今年度の企画展準備を進めています
4月18日(木)、大変に静かな企画展展示替え期間中の萩博物館です。

企画展「コマーシャル100年 in 萩」展は、4月7日をもって終了いたしました。
たくさんのご来場、ご観覧まことにありがとうございました。

おかげさまで会期中13,500名(昨年比100.4%)のご来場がありました。
また、昨年度の萩博物館企画・特別展年間入場者数は、過去2番目121,129名にのぼりました。
厚く御礼を申し上げます。

今年度最初の企画展 「幕末明治の洋行者たち ~藩都萩に眠る古写真から Ⅱ ~」は、明後日4月20日(土)開幕です。
道迫真吾主任研究員が担当します。
どうぞご期待ください。

そして、前回担当のわたくしですが・・・ 今年度も最後の企画展の担当となり、準備を進めております。
b0076096_1194956.jpg

1962年9月に萩市櫃島において撮影された写真です。
櫃島の全島民10世帯79名の皆さんが、カメラを見つめています。
背後には良く耕された広い畑が広がり、遠くに防風林の松林が見えます。
皆さんの笑顔が印象的です。

朝日ジャーナルの1962年10月21日号に、埴谷雄高さんによる櫃島のルポルタージュが掲載されていますが、その取材の折に撮影されたものです。
撮影は飯田耕三さんとあります。
どなたか情報をお持ちではありませんでしょうか?

2012年9月の統計資料によると、櫃島の世帯数は4世帯、人口は6人となっています。
実際には、島民の皆さんは本土に転居され、農作業などの用事がある時に渡島されている状況です。

今年度の担当企画展のタイトルは、「ふるさとの島、ふるさとの山河」です。
「ふるさと」にについて思いをいたす展示を構想しています。
形にするには少々難しいテーマであり、準備の時間も少ないのですが、市民の皆さんと一緒に鋭意取り組んでみようと思っています。    (清水)
[PR]
by hagihaku | 2013-04-18 13:08 | くらしのやかたより
<< 「幕末明治の洋行者たち」展ギャ... 企画展「幕末明治の洋行者たち」... >>