旅する民俗学者・宮本常一のまなざし
萩博物館では、本年の12月22日から、
「美しい日本のまち・萩 ~ 旅する民俗学者・宮本常一のまなざし ~ 」
という企画展を開催します。

b0076096_20401241.jpg
宮本常一さんは、山口県の周防大島出身の民俗学者です。

1940年ころから、生活文化の記録のために全国各地を歩き巡りました。
1981年に亡くなるまでに、探訪のために歩いた距離は、地球4周分に及ぶとされます。
そしてその間、目に触れる日常の暮らしを、実に10万コマに及ぶ写真に切り取っています。




宮本常一さんは、1960年(昭和35年)から、
旧萩市内や萩沖の見島、六島、後に阿武川ダムの湖底に沈んだ旧川上村や福栄村に足跡を残しています。

宮本常一さん撮影の膨大な「写真群」は、
故郷である周防大島の周防大島文化交流センターに寄贈され保管されています。

昨年度より、その「写真群」を確認する機会を得たのですが、
萩・阿武地域の写真は、フィルム数で30本余、コマ数で2000コマ近くに及びました。


ここからが本日のブログの本題です。


b0076096_2013317.jpg実は、宮本さんが「ハッとして」撮り、「オヤッと思って」撮った萩・阿武地域の写真群を、文化交流センターのご厚意で借用することができました。

そして昨日より、NPOまちじゅう博物館の会員の方々と、
それら写真群の撮影場所や撮影内容の特定に取り組み始めました。







b0076096_20264263.jpg
宮本さんのまなざしの向こうにあったのは何なのか!
これから、写真群を読み解くことになります。

写真を手に、宮本さんの足跡をたどるようなワークショップも実施してみたいと考えています。
多くの皆さんのご参加をお待ちしております。


(清水)
[PR]
by hagihaku | 2007-04-18 20:50 | くらしのやかたより
<< 「魅せます!萩の海」展 第6週... 「サメハダホウズキイカ」-その... >>