<   2006年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧
タカラガイトーナメントin UTA 第2回
11/28は宇田小学校での海の授業。先月の10/16に宇田小の5・6年生のみんなでやった「タカラガイトーナメント」、その第2回目を開催しました。
b0076096_10122487.jpg← 今回も、トーナメント会場は阿武町で特にタカラガイがよく打ち上がるT海岸。

海がかなり荒れていますが、さすが宇田の子!
まったく恐れることなく、13:40に元気いっぱいにトーナメント開始!
ルールは10/16ブログにも書きましたが、各自がこの浜に打ち上げられたタカラガイの貝殻を約1時間ほど拾います。タカラガイは種類ごとに「珍しさ」に応じてスコアが変えてあるので、最後にスコア×個数で合計点数がいちばん多かった人が優勝です。
b0076096_10125643.jpg宇田小のみんなはトーナメントは2回目とのことで、タカラガイの種類の見分け方もだいたい分かっています。しかし、やはり小石をタカラガイと見まちがえやすくて厄介。

← たとえばここ。スコア1の「メダカラ」(目宝)(長さ約1.5cm)が2個、スコア3の「ハナマルユキ」(花丸雪)(約3cm)が1個あります(写真サイズは実際の1/2)。
みなさん、気づきましたか? 
b0076096_10142352.jpg

← 海岸の別の場所にて。

「おっ、このあたりにハナマルユキが落ちてるね~」と私が言ったら、そのあたりを一生懸命さがし回るTN君。

・・・「ハナマルユキ」は矢印のところにあります。
b0076096_10144398.jpg
← また別の場所にて。

矢印のところに、スコア4!高得点の「ハツユキダカラ」(初雪宝)(長さ約4cm)が!

・・・けれど、小石にまぎれていて気づかず、なかなか手が「ハツユキダカラ」にたどり着きません。
b0076096_10151360.jpg
← そんな中、MY君はスコア4の「サメダカラ」(鮫宝)を見事ゲット(左上:長さ約1.7cm)。

そのほか、「ハナマルユキ」1個(手前:スコア3)、「メダカラ」3個(向こう側:スコア1)も合わせると、この手のひらだけで10点!!

b0076096_1016160.jpg
← スコア3の「カモンダカラ」(花紋宝)(長さ約1.7cm)などを続々とゲットした子も。

ところで、手袋の先をごらんください。一生懸命に砂利の浜をさぐったり掘ったりして、ほつれてきています。最後には、手袋の先から指が飛び出してた子も。

でもみんな、楽しみながら熱中して よく頑張りました。
b0076096_10163838.jpg← さて、約1時間にわたるトーナメントが終了。学校の教室に戻ってタカラガイを洗い、種類分けをして、各自がどの種類を何個ずつゲットしたか、表に書きこんでいきます。

・・・その結果、合計点97点を獲得したMY君が優勝! 2位は89点のSHさん。二人には賞品のタカラガイストラップが贈呈されました。
この日、みんなが採集したタカラガイは全部で485個!そのうち、「メダカラ」が352個(73%)、「チャイロキヌタ」が56個(12%)、「ハナマルユキ」が48個(10%)、そのほか6種類が合わせてわずか29個(6%)。宇田の海のタカラガイの世界が、「メダカラ王国」であることが分かります。
・・・しかし近年、その「メダカラ王国」にわずかに陰りが・・・そのことは、萩博で来春3/1から開催の「魅せます!萩の海」展で紹介しましょう。
b0076096_1132420.jpg
← さて、トーナメントを終えた子どもたちは、前回採集したタカラガイの標本づくりに挑戦!

専用の標本ケース、貝殻の質を傷めないワタやラベル・・・。
萩博が貴重な標本を未来に長く引き継ぐためにとっている、ベストの方法を伝授しました。
b0076096_1151159.jpg← 標本づくり、みんなけっこう楽しんでやってくれました。キレイでオシャレな標本が続々と完成していきます。

自分の手で一生懸命さがしてゲットした、タカラガイの標本。いつまでもずーっと大切にしててほしいですね。

そして、
みんなが大人になって この標本をふと見たとき、
今日のこと、2006年の宇田の海のこと、思い出してほしいものです。
(海洋生物担当:堀)
[PR]
by hagihaku | 2006-11-30 11:22 | 萩博講座(ワークショップ)
「花火の神」が乗り移った魚!?
今日(11/28)は、ちょっと久しぶりの宇田小学校の海の授業の日。
授業の終わりに、小学校に来られていた保護者の波田野さんから優雅な魚をいただきました。

b0076096_18164945.jpg← 長さ約25cm。ご存知の方も多いことでしょう、「ミノカサゴ」(蓑笠子)〔カサゴ目フサカサゴ科〕。

10/4ごろに阿武町沖の宇田島近くでとれ、波田野さん宅で飼育されていたとのこと。

萩の海でダイビングをすると時々この魚に出会いますが、いつも人間を恐れることなく、胸びれをめいっぱい広げ、ス~っと真正面から威圧的に近寄ってきます。

・・・まるで、自分を見せるために生まれてきたかのように。まさか、「花火の神」が憑依している!?

でも、美しいものには毒があるもの。この魚、ひれのトゲに毒があるので、触るのは超・厳禁×××。

・・・こんな妖しさ満載の魚ですが、短期間だけでも当館エントランス(無料ゾーン)の萩博大水槽で飼育展示できればと、研究室で飼育調整しています。

もし飼育展示が可能になりましたら、またお知らせしましょう。

(海洋生物担当:堀)
[PR]
by hagihaku | 2006-11-28 18:54 | いきもの研究室より
タカラガイの「足の裏」!
昨日、タカラガイの「足の裏」を見たいというリクエストをいただきましたので、
先日木原君が鹿児島で採集してきたヤクシマダカラの「ヤッくん」に登場してもらって、足の裏を見せてもらうことにしましょう。
b0076096_1373624.jpg← ズバリ、こんな感じです。水槽のガラス壁の内側に足で張りついているところを、水槽の外から撮影しました。

「・・・何これ??虫?」「ちょっと気持ち悪っ・・・」と思う方もいるかもしれませんが、身近なモノだと・・・そう、店で売られているアワビを連想しますね。アワビもタカラガイも同じ、巻貝のなかまですから。

全体の長さ約6cmで、上側が前、下側が後ろ。そして、クリーム色の広い楕円形が「足の裏」。前のオレンジ色の球は口です。
こうやって何かの上に乗っかったり張りついたりして、足の裏の筋肉をメラメラ・ジワジワと波打たせながら移動するのです。
b0076096_138226.jpg
← ときには、足の脇をギューっと絞って、こんなふうにヒョウタン形になることも。

ところで「ヤッくん」、前は「外套膜」(がいとうまく)の撮影に協力してもらったり、今度は「足の裏」を見せてもらったりと、先日からモデル扱いですな~♪


タカラガイの足の裏は、10/15に紹介したサザエの足とは違いますね。
同じ巻貝のなかまでも、サザエは足の裏が溝で左右に分かれていて、「2本」の足を右・左・右・・・と動かしながら移動します。

こうして水槽で貝を飼育すると、自然界でも見ることのできない
貝の隠れた秘密まで のぞき見ることができるのです。

(海洋生物担当:堀)
[PR]
by hagihaku | 2006-11-27 13:21 | いきもの研究室より
あのエビの正体を。
b0076096_954968.jpg11/18と11/20に紹介した、大島港のエチゼンクラゲの体の表面から見つかったエビ

長さ2~3cmほどの小さなそのエビの正体を、ちょっとくわしく紹介しましょう。
■このエビの正体は?
「クラゲモエビ」(海月藻海老)という種類のエビ(十脚目モエビ科)。
エチゼンクラゲなどの体の表面につき、クラゲと共に海をただよって旅をしながら暮らします。

■このエビとクラゲとはどんな関係?
触手に毒のあるクラゲについていれば、魚などの敵から身を守ることができます。また、クラゲの餌のおこぼれにもあずかることができます。そのお返しに、クラゲの体を掃除してあげる。・・・こうして、クラゲとエビは「共生」関係にあるとのこと。

甲殻類の専門家・林先生たちが、このエビの生態を調べて下の報文にまとめておられます。

林 健一・坂上治郎・豊田幸詞, 2004: 日本海および東北地方の太平洋岸に出現したエチゼンクラゲに共生するクラゲモエビ. Cancer, 13: 9-15

この文献によると、このエビ、クラゲから離しても長く飼育することができたとのこと。
b0076096_9553368.jpg← そこで萩博のバックヤードでも、クラゲモエビ4匹を飼育してみることに。

ヤクシマDAKARAの「ヤッくん」と一緒の水槽。
水槽のガラス壁の右上に、主人の「ヤッくん」がへばりついていますね。
でも、「クラゲモエビ」は?どこにいるか分かりますか―?

冒頭の「クラゲモエビ」の単独ショット。その1/2サイズがこの水槽写真のどこかにスッポリはまるようになってます。よーく探してみてくださいね。
大海原をただようクラゲの表面とは違う、石がゴロゴロした海底の環境ですが、彼らはここでもうまくやっているようです。

(海洋生物担当:堀)
[PR]
by hagihaku | 2006-11-25 10:11 | いきもの研究室より
大海星がゾワゾワと・・・
でました!ヒトデです。
ヒトデは欧米では"sea star"(海の星)、"starfish"(星の魚)と呼ばれ、文字通り、星のような姿をした海底の生きもの。
日本では、「人の手」みたいだから「ヒトデ」といいますが、漢字では「海星」と書きます。
でも、人の手は指5本、星も突起は5つ。だから、ヒトデは腕が5本あるのがふつうですよね。
b0076096_17131819.jpg
ところがこのヒトデ・・・腕が9本もありますね!

「ヤツデスナヒトデ」(八手砂海星)という種類で、
その名のとおり8本の手(=腕)がある砂地のヒトデ。

けれども、9本、10本も腕がある場合もあるとのことで、この写真のは「9本バージョン」なのです。
11/21(火)、長門市青海島の紫津浦での潜水調査のとき、水深10mぐらいのところで発見。

ところでみなさん、このヒトデ、どれぐらいの大きさだったと思います?
一本の腕だけで、長さ約25cm
全体の幅にすると、な・ん・と・・・約50cm超!!
18インチのピザより大きい、大海星だったのです☆

今宵もこの大海星が、海底をさまよい歩くことでしょう。ゾワゾワと、獲物を求めて・・・
あなたの夢にも・・・登場するかも。

(海洋生物担当:堀)
[PR]
by hagihaku | 2006-11-24 17:32 | いきもの研究室より
秋空を飛ぶアジ!?
b0076096_19122284.jpg先日、私(堀)は久々に長門市青海島で潜水調査。成果は後日ご報告しますが、その日、水深20mまで潜って再び浅いところに戻ってきたときのこと・・・。

浅い海底を泳いでいると、なんだか頭の上の方が騒々しいのです。
なんだろうと海面の方を見上げたら・・・、

← 長さ10cmほどの魚がいっぱい!! 
渦(うず)を巻いて、狂ったように乱舞しています。
この魚、みなさまおなじみのアジ・・・「マアジ」(真鯵)です。どうやら、私が海底で吐いた泡をエサと思って集まってきているらしいのです。

このあたりでは釣り人がよく「まき餌」をしてアジなどを釣ります。私が吐いた泡― それが水面に浮かんで散っていく様子が、「まき餌」に似ていたのでしょう。

b0076096_19264468.jpg海面を通して見える、青い空と白い雲。→

その視界のなかで、
私が息を吐くとアジが集まり、息を止めるとアジが散らばり、また吐くと集まり、止めると散らばり・・・ 

まるで秋の空を自由に飛んでいるかのような、元気いっぱいのアジたちでした。

(海洋生物担当:堀)
[PR]
by hagihaku | 2006-11-23 19:42 | いきもの研究室より
大島中学連携授業
b0076096_1893774.jpg
11月22日に大島中学の連携授業がありました。この授業も残す
ところあと5回となり、堀よりこれからのスケジュール確認があり、
その後、貝班と昆虫班に分かれて、今までの調査の総まとめを
しました。特に昆虫班は、12月26日から始まる「昆虫ワールド
in萩」に出展するために、今回の授業でまとめた結果をパネル
でどのようにお客さんに伝えるかというデザインまで考えなくては
ならないという強行に踏み切りました。b0076096_18222388.jpg
[PR]
by hagihaku | 2006-11-22 18:25 | 萩博講座(ワークショップ)
歴代首相なんでもベスト5、WEB上でも公開!
現在当館で開催中の「七人の宰相展」&「井上剣花坊と川柳展」、皆さんもうご覧いただけましたか?

じつは開会して間もないころのことですが、企画展示室でNPOのあるスタッフの方とお話ししていたところ、「よくお客さんから、展示室の歴代総理大臣の一覧や、いろんなデータが掲載されたパネルの内容をプリントしたものがほしいと言われるのよ」というお声を頂戴しました。

b0076096_827208.jpg

そこでどうせやるならと思い、当館のホームページ担当の山本さんにお願いして、急きょ当館の公式サイト上でパネルのデータを公開することにいたしました!1週間ぐらい前にはすでにアップが済んでいましたので、ひょっとしたらご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。

とくに見ていただきたいのが「歴代首相なんでもベスト5」というページです。山口県が全国最多の8人の首相を送り出したというのはさておき、ここにはあの前首相の小泉さんや、私の世代であれば小・中学生のころに首相だった中曽根さんなど、皆さんの記憶に新しい名前が見られると思います。

さらにここだけの話ですが、これから日本史で大学受験に臨もうとしている諸君!「歴代総理大臣一覧」(PDFでダウンロード化)というページを丸暗記すれば、近代史については得点アップ間違いなしです。かくいう私が受験生の時には、ある特殊な覚え方で歴代首相を全部暗記していました(過去形でスミマセン、現在はかなり怪しくなりつつあります)。

それはともかくとして、伊藤博文・山県有朋・桂太郎・寺内正毅・田中義一・岸信介・佐藤栄作の7人についてはゆかりの資料を展示しています。現首相の安倍さんを含め、山口県が生んだ「8人の宰相(首相)」についての足跡を回顧する機会にしていただければ幸いです。

(道迫)
[PR]
by hagihaku | 2006-11-21 18:59 | 企画展示室より
「とんでもない所」とは・・・?
11/18(土)にご紹介した、とんでもない所で見つかった「タダモノではない!?エビ」

その、「とんでもない所」とは いったいどこでしょう?・・・というクイズでしたが、考えてみてくれましたか? 今日はここで正解を。

正解は、②。萩市沖の大島の漁港の中をただよっていた、巨大クラゲ「エチゼンクラゲ」・・・その体の表面で見つかったエビなのでした。

b0076096_19371438.jpg11/13のブログで、大島の港内にエチゼンクラゲがたくさん現われ、それにイボダイ科かエボシダイ科の魚の子どもが寄り添っていたお話をしましたよね。

その魚を採集して名前をちゃんと調べようと、11/15にまた大島に行った際、タモ網でエチゼンクラゲをまさぐっていたところ・・・
・・・魚はとれず、エチゼンクラゲの体の一部がちぎれて網に入ってしまったのです。

「あ~ぁ・・・」とため息をつきながらも、ちぎれたエチゼンクラゲの一部をよーく観察してみたら、この2~2.5cmほどの小さなエビが付いていたのです。
どうでしょう?意外なところにもエビがいるものですね。

このエビ、いったいナニモノ!? こんなところで、何をしていたのでしょう?
・・・今、いろいろな資料を集めてまとめているところですので、
それはまた後日のトピックスとしましょう。

(海洋生物担当:堀)
[PR]
by hagihaku | 2006-11-20 19:49 | いきもの研究室より
タダモノではない!?このエビ
b0076096_15495480.jpg先日、萩市内のある場所で、小さくてキレイなエビを4匹ゲットしました。

← 4匹のうち一番大きな、長さ2.5cmの個体を写真に撮りました。

生きているのに、まるで茹でてあるかのように鮮やかな朱色。
白い脚(あし)にはオレンジ色の点々があってなかなかオシャレです。


・・・そうは言っても、ふつうにいそうなエビにも見えますよね・・・
でも、実はこのエビ、「へぇ~」と驚くような、とんでもない所で見つかったのです!!その「とんでもない所」とは・・・次の3つのうちどれでしょう??

① 萩博常連・木原君が鹿児島で採ってきた、生きたタカラガイ・・・「ヤクシマダカラ」の貝殻の内側。
〔※ヤクシマダカラとは・・・→11/9ブログ

② 萩市沖の大島の漁港の中をただよっていた、巨大クラゲ・・・「エチゼンクラゲ」の体の表面。
〔※エチゼンクラゲとは・・・→11/13ブログ

③ 萩市の菊ヶ浜の、波打ちぎわから離れた、ひからびそうな水たまりの中。
〔※菊ヶ浜とは・・・→11/7ブログ

この3つのうち、どれが正解だと思いますか?
この世に、こんなところに住むエビがいるんだ~っと感心するようなエビです。
みなさん、考えてみてくださいね。答えは2~3日内にこのブログで。

(海洋生物担当:堀)
[PR]
by hagihaku | 2006-11-18 16:05 | いきもの研究室より