12/15萩博物館タカラガイイベント、残席わずか!
萩博物館ではこれまでさまざまな貝の展示やイベントを開催してきましたが、ダントツ人気なのがなんといってもタカラガイ(宝貝)。

古代人がお金として使い、現在でも世界の貝コレクターを魅了し続ける、表面がピカピカした「自然の芸術品」ともいうべき巻貝のなかまです。

萩博物館では、北西からの季節風が吹いて海岸にタカラガイなどの貝殻が打ち上げられやすくなる冬に、このタカラガイを萩付近の海岸でさがす完全予約制のイベントを開催しています。

ここ数年、萩ではタカラガイがやや不漁ですが、なんとかここなら採集できそうという場所を見つけ、そこへご案内しています。
すでに当館HPや萩市報で告知していますが、今冬の開催は12/15(日)
http://www.city.hagi.lg.jp/hagihaku/hagihaku_kouza/takaragai20131215.htm

規定どおり1ヵ月前の11/15から告知と共に予約受付を開始していたところ、次々と予約が入り、すでに空きは残りあと5名ほどに。

定員いっぱいになり次第 締切となりますので、参加ご希望の方、あるいはこの萩博ブログを見て参加したくなった方、お早めに萩博物館0838-25-6447までご連絡を!

(堀)

b0076096_16262285.jpg
[PR]
by hagihaku | 2013-11-27 16:46 | 催し物のご案内
<< 二宮尊徳(二宮金次郎)の背負い梯子 萩・お宝活用プロジェクト、萩市... >>