カテゴリ:事務局より( 109 )
本日午後6時10分からTV中継!!
本日2月1日午後6時10分からのNHK山口『情報維新!やまぐち』にて
現在開催中の企画展『コマーシャル100年 in 萩』を
なんと!生中継で紹介していただきます。

b0076096_15352948.jpg
展示を担当した清水学芸員のほか、展示に協力をしていただいた市民の皆様も出演されることになりました。
とくに18時30分頃から本格中継となります。

ぜひ画面を通して、展示をお楽しみください。

そして、ぜひぜひ、実際の展示をご覧ください。
ご来館、お待ちいたしております。(I)
[PR]
by hagihaku | 2013-02-01 15:36 | 事務局より
テーマ展のご案内
昨日1月17日は夕方から雪となり、山間部では10cm以上積もったところも。
朝早くから除雪作業が続いています。

新年明けてからは、ご来館のかたも少なめです。

と、いうことは、落ち着いてじっくり展示を楽しむには最適!

現在の企画展は「コマーシャル100年 in 萩」
b0076096_163048.jpg

このブログで展示担当者がくわし~く、解説しています。
是非、ご一読の上、ご観覧を。
まだまだブログに登場していない資料が多数ございます。

歴史展示室の常設展示も12月末に鳥瞰図等、史料を展示替えしています。

エントランスではテーマ展「山県有朋と萩」を会期延長して開催中。
そして、2月1日(金)からは今年度最後のテーマ展である
「没後150年記念 幕末の先覚者長井雅楽(ながい うた)」を開催します。
b0076096_1662713.jpg

一度は藩を代表しながらも、非業の死を遂げた幕末の先覚者長井雅楽・・・
どんな人物だったのでしょうか。
長井雅楽とその生きた時代を写真パネルでご紹介します。(I)
[PR]
by hagihaku | 2013-01-18 16:11 | 事務局より
企画展「コマーシャル100年 in 萩」開会式を行いました
萩博物館平成24年度最後の企画展「コマーシャル100年 in 萩~城下町近代化のあゆみ~」のオープニングセレモニーが無事終了しました。
冷たい雨の降る中、オープニングセレモニーに多数おいでいただき、ありがとうございました。

b0076096_18293728.jpg


明日22日(土)から来年4月7日(日)までの長丁場です。
「煙突のない近代化」
オープニングセレモニーのなかで展示担当者が概要紹介をいたしましたが、その中での発言です。
本展示のキーワードの一つだと思います。

b0076096_18373327.jpg


クリスマス寒波がやってくるとのこと。
なかなか外出しにくいかもしれませんが、多くの皆様に足を運んでいただけると幸せます。
明日22日2時からはギャラリートークもございます。
展示物自体も物語ってくれますが、解説つきだとさらに雄弁になると思います。
皆様のご来館、お待ちいたしております。(I)
[PR]
by hagihaku | 2012-12-21 18:38 | 事務局より
館内授業を行いました
本日11月30日、萩市立大島小学校の皆さんへ館内授業を行いました。
先月、教務担当の先生から出前授業の内容を館内授業として実施していただけないか、という問い合わせがあり、後日申請書をお出しいただき、お待ちしていました。
全校児童での来館、低・中・高学年に分かれての授業です。

1・2年生は『昆虫を探そう』ということで、3・4年生対象の、本来なら10月末までの出前メニューです。
館内で冬越し準備中の昆虫を発見してもらう内容となりました。
b0076096_1520438.jpg
まとめのお話を聞いているみなさん。手前のいすの上の白ビニール袋…なんと、カブトムシの幼虫が?!
先日いただいたカブトムシ幼虫を探す体験をみんなにしてもらったら、もって帰りたいという子が続出。
授業のはじめに昆虫の嫌いな人、と尋ねたところ半数以上の児童のみなさんが挙手したそうですが、そんな子も持って帰る!と。
来夏成虫に会えるといいね。

3・4年生は『昔の暮らし(炭火アイロン)』という希望でしたが、館内では火を起こせない(材木がふんだんに使われ、貴重な資料が多数保管されているため)ので、館内でできる『昔の灯り』についての内容に変更となりました。
b0076096_15215411.jpg
ちょうど話が終わって、長屋門展示室「くらしの館」に展示されているさまざまな道具類を触って、見ているところでした。
b0076096_1523561.jpg

形を変えて現在も残っている品物や黒電話については電話だと分かってもどうやって使うの??と興味津々。この子達の親世代というと30代でしょうから、きっとなつかしい、より子供たちと一緒に何これ?と思われる物の方が多いかも。

5・6年生は『萩に残る近代化産業遺産』。
スライドを使った説明と、帰ってからまとめをする参考に、と2010年開催した企画展『萩の近代化産業遺産』の時の解説資料をお配りしての授業となりました。
b0076096_15233597.jpg

内容的にはちょっと難しかったかもしれませんが、メモをとりつつ授業を受け、しっかり心に残ったようでした。

萩について学べる萩博物館、今日は各分野の授業となりました。
b0076096_152428.jpg

萩博物館では、館内授業・出前授業と学芸職員による学校の教育活動の支援を行っています。
ぜひ、お気軽にご利用賜りますよう、お待ちいたしております。
ただ、学芸職員数が多くなく、また、展示、資料整理、調査活動と日々業務に追われているため、なかなかご希望通りに対応できないことも多いのが実情です。
そのときは何卒ご容赦賜りますよう、お願い申し上げます。(I)
[PR]
by hagihaku | 2012-11-30 15:25 | 事務局より
萩学なんでもBOX出張中
現在開催中の萩博物館特別展 藤田伝三郎翁没後100年記念『藤田美術館の名宝~大茶人・藤田伝三郎の夢~』展では、大阪・藤田美術館から重要文化財5点を含む至宝54点をお借りしております。
また逆にこの秋、東京・品川歴史館や広島・福山市鞆の浦歴史民俗資料館などへ当館資料を貸し出しています。

そしてもう一つ、『萩学なんでもBOX』を広報をかねて東京・渋谷ヒカリエ8Fで開催中のd47MUSEUM「47 GOOD DESIGNー47都道府県のグッドデザイン賞」へ貸し出ししています。
萩学なんでもBOXについては常設展示室の展示品のひとつで、テーマごとに萩について詳しく知ることのできるようにパッケージ化されたもの。2005年にグッドデザイン賞を受賞した縁で今回の出品依頼となりました。
900×900㎜のテーブルの上に、県内他市町から送られてくるであろう展示物と一緒に並ぶのでいくつも送るのは無理、1箱でまとまった『萩の色』を展示していただくことにしました。
11月1日から翌年1月27日までの期間の展示。
実際にどんな感じで展示されているのか、若干不安に思ってました。

そんな中、d47MUSEUM事務局から展示風景が送られてきました。
b0076096_16265195.jpg
一見市販品の箱からいくつか展示物を出してあります。
b0076096_16243172.jpg

1日700~800人来場いただいているそう。
b0076096_1627384.jpg

もし、東京方面の方、東京へいらっしゃるご予定の方、ぜひ、足をお運びくださいますよう、お願いいたします。
萩博物館にも展示しています。こちらもどうぞお手にとってお楽しみください。(I)
[PR]
by hagihaku | 2012-11-20 16:34 | 事務局より
特別展『最恐!危険生物アドベンチャー』ご来場者5万人突破!!
平素から萩博物館をご支援いただいております、萩博ブログをご覧のみなさま。
本日8月21日、萩博物館特別展『最恐!危険生物アドベンチャー~海と山のアブナイ生きものたち~』をご観覧いただいた方、5万人を突破いたしました。
5万人目としてお迎えしたお客様は塚本敏生さん(小5)。
b0076096_13383178.jpg
プロローグ映像でおなじみのパピヨンの司会でセレモニー開始。
b0076096_13402020.jpg
プレゼンターとして登場するデンジャロス。小金虫男も登場!
b0076096_13385816.jpg
福岡県うきは市から家族5人で来萩いただきました。
宿泊した山口市のホテルで目に留まった当館本展のチラシ。
明日はこれに行こう!ということになったんだそうです。

b0076096_13404549.jpg
デンジャロスから記念品(オリジナルTシャツと缶バッジ)を贈られ、にっこり、なんだけど取材のカメラに緊張。

いよいよ本展も20日あまり。まだの方はぜひ足をお運びください。
本当に「親子」でお楽しみいただけます。
大人の方にもしっかりお楽しみいただけること、太鼓判!です。(I)
[PR]
by hagihaku | 2012-08-21 13:43 | 事務局より
萩博物館来場者80万人達成!
本日7月23日、平成16年11月11日に萩開府400年を記念して開館した萩博物館。
開館して7年8ヶ月、2812日目の7月23日(月)午後1時15分に、節目入場者へ萩市長から記念品を贈呈いたしました。
80万人目のお客様としてお迎えしたのは、岡山県倉敷市からおいでの中学3年生、近藤大輝さん。
b0076096_15233044.jpg
特別展「最恐!危険生物アドベンチャー」にも興味を持ちつつ、歴史が好き、ということで、山口・萩観光の途中に家族4人でご来館されました。
b0076096_15234814.jpg
b0076096_1524589.jpg
野村市長とくす玉を割り、記念品として館オリジナルグッズを贈呈いたしました。

b0076096_15242487.jpg
b0076096_1524464.jpg
ご来館いただいた皆様、本ブログをご覧になっている皆様、館の活動を多方面から支えていただいている皆様方のお蔭で今日の日を迎えることができました。ありがとうございました。

さて、萩博物館が、今回80万人突破したということは、大きな意義があると思います。
・博物館という施設は、美術館や水族館、テーマ館と比べて集客が困難であるといわれるが、昨今は同様に集客が求められ、苦戦している博物館が全国的に多い。
・にもかかわらず、大都市から離れた地方の小都市の博物館が年間10万人近くの来場者を維持することはきわめて特殊。
その要因として、
1)歴史、文化、自然の3分野から多様な企画を繰り出すため、一人の人が何度も訪れる。
(リピーター率が高い)
2)毎年夏に大勢の親子連れが楽しめる体験型の自然系展示があり、市民に定着してきた。
3)観光客や市民が求める『萩らしさ』のある歴史、文化企画がある。
4)萩まちじゅう博物館の中核施設として、市民、観光客、専門家の交流拠点になっている。
5)他館に比べて来場者の年齢層の幅が格段に広い。
といったことを考えています。

皆様に支えられての萩博物館です。これからもどうぞよろしくお願いいたします。(I)
[PR]
by hagihaku | 2012-07-23 17:40 | 事務局より
自動車で萩博物館へ来られる方へ
特別展『最恐!危険生物アドベンチャー』へ多数ご来館いただきまして、ありがとうございます。
HPやチラシなどで記している萩博物館へのアクセスは市外から萩市に向かう方法です。
ただ、お問い合わせの電話で多いのは、市街地に入ってどこを通るのか、ということ。
誘導看板があるので、大丈夫、と思っていましたが、知らない土地を運転するときは結構見落としがちですね。
大きくは3つの路線だと思いますので、このブログではそちらをご紹介いたします。

A)山口市など山陽側からの誘導
1)まずは道の駅「萩往還」をめざし、「ようこそ萩へ」のゲートをくぐって市街に向けて進む
2)左手に山陰道(無料)萩IC、右手にショッピングモール駐車場が見えるところのT字路の信号を1つめとして、4つ目の信号機に「萩博物館5km」の表示があり、ここを左折。
3)JRの架線橋を下った左手に線路が見え、萩駅を左に見ながら直進(信号がないため注意してお進みください。途中、左手に大照院、右手に萩市民病院の押しボタン信号あり)
4)「玉江」の表示の信号機(右折で国道191号へ)を直進。
5)玉江駅前を右折(信号がないので注意)
6)急な左カーブ、急な右カーブのあと橋本川にかかる常盤橋をわたり、そのまま進む
7)左折で萩城跡入り口の信号は直進、急な右カーブを曲がり、菊ヶ浜海岸沿いに建つホテル4軒の前を通る。
8)左手に山口県立萩看護学校を見、T字路信号を右折(萩博物館駐車場の誘導看板あり)
9)右手に萩城外堀公園を見て直進、右折して橋を渡りすぐ左折、萩博物館駐車場です。

B)長門市など山陰西部からの誘導
1)国道191号線から長門市三隅で山陰道(無料)三隅ICから自動車専用道を進む
2)終点「萩IC」で下りる
3)A-2)の信号で左折
4)以降A)と同様に進む

C)益田市など山陰東部からの誘導
1)国道191号を進み、信号「東萩駅」を直進、萩橋を渡る
2)信号「萩橋西詰」を通り過ぎ、信号「弘法寺前」を右折
3)そのまま直進し、信号(右手に「萩グランドホテル天空」、左前にガソリンスタンド)、警告信号、熊谷美術館前をとおりY字路の信号を直進
4)「萩博物館駐車場」の誘導看板のところのT字路信号(A-8と同一)を左折
5)A-9)と同様に進む

なお、「萩博物館」と「萩美術館」(山口県立萩美術館・浦上記念館)とお間違えの方、また、ナビなどで史跡萩城下町を通る県道295号線を誘導された場合、最短ではありますが、狭く一方通行の場所を通ることとなります。古地図で歩くことができる町=車では通りにくい町ということです。
遠回りとなり、申し訳ございませんが、
萩市役所前庭駐車場からは
1)右折で国道191号に出て、
2)2つ目の信号『御許町』交差点を左折、そのまま直進し、
3)5つ目の信号を左折(右前に「萩グランドホテル天空」、左手にガソリンスタンド)します。
4)C-3)の道となり、以降C-4)と同様に進んでください。
ゆっくりお気をつけて、ご来館をお待ちいたしております。
(I)
[PR]
by hagihaku | 2012-07-15 07:56 | 事務局より
特別展「最強!危険生物アドベンチャー~海と山のアブナイ生きものたち~」オープニング
ご報告がおそくなりましたが、萩博物館で開催している特別展「最強!危険生物アドベンチャー~海と山のアブナイ生きものたち~」(7/7~9/9)のオープニングセレモニーが、萩市立明木小学校の皆さんを含む多数のご来賓の方々を招待して開催されました。
b0076096_18413018.jpg

b0076096_18415365.jpg

会場いっぱいの人々。なぜ??
展示の導入映像を前回のブログでも紹介していますが、館職員による展示概要を紹介するオープニングコントを期待して参加される方が多くいらっしゃるのです。
b0076096_1842815.jpg

b0076096_18423353.jpg
b0076096_18424156.jpg

いつもと違う職員たち・・・あの人があんなことを・・・orz
どんな役回りで皆様に見ていただいたのか???、とりあえずは写真での紹介です。
出演者のOKが出て、編集ができたら、当時の模様を動画でご紹介?!
b0076096_18432384.jpg

今回参加いただいた明木小学校のみんなは結構おとなしめの皆さんでしたが、緊張がほぐれ、はにかんだ微笑がこのコントの出来栄えを表しているのでは?
そして、テープカット、内覧会へと危険生物界の王子「デンジャロス」が誘導してくれました。
b0076096_1847476.jpg

b0076096_18452297.jpg

さて、この次、デンジャロスが現れるのは?
リアル・デンジャロスが現れそうなときは、必ず報告いたします。(I)
[PR]
by hagihaku | 2012-07-09 18:52 | 事務局より
イベントのご案内
萩博物館でも、企画展示にあわせイベントを開催してます。

まずは、現在開催中の企画展「「志士」と「元勲」の書」のギャラリートーク。
こちらは以前ブログでご紹介いたしましたが、広報チラシでは5月27日が最終日でした。
ただ、大変好評につき、6月開催予定の問い合わせをいただき、急遽2回開催することとなりました。
6月9日(土)、23日(土)14時から、展示を担当した一坂太郎特別学芸員が解説します。
b0076096_12221240.jpg


ついで、次回7月7日(土)から開催する特別展「最恐!危険生物アドベンチャー」。
ようやくポスター・チラシの印刷準備が整い、来週にはお手元にお届けできる運びとなりました。
こちらはプレイベントとして、6月20日(水)9時30分~13時、萩市中央公民館実習室にて、
「危険でおいしいあのグルメ食材を絶品料理に」と題し、萩市内で「食」をテーマにさまざまな活動をしておられるNPO萩・元気食の会と一緒に料理教室を実施します。
萩市報6月1日号で募集していますが、はやくも定員の1/3の応募が。
市内有名店の板長直々のご指導の下、フカの湯引き、スッポンの茶碗蒸し、アカエイの煮付け、ふぐ雑炊を作ります。
参加費(1500円)、持参物は、エプロン、三角巾、マイ包丁です。
参加希望の方は、萩博物館(電話0838-25-6447)まで、ご連絡ください。
6月15日までの申し込みとしていますが、定員になり次第、締め切ります。

そして3つめ。
萩博物館には天体観望室がありますが、そちらを会場としたイベントです。
6月6日(水)は21世紀最後の「金星の太陽面通過」が見られます。
先日5月21日には「金環日食」(萩市では部分日食)が見られ、話題となりました。
日食の場合は、太陽と地球の間に「月」が入り、太陽の光を遮る現象です。
今回は太陽と地球の間に「金星」が入ることで、太陽面を金星が横切る様子が見られます。
午前7時過ぎに金星が太陽面を横切り始め、約6時間半をかけて通過し、午後2時前には出て行ってしまいます。
日食グラスをお持ちであれば、5月21日の日食の際と同様に確認することもできますが、博物館では、太陽望遠鏡を用いての観望会を開催します。
b0076096_12294360.jpg

開館時間である午前9時~午後2時まで、天体観望室において、天文指導員の解説でごらんいただけます。
近隣の中学校からも観望に来られますが、どなたでも参加できます。
午後2時前には通り抜けてしまいますから、なるべくお早めに、遅くとも1時30分より前においでになることをお勧めいたします。(I)
[PR]
by hagihaku | 2012-06-03 12:30 | 事務局より