カテゴリ:企画展示室より( 110 )
楫取素彦展、ギャラリートークについて
弊館では本日午前中、学芸スタッフが総出で企画展示室内の最終点検を行いました。

照明の微調整をしたり、展示ケースの汚れをふきとったり、ご観覧の皆様によりよい環境でご覧いただくためです。


そしていよいよ、本日午後3時から没後100年記念特別展「楫取素彦と幕末・明治の群像」の開会式を行います。


さらに明日は、一般公開初日恒例のギャラリートークを行います。


ギャラリートークは、9月22日(土)、10月6日(土)、10月20日(土)の3回行う予定です。


特別展の展示構成はつぎのようになっています。


プロローグ 素彦をめぐる人びと
第一章 素彦と松下村塾
第二章 素彦と維新動乱
第三章 素彦と群馬県政
エピローグ 素彦の晩年と書


このように、展示は5つのコーナーに分けてあります。


そこで3回のギャラリートークでは、9月22日は第一章を中心に、10月6日は第二章を中心に、10月20日は第三章を中心にと、それぞれ比重を変えながらご説明しようと考えています。

もちろん、3回とも展示室を一周しながらご説明しますが、全部の資料を一個一個説明していたら時間がいくらあっても足りません。

よって、3回のギャラリートークを利用して、それぞれのコーナーの特徴、つまり楫取素彦の生涯の画期となる部分を強調してお話しようと思っています。




なので、ここまで読んでいただいた方、わたしが何を申し上げたいかすぐにおわかりですよね。



そうです!



3回ギャラリートークに来ないと、展示の骨の髄まではわからないということなのです。



楫取はなにせ数えで84歳まで生きた人ですから、それはそれはいろいろ紆余曲折、大変な生涯だったわけです。


そこで皆さん、ぜひ萩博の年間パスポートをお求めになって、3回足をお運びくださいませ。


どうかよろしくお願い申し上げます。




図録も買ってくださいね!

[PR]
by hagihaku | 2012-09-21 12:46 | 企画展示室より
楫取素彦展、設営完了!
おとといからライフでお届けしてきた特別展「楫取素彦と幕末・明治の群像」の展示作業がすべて終了しました!


さらに展示のようすを画像でご紹介します。


b0076096_18401324.jpg丁寧に、てきぱきと仕事をこなす美術品取扱い作業員のおかげで、大事な大事な資料がどんどん姿を表します。






b0076096_18404523.jpgそしていよいよ、本特別展の主役、楫取素彦の肖像画がとりつけられました。






b0076096_18405511.jpgプロローグのコーナーでは素彦の義兄吉田松陰、義弟久坂玄瑞の手紙を展示。松陰の手紙は本邦初公開です。






b0076096_18412048.jpg最後は学芸職員にも総出で手助けをしてもらい、ライトが効率よく、きれいにとりつけられていきました。









こうして超てんこもり、みどころたくさんの展示ができあがりました。

少々気が早いですが、頑張ってよかったと満足しています。

もちろん、ここまでくるには、たくさんの人々から多大のご協力、ご指導をいただきました。

ほんとうにありがとうございました。


明日は午後3時から、オープニングセレモニーが開催されます。

9月22日(土)には一般公開を開始。その日の午後2時からはギャラリートークをいたします。



これを書くのは三度目ですが、とにかくご期待ください!!!

[PR]
by hagihaku | 2012-09-20 18:42 | 企画展示室より
楫取素彦展、どんどん設営進む!
弊館では昨日にひきつづき、特別展「楫取素彦と幕末・明治の群像」の展示設営を行いました。

どんどん、みるみるうちに、資料が所狭しと展示室内を埋め尽くしていきます。

b0076096_17334470.jpgそのようすをもう少し写真でご紹介いたします。






b0076096_17341716.jpgたいへん地道な作業なのですが、このたくましい後ろ姿をご覧ください。






b0076096_17353042.jpgほんとうに見事としかいいようのない技術で、手際よく、とても丁寧に作業が進められています。






博物館には、大切な資料を将来に保存しつつ今日に活用するという使命があります。

これぞ基本中の基本というところを、展示という方法を用いてなんとかお伝えしたいと思っています。



ところで、今回は楫取素彦没後100年記念ということで、「100」という数字にこだわりました。

つまり、実物資料の展示数がちょうど100点になるというわけです。

ちなみに、実物資料のほかにも、参考資料として写真パネルでの展示物が15点ほど並びます。

ちょっと詰め込みすぎたかなとも思いますが、担当者の気合のあらわれと何卒ご海容ください。


展示作業は明日終了する予定で、明後日にはもうオープニングセレモニーです。

ほんとうにいよいよ、もうそこまで開幕の日が来ています。


再度、ご期待ください!


[PR]
by hagihaku | 2012-09-19 17:38 | 企画展示室より
楫取素彦展、いよいよ設営開始!
萩ファンの皆様、とくに幕末維新ファンの皆様、大変お待たせいたしております。


弊館ではつぎなる特別展の設営がいよいよ始まりました。

b0076096_1873924.jpg展示はまだ3分の1程度しかできあがっていませんが、その一端をうかがえる様子をちょっとだけご覧いただきましょう。







ところで、今回の展示では、楫取素彦という全国的にはほとんど知られていない人物をとりあげます。

したがって、どのようにしたらこの人物を皆様にわかりやすく紹介できるのか、ずいぶん悩みましたが、とにかくやっとここまでたどりつくことができました。


b0076096_188741.jpg展示のコンセプトは「群像」という部分にこめております。







「群像」すなわち多様な人物群のなかで楫取はどのようなポジションにいたのでしょうか?

また、楫取はいつ、どのような場面で、どのような人と出会い、どのような影響を与えあったのでしょうか?

今回の展示では、そういった観点から楫取素彦の生涯をできるだけわかりやすく紹介することにつとめました。


図録もすでにできあがっており、あとは無事に展示を終えるだけです。


没後100年記念特別展「楫取素彦と幕末・明治の群像」は今週土曜日から。


どうぞご期待ください!

[PR]
by hagihaku | 2012-09-18 17:57 | 企画展示室より
西日本初公開!76年ぶりのダットサン14型
現在、開催中の特別展「日本の近代を拓いた萩の産業人脈」で、76年前に製造されたダットサン14型を展示しています。
b0076096_15423115.jpg


ダットサン14型は、旧萩藩士の出身鮎川義介(あゆかわよしすけ)が創業した日産自動車株式会社が、会社が設立された昭和10年(1935)に最初に製造したものです。ダットサンの前でポケットに手を入れている人物が、鮎川義介です。

b0076096_1529361.jpg

ちょうど、この年に萩市で市制施行3周年を記念して「萩史蹟産業大博覧会」が開催されました。この博覧会には、鮎川義介が創立した日本産業が日産館を建設し、日産自動車や日立製作所・日本水産など、日産コンツェルン傘下の各社が出展しました。
b0076096_15364095.jpg


日産自動車は、出来たてほやほやのダットサン14型ロードスターを出展しました。今回、特別展で出展しているものも、同じ型のダットサン14型ロードスターです。実に、76年ぶりに萩市に再登場しました。
b0076096_15401699.jpg


b0076096_15441859.jpg

大正3年(1914)ダットサン生みの親橋本増次郎(はしもとますじろう)が、協力者の田健治郎(でんけんじろう)・青山禄郎(あおやまろくろう)・竹内明太郎(たけうちめいたろう)のイニシャルを組み合わせ「DAT自動車」と命名しました。そして昭和6年(1931)に至り、「DAT」の息子という意味の「DATSON」が完成しました。橋本増次郎の志は鮎川義介に引き継がれ、「DATSON」の「SON」は「損」につながるということで、太陽の「SUN」に変更されダットサンになりました。ダットサン14型ロードスターには、「ダット」を文字って「脱兎(だっと)」のマスコットが置かれています。
b0076096_15453467.jpg


特別展は、4月10日(火)まで開催しています(無休)。西日本初公開のダットサン14型ロードスターを是非ご覧ください。
[PR]
by hagihaku | 2011-12-27 15:53 | 企画展示室より
「幕末明治の人物と風景」展の楽しみ方⑧
相変わらずのばたばたのため、しばらく更新ができずに申し訳ございませんでした。


今回は、古写真資料のわりと細かい点に迫ってみたいと思います。


まず、これらの写真にご注目ください。

b0076096_942567.jpg


萩出身の方であれば、すぐにこの写真がどこだかおわかりですよね。
はい、そうです、橋本橋です。
橋本橋を南側から、三角州方面に向けて撮影したものです。
中央の一番高い建物は、かつての萩警察署です。

b0076096_942492.jpg


こちらはちょっと難易度が高いかもしれませんが、もちろん萩の風景です。
江戸時代に萩藩主の別邸「南園御殿」があったところで、明治時代には「八丁御殿」と呼ばれました。
橋本川を挟んで南側から、三角州のほうを向いて撮影されています。
ちなみに現在、このあたりの一帯は萩自動車学校の敷地となっています。

なおこれらは名刺判の小さな写真ですので、展示ケースに陳列された状態だととても見にくいと思います。

b0076096_9431264.jpg


そこで、展示室の壁にご注目ください。

かなり大きく引き伸ばした状態で、橋本橋の古写真をご覧いただくことができます。


それで、これらの写真のどこに注目していただきたいかというと、左下隅に文字が見える部分です。

b0076096_9513075.jpg


拡大すると、こんなふうになります。

この文字は「山口県長門国萩小橋筋写真師村田青雲堂」と読むことができます。

つまりこうしたラベルが貼ってある写真は、萩の写真館の草分け、村田青雲堂の撮影だということがわかるのです。

しかも面白いことに、鶏卵紙という印画紙の上に、また鶏卵紙で作ったと思われるラベルを貼るという芸当を用いています。


今回、「人物と風景」とタイトルにうたっておきながら、「人物」の古写真にかなり比重がかたよってしまいました。

したがって量的には「風景」の古写真は少ないのですが、橋本橋や八丁御殿など、珍しい萩の風景をじっくりご観察いただく方が多いようです。


それここれも質のよい古写真資料に恵まれたからこそと、展示企画者としてたいへん感謝しているしだいです。


[PR]
by hagihaku | 2011-10-19 10:00 | 企画展示室より
「幕末明治の人物と風景」展の楽しみ方⑦
ここまで一気に、今回の企画展「幕末明治の人物と風景」に関することで皆様へお伝えしたいことを縷々申し上げましたが、最後にこちら。


今回、わたくし道迫が精魂こめておつくりした、展示解説図録でございます。

b0076096_11404191.jpg


800円です。

ぜひ、萩博ミュージアムショップでお買い求めください!

通信販売も可能、おといあわせはショップ担当まで!!


目次はつぎのとおりです。

ごあいさつ ……………………………………………………………3
古写真にみる萩の人物と風景  道迫真吾 …………………5
第1部 人物編 ………………………………………………………7
(1)萩藩主毛利家の人びと ………………………………………8
(2)高杉晋作とゆかりの人びと ………………………………18
(3)維新動乱と萩藩士・草莽たち ……………………………25
(4)吉田松陰を生んだ杉家の人びと …………………………35
(5)明治国家の建設と長州の群像 ……………………………52
(6)幕末・明治日本の指導者たち………………………………74
第2部 風景編  ……………………………………………………81
用語解説 ……………………………………………………………96
参考文献一覧 ………………………………………………………97
収録写真リスト ……………………………………………………98


この図録には、企画展に出品した全142点の古写真資料、4点の参考資料の図版を収録しています。

またすべての古写真についてサイズと技法(材質)を示し、詳細な解説をつけています。

それのみならず、古写真とくに集合写真の背景を探ったコラムを9本も掲載しています。


展示場にあるほぼすべての情報を網羅・凝縮したこの一冊さえあれば、つぎのようなときに役立ちます。

たとえば、展示会場でじっくりと古写真を見ることができない!、あるいは、コラムまでいちいち読んでいる時間がない!!、………などなど。

そんな皆様には、ぜひこの図録をお求めいただき、ご自宅、また電車・飛行機などで、ごゆっくりとお楽しみいただけたら幸いです。



以上で、とりあえず今日は、もうなにも申し上げることはない状態となりましたが、また何か思いついたら、この「幕末明治の人物と風景」展の楽しみ方の続きを書きたいと思います。

最後までお読みいただいた皆様、ありがとうございました。

[PR]
by hagihaku | 2011-09-21 12:03 | 企画展示室より
「幕末明治の人物と風景」展の楽しみ方⑥
あともう1点、古写真の実物を見るさいにご注目いただきたいところがございました。


それは、写真を貼り付けた台紙の裏面です。


展示ケースにおいては、実物については表面すなわち写真の面しかご覧いただけませんが、裏面については複写版をそばに展示しています。

これにより、いろんなデザインがお楽しみいただけます。

たとえば、上野彦馬撮影の写真だと台紙の裏面はこんな感じです。

b0076096_11563633.jpg


あるいは、彦馬と並び称される下岡蓮杖の場合はこちらです。

b0076096_11554978.jpg


さらに、伊藤博文ら著名人を撮影した丸木利陽。

b0076096_12125234.jpg


さらにさらに、井上馨を撮影した鈴木真一。

b0076096_1213910.jpg


などなど、台紙にはけっこう凝ったデザインが用いられていることがおわかりいただけると思います。


また、われわれ調査に携わる人間にとっては、この台紙が撮影者を特定するさいの有力な手がかりともなるわけです。


企画展示室で古写真の表も裏もみていくと、142×2=284点…、と単純計算するわけにはいきませんが、ぜひ裏側ものぞいてみてください。

[PR]
by hagihaku | 2011-09-21 11:57 | 企画展示室より
「幕末明治の人物と風景」展の楽しみ方⑤
さきほどご紹介した楕円形のテーブルには、「ホトガラヒーノ説」の簡易複製以外にも、いろんなものが設置してあります。

b0076096_11331110.jpg


なかでもご注目いただきたいのは、今回の企画展で新たに登場した古写真データベースです。

b0076096_11332926.jpg


要するに、展示した全142点の古写真すべてを、この画面でご覧いただけるわけです。

一覧表示からご自分の好みの古写真を選んだり、拡大・縮小したり、自由に閲覧することが可能です。


じっさい展示してある古写真は、大きいサイズのものであればまだしも、大半が名刺判とよばれる10cm×6cmほどの小さな、小さなものです。

これだと、あまり細部がよく確認できず、多くの方がご不満に思われることでしょう。

そこでぜひ、この古写真データベースで、展示ケースではいまいち見えない!という古写真をお選びいただき、細部まで確認していただけたらと思います。



また、どうしてもデジタルは苦手!、という方もどうぞご心配なく。

白い表紙のアルバムに、古写真の複写版を収録しています。

同じ体裁のアルバムが2冊ありますが、第1分冊、第2分冊としたもので、まったく別の内容となっています。

b0076096_1135516.jpg


b0076096_1136137.jpg


ただこちらのアルバムについては、展示した古写真すべてを収録しているわけではございません。

なにせ出品総数142点という分量がございます関係上、割愛せざるをえなかった古写真もあり、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


ともあれ、古写真データベースの運用については、当館で初めて試験的に実施しているものですので、まだまだ改善の余地があると思われます。

もしお気づきの点がございます場合は、アンケート用紙にご意見をお寄せいただけますと幸いです。



謝辞 古写真のデータベース化については、九州産業大学、毎日新聞社のご関係の方々よりご協力を賜りました。ここに記してあつく御礼申し上げます。

[PR]
by hagihaku | 2011-09-21 11:36 | 企画展示室より
「幕末明治の人物と風景」展の楽しみ方④
こうして意気込ませて企画展示室に入らせておきながら、なんだこの会場は?!、とお思いになられる方も多いことでしょう。

b0076096_1039331.jpg


b0076096_10394520.jpg


しかし、しかしです。

展示企画者としては、当館でなぜ古写真展をやるのか、という点にもぜひご注目いただきたいのです。

そこでこの展示ケースにご着目ください。

b0076096_10244735.jpg


ケースのガラス面に「日本最古級の写真技法解説書」という見出しが貼ってありますので、すぐにおわかりいただけると思います。

b0076096_10254383.jpg


ケースのなかを確認してみると、このように、冊子が開いた状態で展示してあります。

こちらの資料は、それはそれはたいへん貴重なもので、私たち学芸の人間も、取り扱うさいには非常に気をつかいます。

とくに、薄手の半紙を冊子状にしたものであるため、めくるときは恐るおそる、ていねいに扱います。


よって、どうしても実物については、ある一部分しか中身をお見せできないという難点がございます。

そこで今回、ちょっと工夫をして、実物を全部写真に撮り、同じサイズで簡易な複製を作成いたしました。

b0076096_11155155.jpg


この冊子が楕円形をしたテーブルの上に置いてあります。

b0076096_11161538.jpg


これをぜひ皆様にも、じかにめくって、萩の写真術の開祖のひとり、中嶋治平がどんな勉強をしていたかを確認していただきたいのです(萩の写真術の開祖とされるのは中嶋治平のほか、小野為八、山本伝兵衛の三人です)。


前置きが長くなりましたが、この資料は中嶋治平自筆の草稿で、名称は「ホトガラヒーノ説」といいます。

これがなぜ貴重かというと、治平が万延元年(1860)に長崎へ出かけたさい、オランダ語の書物から写真術に関する部分を抄訳(部分的に翻訳すること)したものだからです。


ここでいう写真術とは、ウエットコロジオンプロセス(湿板写真)という技法を指します。

あの坂本龍馬を撮った上野彦馬が、化学の教科書として有名な『舎密局必携』前編3巻(この附録に「撮形術」という湿板写真技法解説書を含む)を刊行したのは文久2年(1862)のことです。

彦馬はさらにこの年、長崎に写真館を開いたことでも有名です。


したがって、中嶋治平は上野彦馬の写真技法解説書刊行よりも2年早くこの草稿を著していたことになり、日本最古級の写真技法解説書とされているわけです。


なお、以上の説明はあくまでも湿板写真でのことであり、それ以前の写真術であるダゲレオタイプ(銀板写真)については、安政元年(1854)の川本幸民口述『遠西奇器術』が最も古いとされています。


まわりくどい説明になりました。

とにかく藩都萩には比較的早い時期に写真術に関する知識・技法が伝わっていた。
 ↓
したがって、萩博物館で古写真をテーマにした展覧会を開く。

という流れを少しでもお伝えできていれば幸いです。

[PR]
by hagihaku | 2011-09-21 10:31 | 企画展示室より