2016年 12月 28日 ( 1 )
「ザ・シェリング・バー」も萩博物館の新「いきもの発見ギャラリー」に健在!(2016.12.28)

b0076096_1055974.jpgつい先日の12/16に新装開展した萩博物館の新「いきもの発見ギャラリー」。

このギャラリーの見どころのひとつは、何といっても「ザ・シェリング・バー」。シェリングとは、「貝を集める」「貝を楽しむ」といった意味の英語。まるでバーのように気軽に立ち寄って萩付近の貝を手にとって眺め、気に入ったものを持ち帰っていただけるという、約10年前に当館内に誕生した、当時おそらく「全国初」の体験型展示。wikipediaの萩博物館のページにも記されています!

b0076096_1062467.jpgかつて萩博物館&NPOイベント班の連携で萩付近の海岸の貝の採集調査の余品を来館者におすそわけすることからはじまり、現在はNPO自然おたから班のみなさんが息長く懸命かつ丁寧な貝殻の採集と補充を続けています。

b0076096_10104765.jpg 「常連」の子どもたちが休日に訪れて貝殻採集に熱中したり、県外からの観光客が予想外にハマってしまい2時間もここに滞在したことも。非常に人気があるため、現在では持って帰っていただける貝殻の個数を数個に限定させていただいています。

b0076096_101139.jpg10年目を迎えるこの人気の体験型展示はしっかり新「いきもの発見ギャラリー」内の一角に引き継がれ、冬休みそして年末年始のみなさまをお待ちしています。なお、あくまでも萩近海の環境調査のための貝殻採集のデータ収集後の余品なので、日によって貝の種類や量が変動しますのでご了承ください。

b0076096_1011153.jpgちなみに左の写真は、平成19年3月に「ザ・シェリング・バー」が初登場した際の広報資料の写真。バーテンダーに扮した現・副館長(左)が客に扮する広報担当職員(右)と掛け合いで、まさしく「バー」のようなやりとりを実演中。

萩博物館は年末年始も開館!冬休みの親子のみなさん、お子様連れで山口県や近県にご帰省の方、ぜひお立ち寄りください。

[PR]
by hagihaku | 2016-12-28 10:12 | いきもの研究室より