特別展「山田顕義と近代日本」、好評開催中
さくらの季節から、目に青葉・・・の5月になってしまいました・・・
萩博物館の最新情報をお届けする本ブログへの投稿が滞っております・・・
萩博ファンのみなさま、申し訳ございません。

表題の特別展「山田顕義と近代日本」、去る4月18日に無事オープニングセレモニーを開催いたしました。
b0076096_1001016.jpg
b0076096_1041729.jpg


この特別展は山田顕義が創立した日本大学広報部大学史編纂課の特別協力を得て開催の運びとなりました。
同大学校友会山口県支部の皆様もセレモニーにご臨席を賜りました。

翌日にはギャラリートークを実施、多数の参加がありました。
b0076096_10187.jpg

日本大学新聞の学生記者さんによる取材も。
b0076096_1013647.jpg
彼は地元萩高校の出身です。

昨日届けられた日大新聞第2面に掲載。
写真の構図は・・・、文面は担当の言葉を拾って、よくまとまってるね・・・というS副館長、D学芸員。

展示の内容はストーリーがあって、当時の世相・時代背景がよくわかる、と個人的には思います。
来年の大河ドラマは吉田松陰の妹「文」さんが主人公ですが、文の生きた時代と重なる今回の展示。
松下村塾で学んだ顕義、文さんとはどんな会話をかわしたのでしょうか。(I)
[PR]
by hagihaku | 2014-05-01 10:12 | 事務局より
<< 萩博物館の片隅で・・・ 萩博物館企画展「ふるさとの島、... >>