テーマ展示「宮本常一、島へのまなざし」同時開催中!
萩博物館エントランスにおいて、テーマ展示「宮本常一、島へのまなざし」展を開催しています。
b0076096_167287.jpg

2013年、離島振興法制定60年を記念して、民俗学者宮本常一さん撮影の写真資料などを保管する周防大島文化交流センターにおいて、企画・制作されたものをお借りして展示しています。
b0076096_1671894.jpg

今回の萩博物館企画展でも紹介している宮本常一さんは、離島振興に尽くし、1953年(昭和28年)の離島振興法制定に深くかかわりました。
また、全国離島振興協議会の初代事務局長や幹事長を歴任し、離島のインフラ整備や人材育成に意を払いました。
b0076096_16124067.jpg

宮本さんは、生涯にわたり全国の離島を巡り、人々の営みを写真に記録しました。
その数は10万枚近くに及びます。
b0076096_16151380.jpg

今回のテーマ展示では、その内1955年から10年間の記録写真180点をパネル15枚にまとめ、ご紹介しています。
b0076096_16164612.jpg

島の港や道路、なりわいや暮らしなどに向けられたまなざしを認めることができます。

企画展「ふるさとの島、ふるさとの山河」と同時開催のテーマ展示です。
会期は残すところ一週間、どうぞお見逃しなく。

・・・ つづく ・・・   (清水)
[PR]
by hagihaku | 2014-03-31 16:24 | くらしのやかたより
<< ふるさとの記憶 「 ・・・ 経済効果をあげる... >>