約50~80年前の魚のミイラ!?・・・乾燥標本(2016.12.30)

b0076096_1212374.jpg萩博物館の新「いきもの発見ギャラリー」の次なる見どころは・・・写真をご覧ください。ぎょぎょっ!?魚類のミイラ!?・・・乾燥標本です。

生きている時の魚は人の力では決して再現できないぐらい透明感がありカラフルで美麗。しかし、いざ博物館や研究機関の標本として保存しようとすると、昆虫や貝殻とは比にならないほど難しいテクニックを要します。ホルマリンやアルコールに漬けて「液浸標本」にするか、中身を取り出して別のものを詰めて整形し「剥製」にするのが一般的ですが、「乾燥標本」にするという手もありました。

b0076096_1214234.jpg今から約80年前、「萩の博物学の父」田中市郎が私立「田中博物館」で収蔵展示した後、萩市に寄贈し、歴代の萩の科学館や博物館へ、そして萩博物館へ引き継がれてきた標本の中に、約50~80年前に萩近海で採集され製作されたと思われる乾燥標本がいくつもありました。

ミイラのように完全に干からびてシワシワになり、見た目がショッキングでもあるため、あまり「展示物」に向いているとはいえません。そのためか、当館の開館以来はもちろん、前身の萩市郷土博物館でもおそらく展示公開されたことはありません。

が、その魚がこの町の沖の海に存在したことを何としても未来に伝えようと懸命に格闘した先人たちの努力を示す歴史的資料として、このたびより新「いきもの発見ギャラリー」にて当館初公開!

b0076096_122720.jpg先日お知らせしましたように、当ギャラリーは順路もストーリーもありません。標本ひとつひとつから、皆様には直接メッセージを受け取っていただきます。

今から50~80年前の萩の海を泳いでいた魚たち・・・皆様にいったい何を語りかけてくるのでしょう?

[PR]
by hagihaku | 2016-12-30 12:03 | いきもの研究室より
<< お正月は、萩博物館「いきもの発... 萩博物館の「龍蛇様」・・・セグ... >>