2017年 07月 28日 ( 1 )
今日は萩市防災の日、そして須佐弁天祭りの二日目
2013年7月28日、萩市東部地域は豪雨に見舞われました。
萩市須佐においては、時間降雨量138㎜、12:20までの3時間降雨量300㎜超、記録的な大雨でした。
須佐・田万川・むつみ地域では、死者2人、行方不明者1人、負傷者5人、また被害家屋は1100棟を超えるなどの甚大な被害が発生しました。
文字にすればこのようになるのかと思いますが、それはそれは大変な被害でした。
復旧の道のりも険しいもので、先の九州の豪雨災害には,、当時のことが思い出され胸が痛みます。

2017年7月28日(金)、今日も暑い萩市です。
その中、須佐では弁天祭り(厳島神社祭礼)の二日目を迎えています。
以下は、昨年の弁天祭り初日の御神幸船渡御の様子です。
b0076096_1238126.jpg

b0076096_12382042.jpg
b0076096_12383579.jpg
b0076096_12385414.jpg

先導の船、一の字、二の字、鳥居船、神子船(花船)、そして神輿を載せた神船と船を連ね、神霊を対岸の中島に送ります。
二日目(今日、7月28日)は、この神霊をお迎えに向かい、湾を三周して帰ってきます。
b0076096_1241111.jpg

二日目の夕方、一足早く島に渡られた宮司さんです。
神霊とともに神船にお迎えします。
b0076096_12453887.jpg
b0076096_1246697.jpg

神船の船上では、神霊渡御を囃すお船謡が謡われ、神子船では神子舞が奉納されます。
b0076096_12492558.jpg
b0076096_125012.jpg

湾を三周した後に、4丁櫓の漕ぎ船に曳かれて港に帰ります。
b0076096_12523448.jpg

港には、20時開始の花火を楽しみに集まった人、人、人・・・
(ご存知とは思いますが、須佐の花火は、音がスゴイ!!
周囲にこだまする体を包むような音で、大・迫・力! おすすめです!!
このブログをご覧になったあなた、あと7時間あります、須佐へ!
もちろん、船渡御もとても美しく厳かですよ)

花火が終了した後に神霊を収めた神輿は還宮、おさめの神事が行われて二日間にわたる弁天祭りは終わりとなります。    (清水)
[PR]
by hagihaku | 2017-07-28 13:12 | くらしのやかたより