少し大げさですが・・・萩博物館の国際貢献!
今年も残すところ2か月、早いものです。
b0076096_18125932.jpg

ご無沙汰をいたしております。
学芸員某です。
先月、半月間ほど派遣されていたヨルダン国のことを報告いたします。
b0076096_182613100.jpg

ヨルダン国のサルトという旧いまちでは、萩市の「まちじゅう博物館」をモデルとした「まちづくり」が進められています。
その取り組みへの技術協力ということで行ってきました。
b0076096_18161025.jpg

第一回サルトフェスティバルの開催をお知らせするポスターです。
萩市浜崎の「おたから博物館」にならったものです。
10月4日、5日の二日間開催されました。
b0076096_1833296.jpg

開会式が行われた広場です。
b0076096_18382688.jpg

b0076096_18385463.jpg

開会式の賑わいです。
b0076096_18393228.jpg

「まちづくり」の一環としての、ヨルダン国一都市のフェスティバルですが、開会式に観光遺跡省の大臣や駐ヨ国日本大使が出席するという注目の事業となりました。
b0076096_18455075.jpg

「浜崎おたから博物館」のように「まち」や一部の「家々」が開放され、それらを訪ねながら楽しく「まち」の魅力を体感する試みも始まりました。
b0076096_1848303.jpg

b0076096_1848518.jpg

「まち」の人たち自らが再発見した魅力を、来訪者へ伝え、共有の財産にします。
b0076096_18513734.jpg

ホームビジットも楽しい体験でした。
b0076096_1853341.jpg

そこに住んでいる人にとっては当たり前でも、来訪者にとっては大変な魅力になるモノ・コトがあります。
b0076096_18571750.jpg

公開されたファミリーの集会所のような場所です。
地域の歴史文化に触れることができました。
b0076096_18591828.jpg

b0076096_1921044.jpg

伝統料理もいただきました。
地域資源についての再発見が進むフェスティバルとなりました。
今後に向けて課題も散見されましたが、「まちづくり」が一歩前進しました。

「萩まちじゅう博物館」における「萩博物館」のように、中核施設の整備も進んでいます。
技術協力=
萩博物館のささやかな国際貢献について、時々、このブログでご紹介できればと思っています。

ちなみに、フェスティバルの賑わいについては、どうぞ以下もご覧ください。
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.371733766291851.1073741833.325088207623074&type=1
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.372114242920470.1073741835.325088207623074&type=3&uploaded=1

(学芸員 某 )
[PR]
by hagihaku | 2013-11-01 19:19 | くらしのやかたより
<< 祝!萩博物館開館9周年 萩博物館「いきもの発見ギャラリ... >>