「長州ファイブ展」閉幕&撤収作業
b0076096_1812557.jpg7月1日に開幕した「長州ファイブ展」は昨日で無事終了。多くの方にご来館いただき、担当者の道迫からこの場をお借りして御礼申し上げます。まことにありがとうございました。

さて今日の仕事。企画展示室では次回の「室町文化の精華―大本山相国寺と金閣・銀閣の名宝―」展に向け、迅速に撤収作業を行いました。また展示し終わったモノも収蔵庫の所定位置に収納。毎度ながら、これで展示はもう終わりかと思うと、じつにあっけないものです。

そして今日は企画展示室のみならず、萩再発見ギャラリーの展示がえも同時並行。さらにはエントランスホールや長屋門でも作業が行われました。しかし、これだけの作業だと学芸班スタッフだけではとうてい無理な話です。

ここでおおきな力を貸していただいたのが、われらがNPO萩まちじゅう博物館の皆さんです。暑いなかの重労働、たいへんおつかれさまでした。とともに、いつもながらありがとうございました。

ちなみにつぎなる展覧会には樋口副館長がご登場!道迫はバトンタッチしてしばし充電期間(次々々回の展覧会準備)のほうに入らせていただきます。

(道迫)
[PR]
by hagihaku | 2006-09-04 18:16 | 企画展示室より
<< 癒しの一枚 ~海の夕景~ 菊ヶ浜の、海の底の「おたから」 >>