狂い咲き~秋のサクラ~
b0076096_1832364.jpg

この写真は、本日10月4日撮影の萩博物館ヨコ素水園の「しだれざくら(ヤエバニシダレ)」です。
なんとこの季節にサクラが咲きました!









b0076096_1851319.jpg

これは、よく「狂い咲き」と言われますが、この時期に葉がまったくなくなった枝に良くあることです。
今年の夏は猛暑の連続により、植えられて年が浅いこれらの木は、根から水分が十分に供給されないためにやむ終えなく葉を落としたのです。(毛虫に食害されたためになくなった場合もありますが・・・)

つまり、何かの理由で葉がすべてなくなってしまったのです。

そうすると植物は葉っぱがないために、いくら天気がよくても栄養成長(光合成)することができません。
そのためにサクラは一生懸命に「葉」を出して栄養成長をしようとします。
・・・しかし、順番として花が咲かなければ葉は出ません。

ちょうど春の開花時と気候が似ているこのごろ、本来だと来年咲くはずの花芽が刺激を受けて花を付けるのです。(来年の花芽は夏までには完成しています)
花の咲いた枝を良く見ると、みずみずしい緑の葉を出した枝にだけ可愛く花が咲いています。

つまり「狂い咲く」なんてとんでもない!のです。サクラの木が一生懸命に太陽から栄養を吸収しようとする生命活動の一環なのです。


b0076096_1894573.jpg

しだれざくらなので、花は少ないですが、この季節にお花見を楽しんではいかがでしょう?
[PR]
by hagihaku | 2007-10-04 18:12 | 事務局より
<< 常設展示の研修会 「吉田松陰先生絵伝」クイズ(其の参) >>