萩博物館「ふるさとの島、ふるさとの山河」展、島を離れる
b0076096_956493.jpg

1971年11月24日、全島民離島前日の羽島の写真です。
日めくりが「ふるさと」での残り少ない時間を示しています。
荷造りを終えた引っ越しの荷物は、テーラーで港に運び出します。
家々の神棚の神霊は神社に返奉、先祖の墓は早くに改葬が終わっています。
葉タバコの取り入れを終えた畑には何も作付されていませんが、家の周囲の菜園には、ネギが育っています。
b0076096_9564812.jpg

b0076096_1025438.jpg

b0076096_1034965.jpg

b0076096_104023.jpg
b0076096_1041719.jpg
b0076096_1043663.jpg
b0076096_1054210.jpg
b0076096_1053521.jpg
b0076096_1061820.jpg

羽島の島民の皆さんは、どのような思いで島を離れる決心をされたのでしょうか。
自身、「ふるさと」を離れて暮らしていますので、様々な思いが込み上げてきます。

・・・ つづく ・・・   (清水)
[PR]
by hagihaku | 2014-03-25 15:21 | くらしのやかたより
<< 「夕立をいただく」、勤勉で懸命... 博物館実習 26年度実習生 募... >>