中東ヨルダン国より、その3
5月21日(多分水曜日)、ヨルダン国は今年一番の暑さで、車載の室外温度計は35度を示していました。
ただ、乾燥しているため、木陰や室内では涼しく感じられます。
中東を体感しています。
b0076096_3113269.jpg

その室内での協議や会議に、連続して参加しました。
b0076096_3134472.jpg

頭の中を英語が駆け回っています。
b0076096_3142898.jpg

土地柄半分はアラビア語で、夜になっても頭がしびれています。
b0076096_3215041.jpg

活動拠点の博物館前に、伝統的なパンを焼く店があります。
b0076096_3231339.jpg

色々な種類のパンがありますが、ここのパンは薄く広いものです。
b0076096_3395531.jpg

小餅のような生地をのばし焼きますが、生地から一枚を焼き上げるまで20秒程度です。
b0076096_3404350.jpg

サルト市の郊外です。
丘陵地を走りますが、丘を越えて新しいものに出会うという体験を楽しんでいます。
b0076096_3443074.jpg

丘に広がる麦畑、オリーブ畑です。
b0076096_3471379.jpg

丘の上に集落が展開します。
モスクの手前は小麦の畑です。
b0076096_3491792.jpg

さて、何の畑でしょうか?
b0076096_3502372.jpg

実はこれ、葉タバコです。
年に2回?!収穫するそうです。
日本の丈のある葉タバコとは随分と趣が異なります。
b0076096_3511830.jpg

技術協力プロジェクトについてはなかなか大変な面もありますが、これまで経験したことのないモノ・コトに触れることができるというのは、ありがたく幸いなことです。
糧にしたいと思います。  (学芸員某)
[PR]
by hagihaku | 2014-05-22 04:10 | くらしのやかたより
<< 特別展「昆虫最強列伝」、ただい... 中東ヨルダン国より、の2 >>