萩藩主毛利斉元と歌川国芳らが共同制作の浮世絵 世界中でみつかる

 人気浮世絵師歌川国芳や渓斎英泉の絵に萩藩主毛利斉元が狂歌をつけた浮世絵が今、世界中で見つかっています。
 

b0076096_20104158.jpg






























 萩藩主の浮世絵がボストン美術館やスコットランド国立博物館に収蔵されているそうです。びっくりです。
 あまり知られていない毛利斉元の浮世絵について、慶應義塾大学の津田眞弓教授に今回記事を書いていただき、会報誌『新史都萩』63号に掲載させていただきました。

 

 会報誌では残念ながら白黒でしか掲載できませんでした。
 あまり残念なので作ったのが、この画像です。

b0076096_20035559.jpg


 

















本当は、こんな色つき紙面にしたかった・・・。

色と模様が本当に綺麗なのです。

下記は津田先生のサイトです。
 
「殿様が作った美しい浮世絵 江戸廼花也(長州藩主毛利斉元)の狂歌遊び」
 http://user.keio.ac.jp/~sakura/hananari/
 
斉元のたくさんの浮世絵が掲載されています。
是非こちらのサイトのデータベースにアクセスして、本物の色を堪能してください。
これからどんどんアップされていくそうで、とても楽しみです。


[PR]
by hagihaku | 2017-05-12 20:15
<< 平成29年度 萩博物館 駐車場情報 夏みかんの花の香りが漂う萩博物... >>