見」の成果です。

市民による「萩・再発見」は、「まちじゅう博物館」を実現する上での原動力になります。
「まちじゅう博物館」のスタッフである萩市に住まいする人たちが、引き続き「萩らしさ」を再生産していく上で大きなヒントになるのではないかとの思いで、この佐々並地域「おたからマップ」を、企画展最後のコーナーで展示しています。

4月6日(土)の14:00から、ギャラリートークを開催します。
よろしければお運び下さい。  

(清水)
[PR]
by hagihaku | 2013-04-01 09:12 | くらしのやかたより
<< 企画展「幕末明治の洋行者たち」... 萩博物館「コマーシャル100年... >>