<   2006年 08月 ( 46 )   > この月の画像一覧
シリーズ最後は伊藤博文―「長州ファイブ展」より⑪―
はやいもので「長州ファイブ展」の会期もあと3日となりました。なんだかんだ10回も続いたこのブログですが、最後は展覧会メインの伊藤博文で締めくくりたいと思います。

b0076096_19474729.jpgこの伊藤の写真は、吉田松陰の兄の杉民治のご子孫から萩市に寄贈されたものです。しかも裏面をみると、伊藤の自筆で「明治二十九年 天長節撮影」と書かれ、1896年11月3日に撮影されたことがわかります。ちなみにこの写真を撮ったのは、東京芝新シ橋(あたらしばし)角に写真館を開いていた明治時代の代表的な写真師、丸木利陽(りよう)です。

さてこのころの伊藤はというと、約2ヶ月前の明治29年8月に第二次伊藤内閣を総辞職したばかりでした。第二次内閣では明治27年7月、駐英公使の青木周蔵の尽力により日英通商航海条約に調印。幕末期以来の懸案であった不平等条約のうち、領事裁判権の撤廃、関税自主権の一部回復に成功しました。また同年8月に清国との間で日清戦争を開戦し、翌年勝利して下関条約を締結しています。

b0076096_1951663.jpg日本は明治37~38年の日露戦争を経て、朝鮮半島、中国大陸への侵略の道を歩みます。そこでご覧いただきたいのが、韓国(大韓帝国)の純宗(じゅんそう/スンジョン=隆煕皇帝)が巡幸中の1909年(明治42)2月に撮影された右側の集合写真です(『伊藤博文伝』より)。

展示品の「伊藤博文・李完用・趙重應・宋秉畯寄書」(春風文庫蔵)とともに、伊藤と韓国親日派政権との接近を物語る史料であり、それへの反発が1909年10月の安重根による伊藤暗殺を引き起こしたのだと想像できます。

幕末から明治にかけて活躍した5人のヒーローこと「長州ファイブ」。彼らの日本の近代化に対する貢献度の高さからこの呼称が生み出され、ついには映画にまでなったわけですが、今回私が伊藤についてあえてこういう記事を書いたのは、いい面をみるだけでは真の歴史とはいえないと考えるからです。

このシリーズ、当館研究員の道迫が担当いたしました。短い期間でしたが、これをもって終了いたします。事実に誤りがあるか、もしくはご意見、ご感想などございましたら、とりあえずコメントをお寄せいただけたら幸いです。最後までお読みいただいた方、お付き合いのほどありがとうございました(礼)。

(道迫)
[PR]
by hagihaku | 2006-08-31 19:57 | 企画展示室より
夏休みのおわりに
8/31、今日で夏休みが終わりですね。
小中学生のみなさん(保護者の方々も!?)、夏休みの理科の自由研究はできましたか?

当館で7/21から開催していた「もう迷わない・焦らない!海の生きもの研究相談室」も、さきほど最後の親子連れの方が来られ、これにて終了。
貝の採集の仕方、標本の作り方、データのまとめ方、カニの生態の実験の仕方・・・などなど、42日間で28件の相談のもうしこみがありました。ご利用ありがとうございました。

小中学生のご本人だけでなく、保護者の方々も、自由研究の途中やまとめの段階では家族で頭をつきあわして汗を流し、たいへんだったことでしょう。お疲れさまでした。

b0076096_1637183.jpg
・・・参加者の親御さんの一人が言っておられたことが、印象に残っています。
「作業はたいへんだったけど、これをきっかけに親子の交流が深まってよかった」・・・と。
[PR]
by hagihaku | 2006-08-31 16:42 | 萩博講座(ワークショップ)
「タコがヘビに化ける」・・・その瞬間を Part 2
昨日のブログで紹介した8/27(日)に菊ヶ浜で遭遇したムラサキダコのその後の展開。

b0076096_1754528.jpgb0076096_1759759.jpg
↑私の目の前で布のようなものをヒョロヒョロと出し、長さ1.5mまで伸びて化けた彼女(ムラサキダコ♀)。右は、ちょっと海から顔を出して水面の上から撮った写真。

b0076096_17545067.jpg

昨日のブログでは「タコ→ヘビ」への変身を紹介したところですが、実はこの後、逆に「ヘビ→タコ」に戻るところも見せてくれたのです。
b0076096_1755661.jpg
数十秒後のできごとでしょうか。よーく見てください。さっきの写真よりも、布のようなものが少し短くなってきています。
b0076096_17552337.jpg
もっと短くなってきました。さっきまでは私を敵と思って変身してかわそうとしていたのでしょうが、もう私をだましてもしょうがないと思ったのでしょうか・・・元の「タコ」に戻りはじめたようです。
b0076096_17554043.jpg
あれよという間にふつうのムラサキダコに戻ってしまいました。「逆変身」に要した時間も、おそらく数分。「タコがヘビに化ける」だけでなく、「ヘビがタコに化ける」という噂も、これで一応納得。
b0076096_17555626.jpg
← 私も博物館人のはしくれですから、「ああ、タコに戻ったの?あっそ。」では済ませません。「君、いったいどうなってるんだ?」 と、彼女の下に回って細部の観察!
b0076096_1757079.jpg← そこで発見したコト・・・ どうも、彼女は一部の腕を使って布を回収しているようなのです。写真は、彼女の腕の付け根あたりを横から見たところ。左が腕の先の方、右が胴体の方。中央の短い腕が布をたくし上げ、布がシワになっているのが分かりますか? 回収した布が収まるスペースが、腕の根元のあたりにあるものと思われます。
b0076096_17562443.jpgb0076096_17563224.jpgb0076096_17564040.jpg
↑ あんまり私があーだこーだと言って迫ったので、彼女は「ねぇ博物館のヒト、もういいでしょ!」と言いたげにボワっと墨(すみ)を吐いて・・・ 沖の方へ逃れていきました。
・・・私も、「去る者を追わず」。ムラサキダコはもともと沖合いの表層を泳いで暮らすタコ。何かの原因で岸に流れついてしまったようですが、無事に沖に戻ってくれればと、遠ざかっていく彼女の幸運を祈りつつ見送りました。

b0076096_17565119.jpg



彼女がいなくなった後には、だーれもいなくなった夏休み最後の海が、キラキラ ユラユラとゆれていました。
[PR]
by hagihaku | 2006-08-29 18:17 | いきもの研究室より
祝入館者20万人突破!
おかげさまで萩博物館の来館者が20万人を突破しました。

記念すべき20万人目のお客様は、
神奈川県からいらっしゃった大学生、木谷貴理(きたにたかまさ)さんでした。

b0076096_9154171.jpg

お母様とおば様の3人でのご旅行中に、萩博物館にお立ち寄りいただきました。
ありがとうございました。
[PR]
by hagihaku | 2006-08-29 11:40 | 事務局より
「タコがヘビに化ける」・・・その瞬間を
8/26(土)にNPOの村上さんから、さらには8/27(日)に阿部さんから萩博に電話が。菊ヶ浜に、変ないきもの・・・紫色のタコみたいな変わった生物がいるというのです。

「んっ!これはムラサキダコではっ?」と思い、8/27の朝9時ごろ、私(堀)は水中カメラをもって菊ヶ浜へ。そこで私はついに目撃してしまったのです。先日のブログで紹介した、このタコがヘビに化けるという伝説・・・そう云われる瞬間を。今日、萩博ブログをご覧のみなさまにも、その驚異を味わっていただきましょう。
b0076096_1956108.jpg
← 8/27の朝9時、菊ヶ浜に到着。夏休みも終わりに近づき、ビーチには人気(ひとけ)はまばら。
  残暑のまぶしい日差しをあびながらビーチに沿って歩いていると・・・
b0076096_19563356.jpg← ・・・驚きました。私はてっきり、1~2匹ぐらいムラサキダコがいるのだろうと思っていたら・・・水中のあちこちに黒い影が・・・。8匹も発見!!1匹ずつ調べましたが7匹はすでに息絶えて☆に。しかし、1匹はまだ生存。この1匹がこの後、驚異の「変身」を演じてくれたのです。
b0076096_1956577.jpg
← ここから先はすべて水中写真。
  水深1mぐらいの海底にいたので、さっそく私は水中メガネ・シュノーケルで素潜りして激写! 胴体の長さ13cm、全体の長さ35cmていど。ちなみに、これぐらいのサイズのムラサキダコはすべてメス。オスは成長しても3cmぐらいのミニサイズ。
b0076096_19581510.jpg
← さらに接近。・・・すると、「見ぃたな~っ」てな感じでギロリと睨む彼女(=このムラサキダコ♀)。
  体の中央の下側から、小さな円い目が見ているでしょう。 
b0076096_19584124.jpg
← 私を敵だと思って逃れようと思ったのでしょう。彼女は体のお腹(おなか)側にある「漏斗(ろうと)」から水を噴射して、海底から浮上しようとしはじめました。
  そのジェット噴射によって、海底の砂がモクモクと巻き上がります。
b0076096_20205060.jpgb0076096_20211724.jpgb0076096_2021264.jpg
↑・・・そして、まるでスペースシャトルが離陸するように、彼女は海底を飛び立ちました。ふわりと上昇(中央の写真)・・・それから、墨(すみ)をボワッと噴射(右の写真)。
b0076096_2004249.jpg
← 次の瞬間!! ついに「変身」が。彼女の腕のあたりから、布のようなものがヒョロヒョロ伸びてきたのです。写真は体を横から見たところで、左側が胴体(俗にいう「頭」)の方、右側が腕(俗にいう「足」)の方。
b0076096_204425.jpg
← その布のようなものはさらに伸びていきます。2つ上までの写真と見くらべてください!確かにさっきまでは、こんな姿じゃなかったですよね。
b0076096_2042355.jpg
← まだまだ長く伸びます。この時点で、長さは実に1mぐらいになっています!
b0076096_2044665.jpg← まだまだ止まりません。伸びていきます。布のようなものの右端には・・・よーく見てください、ヘビの皮のような模様があります。
b0076096_2051073.jpg
← さらに伸びて、ついに約1.2mほどの長さに。
b0076096_2054154.jpg
← 今度はさっきとは左右逆の方向から激写!! 
  これはもう、「タコ」というよりも、細長い別の生物。
b0076096_206646.jpg
← 1.5mぐらいにも伸びたでしょうか。水中カメラのモニターに入らなくなるほどの長さに。この「変身」にかかった時間は数分~10分ぐらいだったでしょうか。
・・・おそらく彼女は、私という敵から逃れるため、別の生物か物体に化けた(「擬態(ぎたい)」した)のだと思います。こうして細長い別物に変化する様子を見た昔の人々が、「タコがヘビに化ける」という伝説を語り継いできたのでしょう。
b0076096_207394.jpg
  ムラサキダコが伸ばした細長い布のようなものは、ちぎれて体から離れることもあるようです。
  ← 今回撮影した彼女のものではありませんが、別の個体からちぎれたと思われる布が、菊ヶ浜のところどころにただよっていました。この、ちぎれた布のような物体も、「タコがヘビに化けた」後の姿に見えますね。これも、「化けダコ伝説」の由来になっているのかも。
b0076096_2081484.jpg
↑ ・・・正面から見た彼女の姿。白い砂の海底に人の形の影を落とし、まるで黒いマントを装った宣教師のようです。不気味だけれども、何かを訴えるかのようにマントを広げてユラユラただよい・・・何だか神々しさを感じました。

私と彼女の駆け引きは、この後もまだまだ続きます。この後の展開は、また明日のブログで・・・。 

ムラサキダコが萩の岸辺で見られるのは今がチャンスかも。夏休みの終わりに、ちょっと足を伸ばして菊ヶ浜で貴重な「化けタコ」ウォッチングはいかが?
[PR]
by hagihaku | 2006-08-28 20:37 | いきもの研究室より
幕末維新史料「蔵出し」コーナーを新設!
b0076096_19294763.jpg本日閉館後、学芸班が協力して、萩学展示室に表記のコーナーを新規に設けました。ありがたくも展示ケースの寄贈があり、展示資料の増強をはかることができたというわけです。

ここでは研究員の道迫が、当館の収蔵品からいち押しの幕末維新史料をセレクトしてご紹介させていただきます。今回は初回ですので、おなじみの久坂玄瑞、高杉晋作、木戸孝允の書簡(手紙)を惜しげもなく陳列!内容については改めてブログでご紹介する予定です。

b0076096_19314719.jpg当館の収蔵品では、幕末維新期から明治期にかけて活躍した、萩ゆかりの人物の書簡類がたいへん充実しています。

展示でとくに工夫したのは、顔写真の左側にみえる青いミニパネルです。これには、彼らの声をひとこと、現代語風にご紹介しています。

いつ、どういう状況で、何を相手に伝えたかったか、150年ほど前にタイムスリップして幕末明治の歴史にどっぷりと浸ってみませんか?

b0076096_19511043.jpgまた書簡のほか、企画展などでは紹介しきれない、「へぇー」と思わずもらしてしまいそうな珍しいモノも展示しようと考えています。

小さいのでちょっとわかりづらいかもしれませんが、このミニ看板を目印に、どうぞゆっくりとご堪能くださいませ!

(道迫)
[PR]
by hagihaku | 2006-08-28 19:46 | 常設展示室より
「深海魚フィギュアをつくろう」シリーズ、すべて終了!!
昨日お知らせしましたように、「深海魚フィギュアをつくろう」は今日が最終回で「テンガイハタ」を製作。
b0076096_1747895.jpg
← 今日の一番乗りは、以前も参加してくれた小学4年生と、2年生の弟さん、お父さんの3人。お父さんがテキパキと2人をサポートしつつもビシッと仕切ってくださったので、作業は順風満帆。約1時間後、ふたりそれぞれのフィギュアが完成! 
  夏休みの最後にがんばる親子の姿を見て、私も遠~い昔を思い出しました・・・
b0076096_1748216.jpg
← 次は、今回がはじめての父子。「夏休みの宿題は終わった?」とたずねると、「まだ宿題が残ってる・・・」とのことでしたが、今日はフィギュア作りで骨休め。明日から、夏休みの宿題の追いこみですね。がんばってね。
b0076096_17482942.jpg← 前回休みだった彼が、流星のように帰ってきました!!フィギュア作り常連、M君です。彼は要領が分かっているので私も安心。テキパキと、けれどもこだわりつつ余裕で完成。そして、満面の笑みで記念撮影。これで、彼の家には「アカナマダ」「リュウグウノツカイ・大」「リュウグウノツカイ・小」「テンガイハタ」のコレクションが誕生したとのこと。
b0076096_17563195.jpgb0076096_17564226.jpg← 私(堀)もM君の情熱に負けじと、先週の博物館学実習生の「スーパーテングノタチ」を参考に、「スーパーテンガイハタ」に挑戦!! 後日、博物館学実習生の作品と共に展示しますね。
b0076096_1751158.jpg
・・・こうして、「萩博物館の夏休み」-当館の長屋門と玄関前広場で夏休み中の毎週日曜日におこなってきた「深海魚フィギュアをつくろう」「昔ながらのおもちゃで遊ぼ!」は全日程、終了しました。
ご参加くださった大勢の方々、どうもありがとうございました。また来年、この場で一緒に遊びましょう。そして、会場での作業や接客で共に汗を流したNPO会員のみなさま、有志のみなさま、NPO事務局・萩博事務局のみなさん、お疲れさまでした。

夏休みのイベントはこれで終了しましたが、当館はこれからもまだまだ楽しいイベントを用意していますよ。その都度お知らせしますので、お楽しみに!!b0076096_17573524.jpg
[PR]
by hagihaku | 2006-08-27 18:13 | 催し物のご案内
実習生によるライトトラップを実施
b0076096_15395462.jpg8月19日に実施予定だった「灯火で夜の虫を集めよう!」が台風10号のため中止になり、実習もできなくなりました。しかし、実習期間が終了した24日の夜に飲み会で盛り上がり、実習生の都志見さんのたっての願いで、25日に指月山でライトトラップを行うことになりました。
当日は、虫の数は少ないにも関わらず、萩市内の蛾を専門としている中村さんと、実習生の関口くん・都志見さんとそのお母さんが集い、24時過ぎまで頑張りました。
[PR]
by hagihaku | 2006-08-27 15:55 | いきもの研究室より
明日は、「テンガイハタ」。
夏休みの企画「竜宮の使いが語る、萩博のひみつ」の展示予定期間も、残すところあと9日ばかりとなりました(9/3まで)。関連イベントの「深海魚フィギュアをつくろう」は明日(8/27)が最後。「テンガイハタ」を作って終了です。
b0076096_11453366.jpg
↑ 今エントランスで展示している「テンガイハタ」(長さ72cm)は、私(堀)が2003年6月に豊北町(現・下関市)の磯に漂着して横たわっているところを偶然に拾いあげたもの(上は採集直後の写真)。その後、「テンガイハタ」は毎年のように定置網にかかったりダイバーに発見されたりして、萩の海の深海魚のなかではわりとポピュラーな存在に。それでも、数多い魚たちのなかではやはり「珍魚」。
b0076096_1361653.jpg
8/10のブログで紹介した、私の大学時代の小林先輩-小笠原諸島でカメラマンをやっておられる先輩は、なんと「テンガイハタ」の幼魚(子ども)を海中で撮影しておられました。長さは5cmほどで、成魚(オトナ)と違い、振袖(ふりそで)のように長いヒレを妖艶になびかせて神秘的。出会った人間は、魅せられて人生を変えられてしまいそうな・・・そんな不思議な力を感じます。

b0076096_11443270.jpgそんな美しい「テンガイハタ」の妖艶さを、明日、あなたのセンスでめいっぱい表現してみてください。
★とき:  8月27日(日) 午前9時~午後4時30分
★ところ: 萩博物館 長屋門
★参加は無料

ところで、「竜宮の使いが語る、萩博のひみつ」のマスコットの「りゅうぐうのつかい君」。
  ・・・実は彼には、友達がいました。裏話ですが、私がこの展示を企画しはじめたとき、なかまの深海魚たち全種類のマスコットを書いて、全員で物語を演じてもらおうと思ってました。けど、結局「リュウグウノツカイ君」に代表で登場してもらい、ほかのみんなは私のパソコンで眠ってもらうことに・・・。展示の残り期間も少ないので、ちょっとここでご紹介を(下の絵をクリックするとちょっと拡大されます)。
  なお、有志の方々が、貝殻の裏に彼らの絵を貼ったインテリアを「キレイな貝をさがそう」コーナー(無料ゾーン:情報センター)に置いていますので、おみやげに自由に持ち帰られますよ。ただし、8/27(日)までの限定です(数が少ないのでお早めに)。
b0076096_1151183.jpg
[PR]
by hagihaku | 2006-08-26 11:54 | 催し物のご案内
ぼく冥王星・・・
8月24日に国際天文学連合(IAU)総会で、これまで惑星として知られていた冥王星を
「惑星」という分類から外し、dwarf planet(矮惑星)として分類することが決まりました。

萩博物館 天体観測室では渦中にある冥王星さんにコメントをいただきましたので紹介します。

---------------------------------------------------------------------------------------------
みなさまへ

この度、私こと冥王星は国際天文学連合(IAU)の話し合いにより、
太陽系の惑星から外れることとなりました。惑星として発見されてから
76年間、みなさまには太陽系最遠の惑星として認知していただいて
いましたが、これからはdwarf planet(矮惑星)として存在することに
なります。しかし、私冥王星はこれからもこれまでと変わらず、太陽の
周りを回り続ける所存であります。みなさまこれからも冥王星を
よろしくお願いいたします(^_^)v

冥王星より
---------------------------------------------------------------------------------------------

b0076096_21434729.jpg


Original Image Credit: The International Astronomical Union/Martin Kornmesser
[PR]
by hagihaku | 2006-08-25 21:52 | 天体観測室より