お正月は、萩博物館「いきもの発見ギャラリー」で宝貝さがしを!(2016.12.31)

平成28年(2016)、萩博物館にご来館くださった何万人もの皆様、ご足労は叶わなくともネットやマスメディアを通じて当館の情報に接してくださった皆様、どうもありがとうございました。

萩博物館はこの後、17時に本年の開館時間を終了いたします。
・・・が、当館は年中無休! 明日、平成29年(2017)1月1日朝9時より開館します!

正月休み期間中も9時~17時まで(入館手続きは16:30まで)開館しておりますので、初詣の帰りや、帰省中のお出かけ等に、ぜひ萩博物館にご来館ください。

b0076096_9433345.jpg正月三が日(1/1~1/3)にご来館の方に朗報!
先日からご紹介している新「いきもの発見ギャラリー」内にて、萩近海の貝殻から好きなものを探して少し持ち帰っていただける「ザ・シェリング・バー」。このバーを管理するNPO自然おたから班からの「お年玉」として、通常は決して入ることのない萩近海産の宝貝(タカラガイ)が日に100個限定で登場!
午前に50個、午後に50個入れられるとのことです。なお、人気品のため、お1人様につき持って帰っていただける個数はごくごく少数に制限させていただきますので、表示やスタッフの案内をご確認ください。また、ご提供するのは浜辺に打ち上がった貝殻であるため、表面のツヤが落ちていたり擦れている場合がありますがご了承ください。

タカラガイは、当館でかつて開催したあらゆる貝殻採集イベントにてダントツの人気第1位! 大昔、お金として使われたり、所持していると「子宝」に恵まれるご利益があるとされた、まさに海の「お宝」。

1/1~1/3限定! 新しくはじまる平成29年(2017)の運だめしに、温かい館内で海の「お宝」探しをお楽しみください。

[PR]
by hagihaku | 2017-01-02 09:45 | いきもの研究室より
<< 大好評の松陰先生カレンダー 約50~80年前の魚のミイラ!... >>