海が・・・赤いっ!!
数日前の3/25(日)のこと。NPOのKさんより「海が赤いんだけど、なぜ?」と連絡が。現場は菊ヶ浜とのこと。
b0076096_1162661.jpg
私は、「まさか○○では?」と思い、勤務後、早速菊ヶ浜へ。
レジャーでお子さんと遊びに来ていたKさんと合流しましたが・・・、

← 少し薄暗くなった夕方の菊ヶ浜では、海が赤いのだか青いのだかなかなか分からず。
b0076096_1164521.jpgしかし、明るいうちにケータイのカメラで撮ったという写真を見せてもらうと・・・

← たしかに、手前の部分の
海が(波が)、
  ・・・赤いっ!


もう分かった方も多いでしょう、「赤潮(あかしお)」です。
「赤潮」は、小さな浮遊生物・・・プランクトンがたくさん発生して海の色が赤くなる現象。
原因となるプランクトンは約40種類もあると言われていますが、そのうち一部の種類が「赤潮」を起こすと、プランクトンの毒や酸素不足で魚や貝が死ぬこともあるため、養殖場などの水産関係者は警戒しています。

海が汚れて富栄養化すると「赤潮」が発生するとよく言われますが、・・・実は「赤潮」は日本では奈良時代から確認されていた自然現象で、必ずしも海が汚れたから発生するとは限りません
なので、「海がもうダメになった~っ!」などと早合点しないでくださいね。

b0076096_11125052.jpg
← さて、菊ヶ浜にて、Kさんとお子様たちと少し東へ歩いていくと、「赤潮」の水たまりが見つかりました。
「赤潮」が浜に寄せられ、波打ち際から離れたところに取り残されたようです。

この「赤潮だまり」からは、異様なにおいが・・・
b0076096_11132674.jpgこういう状況にでくわすと、たいていのオトナは触ってみようなどと思うどころか、「きもちわるぅ~っ」と言って立ち去りますよね。

← しかし、Kさんの娘さんのY-chan、好奇心旺盛な小学2年生ということもあって、落葉を使って「赤潮だまり」の液体に触れてみました。・・・これが、今日のサプライズのはじまりだったのです!
b0076096_11142740.jpg落葉を「赤潮だまり」にそっと浸けて、再び落葉を持ち上げたとき。触れた部分の液体が・・・
水色に光った!

← 妹のA-chanも、棒で液体に触れ、線を描いてみました。やはり、棒の跡が蛍光色の水色に光り・・・そして、スッと消えました。
b0076096_11152552.jpg
← 「おーっ、これはすごいなー、A-chan、もう一回やって!」と、撮影を試みる私(右)。

・・・でも、なかなかデジカメに写らず、何度も撮り直し。
(なので、このブログに掲載した写真はKさんのケータイのカメラの画像)
b0076096_1115553.jpg
← お兄さんのK-kunが、板で「赤潮だまり」を勢いよく掃いてみました。
すると、こんどは彗星のような見事な美しい水色の輝き。

どうやら、この「赤潮」の正体のプランクトンは、「ヤコウチュウ(夜光虫)」のなかまのようです。
夜光虫は、海の表面近くにすむ直径0.5~2mmの丸いプランクトンで、夜に光るためこの名があります。夜に船で海上を走ると船べりの波が青白く光ることがありますが、これはたいていは海面の夜光虫が刺激を受けて発光したもの。
b0076096_11162314.jpg
← 「おっ、これはおもしろいなー」と、子どもたちにまじって、我を忘れて「赤潮だまり」をかき混ぜる私。

浜に打ち上げられても発光するということは、この夜光虫たちはまだ生きているのですね。
b0076096_11332288.jpg
こうして「夜光虫遊び」をしているうちに、あっという間に1時間もたってしまいました。

← ふと我にかえり、「いやー、楽しかったねー」・・・と雑談するKさん一家と、私。
b0076096_11333888.jpg
気がつくと、もう19時。とっくに日は落ち、菊ヶ浜は静かに夜をむかえようとしていました。


「あっ、赤潮だ。」・・・この小さな発見を放っておかず、もう一歩前にふみだして「触ってみよう」「試してみよう」と働きかければ、海は私たちにいろんなことを教えてくれるのです。
城下町のすぐ目前のこの浜辺には、サプライズのネタがまだまだいっぱい隠されています。
それをひもとくのは・・・次はあなたの番です。

(堀)
[PR]
by hagihaku | 2007-03-27 11:42 | いきもの研究室より
<< 「魅せます!萩の海」展・第4週... 萩東中の生徒諸君ありがとう! >>