「鬼の目にも涙とやら…」by井上勝―「長州ファイブ展」より⑧―
b0076096_17125392.jpgいまや「鉄道の父」というコピーがすっかり定着した感のある井上勝。文久3年(1863)の英国密航の時点では、養子に入っていたため野村弥吉と称していました。一説には、実父の井上与四郎(勝行)が、もし密航がばれたら養子先に累がおよんで申し訳が立たない、と野村家に相談して井上家に復籍させ、帰国後に井上勝と名乗ったとされています。

それと井上、いや野村弥吉が、相当のノンベエだったことも皆さんけっこうご存知ですよね。これもまた一説によれば、ロンドン滞在中も飲んではだれかれかまわず食ってかかったことで、付いたあだ名が「ノムラン(呑乱)」だったそうな(笑)。

ともかく、これらの説の出典は、上田廣著『鉄道事始め―井上勝伝―』(井上勝伝復刻委員会、1993年)なのですが、いかんせん原典があいまいですので、あくまでそうだったのかも…、というぐらいの気持ちで読んだほうがよさそうですよ(写真の出典は『子爵井上勝君小傳』井上子爵銅像建設同志會、1915年)。

b0076096_17201444.jpgさて前置きが長くなりましたが、井上が気性の激しい性格だったというのは本当のようで、実は現在「長州ファイブ展」で展示している彼の書簡からも、そのことがはっきりと読みとれます。

これは明治32年(1899)9月10日、井上が東京から萩の杉民治(もと梅太郎、吉田松陰の兄)に送ったものです。冒頭では、久しぶりに萩に帰省したにもかかわらず、杉らに面会することなく東京に帰ったためひどく怒られたようで、たいへんなご無礼をしたと詫びをつづっています。

そのあとを読むと、萩滞在中に東光寺にお参りして「承泣(しょうきゅう)暫時(ざんじ)なりしは自然の情なるか、鬼の目にも涙とやら」というくだりが出てきます。つまり、藩主毛利家の墓所等々を前に、感極まってしばらく号泣したというのです。自分を指して「鬼の目にも涙」というなど、喜怒哀楽の激しかった一面がよく伝わってきます。

明治と改元されてすでに32年の歳月が流れ、往事を振り返って感涙にむせぶ井上の姿をほうふつとさせる実に生々しいこの書簡。井上のこの時の心中を察するに、日本の鉄道界発展のために全身全霊を捧げてきたわが身の来し方にも、深い感慨を覚えていたのかもしれませんね。

(道迫)
[PR]
by hagihaku | 2006-08-05 17:17 | 企画展示室より
<< ファンキーフィッシュ「ホシギンポ」 小泉首相が来館! >>