2017年 07月 12日 ( 1 )
【 リュウグウノツカイがとれました! 】

b0076096_18432664.jpg


この夏一番のイベント『萩・海と大地のトレインツアー(8月4日開催 受付は7月21日まで)』のお問合せでごった返す萩博物館に一本の電話がありました。

電話は長門の水産研究センターから。
7月11日、長門市通(かよい)の村田さんの鰯網に、なんとリュウグウノツカイがかかったというのです。

早速堀主任研究員が引き取りにいきました。
普通は一生に一回見ることができるかできないかといわれている超貴重な「リュウグウノツカイ」
サンプルが少なすぎて絶滅危惧種かどうかすらわかっていないという謎生物ですが、
萩博物館にいると、もう10回ぐらい見てるような気がします。

というわけでまた一匹、萩博物館に新たな「リュウグウノツカイ」がやってきました。
獲れたてで、とっても鮮やかで素敵な色です。

b0076096_18442535.jpg

長さ 2,080mm
体高(幅)130mm
重さ1,865g

b0076096_18434090.jpg
b0076096_18462551.png

口が伸び縮みするのがよくわかります。ビローン。

b0076096_18435454.jpg
b0076096_18440498.jpg
中にはシラスが9匹食べられていました。
(網にもまれた際に入り込んだのかも知れません)

近い将来に「深海生物展」を企画しているらしいので、そこで展示したいと検討中とのことです。



[PR]
by hagihaku | 2017-07-12 18:49