<   2006年 07月 ( 47 )   > この月の画像一覧
こちらも達筆、井上馨―「長州ファイブ展」より⑤―
今回の展示を通じて担当者の私自身、「意外」と言っては本人に失礼ですが、「井上馨もなかなか立派な字を書く人だなぁ」と再認識している今日このごろです。

b0076096_19161943.jpg井上は、戦前に作られた『世外井上公伝』という大部の伝記では文学方面にあまり縁がなかったと評されています。「長州三尊」とよばれる3人のうち、伊藤博文が詩に、山県有朋が歌に長けていたなかで、井上は2人に一歩譲るというのです。たしかに、井上の創作は詩が約150篇、歌が約100首ということで、当時の代表的な教養人と比べると量的には少ないほうかもしれません。

ところが、井上の次の詩を読むと、とても感性豊かな詩人だったことがおわかりいただけるはずです。

山深涼氣洗心胸 山深くして涼気(りょうき)心胸(しんきょう)を洗ふ
行入函關秋色濃 行きて函関に入れば秋色濃(こま)やかなり
獨立湖邊試晩望 独り湖辺に立ちて晩望(ばんぼう)を試むれば
水心清處浮芙蓉 水心(すいしん)清き処(ところ)に芙蓉(ふよう)浮く

「山が深く涼やかな空気が私の胸の内を洗ってくれる。行って箱根の関へ入ってみると、秋の景色が洗練されて味わい深い。一人湖のほとりに立って夜の景色を眺めてみれば、水面中央の澄んだところに富士山が浮かんでいる」と解釈することができます。

加えて文字もかなりうまいです。井上は幕末の志士時代に、藩主毛利敬親や世子元徳に小姓役として仕えていたほどですから、これぐらいは書けて当たり前だったのかもしれませんね。


井上は明治14年(1881)前後、激務がたたって頭痛を覚えるようになり、しばしば静養のためといって東京近県に出かけたようです。この詩はそのころに行った箱根での作と思われますが、とても清々しい内容から「本当に頭痛だったの?」と疑わしく思うのは、きっと私だけではないでしょう(笑)。

(道迫)
[PR]
by hagihaku | 2006-07-31 19:31 | 企画展示室より
菊ヶ浜の夕陽
b0076096_18465134.jpg昨日の夕方7時すぎ、菊ヶ浜の海岸通りを走って家路へ。

菊ヶ浜には、帰りじたくをする海水浴客たちを見送るように、ちょうどキレイな夕陽が・・・

思わず車をとめて、写真に撮りました。
今日も暑くて、いろいろ忙しかったけど、ちょっと癒されました。

ここの夕陽は「日本の夕陽百選」に選ばれています。
夕陽をゆっくり眺めて癒されるのも、夏の萩の海の楽しみですね。
[PR]
by hagihaku | 2006-07-31 18:54
萩・阿武小学校教育研究会理科部会研修会が行われました!
b0076096_16522910.jpg夏休み真っただ中の7月31日に萩・阿武地区小学校の先生が萩博物館で研修会を行いました。
テーマは、「科学的なものの見方・考え方、自由研究の指導法」という堅いものでしたが、私(椋木)と堀が担当したものですから、午前中の現地調査から、遊び半分・研修半分という内容になりました。しかし、結果オーライで、遊びの中からこそ、ものの不思議が見えてくるものです。次の写真の午後からの先生方のまじめな姿を見てください。

b0076096_16535484.jpg午後からは博物館の講座室にて、午前中の野外観察で気づいたこと、驚いたことなどを書いてもらい、それを「なぜ○○は、○○なのか?」あるいは「○○は本当に○○なのか?」という文章に置き換えてもらいました。これが研究テーマとなるわけです。これを証明するためには何をどんな手法・手順で調べればよいかを考えていただきました。実は、この部分が一番困難で、幅広い専門知識がないと手法や手順のアイデアは出てきません。子供たちの自由研究で先生が手伝うことができるのは、この部分だと思います。

b0076096_1653273.jpg
最後に、先生方に萩博物館を今後どのように利用できると思いますか(したいですか)?というアンケートに答えて頂きました。
朝9時から午後3時半まで、長時間にわたり講義を受けて頂き、ありがとうございました。
[PR]
by hagihaku | 2006-07-31 17:30 | いきもの研究室より
「深海魚フィギュアをつくろう」・・・今日は「リュウグウノツカイ」!
今日の「深海魚フィギュアをつくろう」の製作テーマは、昨日お伝えしたようにリュウグウノツカイ。

b0076096_1828094.jpg今日は親子連れの4歳のお子さまから小学5年生までの方々が参加されましたが、今日のみなさんの「特徴」を一言でいうと、「超・こだわり族」。
竹材を削ったり、錐(きり)で穴をあけたり、ヤスリをかけたり・・・前回はスタッフが補助した作業もほとんどフルコースで挑戦したため、一人あたりの作業時間は、なんと最短1時間50分最長2時間30分!! 途中で糊(のり)を乾かしている数分以外、驚異的な集中力と持続力でフィギュア作りをやりとげたことになります。

b0076096_18282633.jpg
← この真剣な目に、私は心を動かされました・・・。 リュウグウノツカイの鰭(ひれ)を紙で作るため、切り取り線を慎重に下書きしていくM君。イイモノを作りたい一心で、一切の妥協を許さないプロの目。
b0076096_18284774.jpg
← 二人で競り合いながら、2時間もがんばってフィギュアを作った兄妹。リュウグウノツカイの目の色にまでこだわって、じっくり仕上げました。
b0076096_1829628.jpg
← 幼いわが子のために、若いお母さんもがんばりました!
1時間後、リュウグウノツカイのシンボルの長いヒレが1本、2本・・・と立ち、ついにフィギュアが完成・・・その時のご家族のみなさんの満面の笑みが印象的でした。

b0076096_18292018.jpg
みなさんにこれだけがんばって作ってもらえて、リュウグウノツカイもきっと喜んでいることでしょう。

リュウグウノツカイのフィギュアは、8/13(日)にも製作します。今日参加できなかった方はぜひ挑戦を。

さて、次回の日曜8/6は、深海魚ファイブで最もツッパリ派(!)の「アカナマダ」を作ります(→→)。来週も、お楽しみに!
[PR]
by hagihaku | 2006-07-30 18:49 | 催し物のご案内
明日は「深海魚フィギュアをつくろう」・シリーズ2回目!
明日7/30は、夏休み展示「竜宮の使いが語る、萩博のひみつ」の関連企画「深海魚フィギュアをつくろう」のシリーズ第2回目。萩の竹を使って、明日はいよいよ深海魚で一番人気のリュウグウノツカイを作ります。

このたびの展示・企画のマスコットは、ご存知「りゅうぐうのつかい君」。実は、今回の展示・企画に「マスコットをつくったらいいよ!」と最初にひらめいてくれたのは、大ふじ事務局員。「りゅうぐうのつかい君」の生みの親ですね。

b0076096_194235.jpg← この「りゅうぐうのつかい君」、その後、みなさんにかわいがっていただいて、とうとうこんなに大きくなりました!! 明日はこの大きな彼が、フィギュア作り会場(「長屋門」)の軒にぶら下がってみなさんを待ってます。フィギュア作り希望の方は、彼を目じるしにして来てくださいね。

明日はみなさんに、じっくりとこだわって、いいモノを作っていただきたいと思っています。腰をすえてゆっくり取り組むつもりで、なるべく時間に余裕をみてご来場ください!

★とき:  7月30日(日) 午前9時~午後4時30分
★ところ: 萩博物館 長屋門
★参加は無料

b0076096_1954936.jpgb0076096_1954016.jpg
[PR]
by hagihaku | 2006-07-29 19:14 | 催し物のご案内
満天
b0076096_17173461.jpgやっと梅雨も明け、晴れの日が続いています。
昨夜の「星の会」は天体観望には絶好の雲一つない空が広がり、
肉眼でも天の川が見えるほどでした。

また、西の空へと沈んでいく三日月や時々流れる流星もとても綺麗でした。

今日は「星の会」の時に撮影した三日月と終了後に撮影した天の川付近の写真をご紹介します。



       三日月の写真です。月面の凸凹がよく分かります。→


b0076096_17195750.jpgb0076096_17204057.jpg 左の写真はいて座の近くをとったものです。白く輝く天の川(左下)と生まれたての星に照らされたガス(中央)が写っています。

 右の写真ははくちょう座のしっぽの近くをとったものです。中央やや上にある赤っぽく光っているところが北アメリカ大陸の形に似ているので北アメリカ星雲と呼ばれています。



2枚の写真にはともに、星の材料である暗黒星雲が写っています。
[PR]
by hagihaku | 2006-07-29 17:40 | 天体観測室より
萩博2006・夏本番
梅雨も明け、真夏日が続くここ山口県萩市。
萩博物館事務局より、
職員通用口から見た「萩の空」をお届けします。
b0076096_1517930.jpg

b0076096_15172278.jpg

『暑いっ!』
[PR]
by hagihaku | 2006-07-29 15:24 | 事務局より
南の海から、オキアジ来訪
「萩しーまーと」の篠原さんより、オキアジを2個体ご寄贈いただきました。
お知り合いの漁師さんが、アマダイの延縄で水深100m近くのところから漁獲されたそうです。

こんなに真っ黒で体も円っこいけれども、アジのなかま。インド洋、太平洋、大西洋の熱帯海域にすみ、日本の南部でも多少見られます。成長すると長さ50cmにもなりますが、今回の2匹は、まだ手の平サイズの子ども。対馬暖流に乗って萩沖にやってきたようです。

b0076096_1830563.jpg◆Profile◆
種名: オキアジ
A: 全長17.5cm, 体高7.0cm, 体幅2.3cm, 体重93g
B: 全長18.7cm, 体高7.2cm, 体幅2.5cm
採集地: 萩市見島沖
採集年月日: 2006年7月27日
採集者: 山本光男 
萩の海にも夏がやってきたようです。これから南の海が出身のいきものたちが、次々と見つかるかもしれません。
[PR]
by hagihaku | 2006-07-28 18:36 | いきもの研究室より
スッゲーーー魚を釣ったよ!! by 木原君
b0076096_11181466.jpg昨日7/27の朝10時半ごろのこと。
タミ事務局員がいつもの関西弁で「ホぉリさぁん、木原君から電話ですよ~」というので電話に出たら・・・

木原君(萩博常連の小学生)はいつもと違い、えらく興奮しています。
「ホリ先生、スッゲーーーーー魚を釣ったよ!!。ハモみたいでねーっ、歯がするどくて、顔が$※#*&%ーーーっつ!! かまれるーっ! こわいっ!!」
・・・と、私に自慢しているのか、助けを求めているのかよく分かりません。

私も、何だかよく分からないけど 「ムムっ、今行くから待ってろっ!」
・・・と、ホイホイ行くわけにも勤務上いきません。しかし、
”これまでたくさん珍種を見つけてきた木原君が見たことがない魚だと言っている” → “注目すべき種類である可能性あり” → “足を運んで調査する必要あり” と判断し、萩市の後小畑の港に車を走らせました。

b0076096_11185761.jpgそこで私が木原君から見せてもらったものは、びろーんと細長い、ヘビのような姿の魚。

みなさん、さっきからこの記事の右側に、縦長の茶色い棒のようなモノがさりげなく載ってるのに気づいてましたか(→→)。下までスクロールして見てみてください。これがこの魚の全貌です。


ダイナンウミヘビ」という魚です。全長76cm、体幅1.5cm、体重80g。
「○○ウミヘビ」というと爬虫類(はちゅうるい)の海ヘビを連想しがちですが、実は、「ウミヘビ」と名がつく生物は爬虫類だけでなく魚類にもいるのです。今回のものは魚類の「ウナギ目ウミヘビ科」に属する種類。毒はありません。

b0076096_11303162.jpg萩近海では珍しいというほどではありませんが、熱帯性の魚で、萩の海が温暖であることを裏付ける証拠です。

もう弱っていたので、萩博の資料として保存することとしました。



この魚は歯がするどいので、釣り上げた後に釣り針をはずす時には、かまれないように注意してくださいね。





でも、このコの顔は・・・ よく見ると、イタチみたいで案外カワイイかも!? → →
[PR]
by hagihaku | 2006-07-28 13:34 | いきもの研究室より
歴史・美術資料のデータを一部公開開始!
b0076096_17591882.jpg〈博物館が博物館であるため〉には、「モノ」=資料を収集して次世代へ引き継ぐことが絶対に欠かせません(かなりマジモードですっ!)。

当館は歴史・民俗・考古・生物・地学・天文などなど、とにかく萩地域に関係するものなら森羅万象、あらゆるモノを収集・保管する総合博物館として設置されています。

前身の萩市郷土博物館の時代にすでに約8万点が集められ、現在は萩博物館建設地の発掘調査で出土したモノも加わり、なんと約18万点ものとてつもない、気が遠くなるような数の資料を収蔵しています。ああ恐ろしい~。

そんななかで、webサイト上で全国の博物館の資料がだんだんと公開され始めた昨今、当館でも情報公開への要望にお応えする必要があります。b0076096_1739496.jpg

しかしそうはいっても、なかなか一筋縄ではいかないのがデータベース整備の難しいところです。というのも、ただモノを集めただけでは資料として使い物にならないわけで、きちんとした調査・研究を行ってはじめて〈博物館資料〉として利用できるようになるからです。つまり、モノとヒトとをつなぐ学芸員・研究員が、日ごろどれだけ自分の館の資料に接する機会をつくれるかにかかっているのです。

こうした状況を踏まえて、当館では当面の対策として、歴史・美術系資料のデータに限られますが、文化庁が推進する「文化遺産オンライン」(試験公開版)にて部分的に情報公開を進めていくことにいたしました(拍手~)。本日、やっと10件のデータ登録が完了いたしましたので、近日中にこのサイトのご担当の方がアップしてくれるものと思います。

http://bunka.nii.ac.jp/Index.do

間借りするようでちょっと恥ずかしい気もしますが、ただ文化庁が統括だから、データを預けるほうとしても大安心です。これから時間のある時に少しずつ登録を進めていこうと思いますので、これを最後までご覧いただいた皆様、こちらへの応援もよろしくお願いします!

(道迫)
[PR]
by hagihaku | 2006-07-27 17:46 | 歴史資料調査室より