寒波の中、萩博物館企画展「城下町萩のひみつ」展開催中、のつづき
2016年1月26日、寒さは少し和らぎました。
以下、リクエストにより、(あまり企画展とは関係ないのですが・・)寒波の日の萩博物館と周辺の画像をご紹介します。
b0076096_17132561.jpg

博物館(毛利隠岐)敷地北側のの通用門を出て、「後町」の通りを西へ。
b0076096_17142924.jpg

風を背に南を向いて、問田益田家(益田伊豆)の屋敷地東面の長い長い土塀です。
b0076096_17153469.jpg

「浜町」の通りを歩くべく、歩みを北へ。
しかし風が冷たく強いため、南を向いて(ホントに冷たかった)。
b0076096_17201247.jpg

本日、閉門!
b0076096_17303657.jpg

「浜町」の通りの西方、萩城二の丸・本丸方です。
b0076096_1732374.jpg

「浜町」の通りの東方です。
波の騒ぐ音、菊ガ浜の松を渡ってゆく風の音の中、歩みを東へ。
(ホントは、寒くて風に向かって歩くことができなかったのです・・・)
b0076096_17501231.jpg

大木屋前から東方、周布家長屋門です。
b0076096_17574923.jpg

繁沢家長屋門(繁沢石見)前から東方、益田家物見櫓(益田弾正)方です。
b0076096_17583491.jpg

吹き募る風と雪の中の益田家物見櫓(益田弾正)です。
b0076096_180417.jpg

外堀沿いの土塁の際まで行って引き返しました。
吹雪を楽しんでいる近所の小学生に出会いました。
「浜町」の通りが雪でかすんでいます。
b0076096_1834496.jpg

益田家物見櫓の前から西方、繁沢家長屋門方です。
この通りは日頃でも趣があるのですが、雪の日もなかなか良い! と、思われませんか。
b0076096_18202857.jpg

明けて1月25日、少しだけ寒波は和らぎましたが、依然として寒さは続き、ツララが成長?していました。
b0076096_1844162.jpg

ツララを記録するM専門員です(それを記録した学芸員某です)。
b0076096_18262121.jpg

博物館の建物は、かつての大規模な武家屋敷にならってデザインされているため、雨どいが設けられていません。
ということで、見事なツララの出現となりました。
b0076096_18411210.jpg

中庭で見ることができたツララの最長のものは、軒瓦から125cmありました。
b0076096_18372479.jpg

滴が凍っていました。
鍾乳洞の石筍を思い出しました。

以上、長くなり申し訳ありません、寒波の中の博物館周辺と博物館でした。     (清水)
[PR]
by hagihaku | 2016-01-26 18:44 | くらしのやかたより
<< 城下町萩のひみつの4 ~ 夏み... 寒波の中、「城下町萩のひみつ」... >>