ボクサーカマキリにあっと驚く!@萩博物館
萩博物館の特別展「最強昆虫列伝」(2014.7.5~9.7)がはじまって約2週間が経ちました。
来場者数は5000人を突破しようとしています。大勢のみなさまのご来場ありがとうございます。

さて、この展示では会場出口にアンケート用紙を置き、みなさまからの率直なご意見やご感想をお聞きし、スタッフが1枚残らず拝読させていただいております。

そのアンケートの中で、来場の目的をお尋ねする欄があるのですが、
特定の展示物を見たいがために来場したという方が何人もおられます。

中でも、この展示物(昆虫標本)を見るために来場した!という方が。
b0076096_1525879.jpg
山口県初公開
ボクサーカマキリです。

ふつうのカマキリとは大きく違います。名前のとおり、そしてご覧のとおり、前脚がボクサーがグローブをつけているかのように膨らんでいます(ただし厚みはなく扁平です)。
敵におそわれそうになると、このグローブをつけているような前脚をシャキッと構え、まさしくボクサーのように威嚇ポーズをとります。

展示しているのは標本ですが、先日も当・萩博ブログでご紹介した当館の椋木専門員にもるミラクルテクニックにより、標本がまるで生きているかのようなフィギュアのように生まれ変わって展示されています。

このボクサーカマキリの展示を見た人々のほとんどが
「え!?ボクサーカマキリってこんなに●●●●●!?」と驚かれます。
どんな驚きがあるのか・・・それはあなたも展示会場で直接お確かめください。

椋木専門員によるとカマキリのなかまは、なかなか負けん気の強い昆虫のようです。
椋木専門員が昆虫調査のため山道を車で走っていると、道路の真ん中にカマキリが平気でたたずんでいることがあるそうです。
ふつうの昆虫なら怪物のような車に気づき、そそくさと去っていくのですが・・・

カマキリは逃げも隠れもせず、・・・なんと!車にさえ向かってシャキッと威嚇ポーズをとるとのこと。

カマキリたちからほとばしる威力と自然界を生き抜く「強さ」の本髄を、「最強昆虫列伝」展でじっくり見てやってください。

それにしても、先日からカマキラーとかボクサーカマキリとか、カマキリの話ばっかりになってますね・・・。他意はございません。

[PR]
by hagihaku | 2014-07-19 15:38 | 展示のご案内
<< ラッピング完了、「昆虫トレイン... 本日の1枚 ~「最強昆虫列伝」... >>