ふるさとの記憶
b0076096_1738568.jpg

今回の企画展「ふるさとの島、ふるさとの山河」展の準備や開催を通して、「ふるさとの記憶」を呼び起こし、それを記録することの大切さを再認識しました。
b0076096_17503559.jpg

ダム建設により離村された集落の皆さんが、記憶を持ち寄ってまとめられた集落地図です。
b0076096_1752583.jpg

集落ごとに、道路や家屋の配置、カドナや世帯主の名前が書きこまれています。
「ふるさと」を振り返る資料として、お借りしてパネルに加工し展示しました。
市民参加の展示です。
b0076096_17595458.jpg
b0076096_181389.jpg

b0076096_18325773.jpg

「記憶を記録にする」という活動のきっかけは、水没地域の古写真でした。
2010年の阿武川ダム湖遊覧船就航前、水没地域の皆さんがご招待された試乗会がありました。
その折に、学芸サポート「古写真」グループの皆さんが、「ふるさと」の写真を見て思い出を語り合っていただきたいと、可能であれば写真についての情報を寄せていただきたいと、水没地域の古写真展示を開催して下さいました。
b0076096_18413182.jpg
b0076096_18412752.jpg

水没地域の皆さんは、もともと同郷会は開かれていたそうですが、試乗会と「ふるさと」写真展示により、あらためて地域の古写真を見る機会をもたれました。
そしてそこで、互いの記憶を持ち寄り、それを見える形にして残そうと考えられるようになりました。
それが、学芸サポート「古写真」グループの皆さんと協働でまとめられた「記憶を記録」した集落地図です。
b0076096_1854534.jpg

地域の博物館には、地域の記録の集積や記憶の記録化、地域の皆さんが結び集うお手伝いをするといった大切な役割があるということを、あらためて感じました。
なかなか実現は難しいのですが・・・努力したいと思います。

萩博物館企画展「るさとの島、ふるさとの山河」、残すところ6日です。
「ふるさと」を振り返り、「ふるさと」の未来を考える機会としていただければ幸いです。
勤勉で懸命な、心豊かな「ふるさと」の暮らしが見えてきます。

4月5日(土)の14:00から、ギャラリートークを開催します。
よろしければお運びください。

・・・ つづく ・・・   (清水)
[PR]
by hagihaku | 2014-03-31 19:17 | くらしのやかたより
<< 萩博物館企画展「ふるさとの島、... テーマ展示「宮本常一、島へのま... >>