<   2007年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧
☆サメハダホウズキイカ写真集☆
4/13に萩市三見の定置網で採れた深海イカの「サメハダホウズキイカ」をご紹介しましたね。
「鮫肌」の肌と、「ほおずき」のような胴体、そしてカワイイ風貌が多くの方々のツボにハマったのか、その後みなさまから大反響をいただきまして、このイカ、かなり有名になったようです。

そんな今話題の「サメハダホウズキイカ」がまたまた萩近海に浮上!!
  採集地: 阿武町筒尾 第二外海栽培漁業センター
                岸壁のいけすの下・水深約2m 
  採集日: 2007年4月29日(日) 朝7時前
  採集者: 第二外海栽培漁業センター 坂井さん
先日下関市の海響館でも入手されたようなので、これで山口県内6例目となります。
坂井さん、ご寄贈ありがとうございました。

イカはまだ元気に生きているので、萩博の研究室の小型水槽に入れて観察を。
ただ、前回の三見の個体は萩博にやってきた後、一晩で死んでしまったので、
今回は生きているうちにたくさんの写真や映像を撮って生態を記録することに。

動画はここで紹介するのは難しいので、たくさん撮った静止画の中から選りすぐりのものをここで紹介しましょう。
「サメハダホウズキイカ」の生き生きとした表情を収めたミニ写真集(!?)です。ごゆっくりお楽しみください↓↓
b0076096_10182068.jpg
胴体の長さ7.5cm、足までふくめると長さ13cmぐらい。

ここでちょっとご確認を。イカは、足がある方が「前」、胴体の方が「後ろ」
なので、この写真では体を左側から見た状態です。

体はほとんど透明で、目と内臓(胴体の中の金色に見える部分)だけが輝いています。内臓は、こんなに小さいのですね!

b0076096_10184596.jpg
水槽の中では、ほとんどいつもこんな体勢。

胴体の後ろを下に垂らし、足を前に突き出して垂らし、
・・・積極的に動くことはなく、ぼんやり漂っています。

深海でもいつもこんな感じなのでしょうか・・・。

b0076096_1019550.jpg
背中側から見たところ。

さっきまでの写真では、胴体の中に内臓が金色に見えていましたが・・・
背中側から見ると、内臓はほとんど見えません。

目の上側の縁は、真っ黒ですね。
海中で敵が上から見たときに、暗い背景に溶けこんで見えにくくなるのでしょう。

b0076096_10193061.jpg
今度は、お腹(おなか)側から見たところ。

やはり、お腹側から見ると、内臓がちゃんと透けて見えます。

また、目の下側の縁には、先日ブログで紹介したように発光器があります。

・・・こうして内臓や目は輝くので、海中で下から見上げたとき、明るい背景に溶けこんで見えにくくなるのでしょう。

b0076096_10201196.jpg
フワフワと漂いながらこちらを向いてくれたので、一枚撮りました。

顔の前に、2本の長い「触腕」(しょくわん)の陰に隠れて、短い8本の足がモジャモジャと生えているのが分かりますね。

b0076096_10203026.jpg
何を思ったのでしょう、「触腕」をピュッと上に上げて、ポーズをとりました。

それにしても、胴体の表面・・・ホントに「鮫肌」のようにザラザラですね!

b0076096_10204738.jpg
警戒しているのでしょうか?
・・・足を髪の毛のように全部上げ、こちらを向いてジーっとにらんでいます。

まるで飛行船みたい。イカとは思えませんね?
私のお気に入りのショットです。


・・・そこで、かわいそうとは思ったのですが、
ちょっとだけ手網で顔のあたりをつついてみました。
す・る・と・・・!!

b0076096_1021756.jpg
全身がサッと赤色に!!!
「なにすんだよぅっ!」と膨れっ面で水槽の隅へ。

イカのなかまは体の表面の色や模様でコミュニケーションをとるといわれていますが、
「サメハダホウズキイカ」もイカらしく表情豊かなところを見せてくれました。

この「サメハダホウズキイカ」、深海のイカなので長期の飼育は難しいと思いますが・・・、
可能な限り研究室で飼育していろんな特徴を観察し、ブログや展示などを通してみなさんに情報をお届けしたいと思います。

(堀)
[PR]
by hagihaku | 2007-04-30 11:56 | いきもの研究室より
海の夕暮れを
b0076096_1731941.jpg
みなさま、よいゴールデンウィークをお過ごしですか?

ここ数日、萩のまわりの海岸は、とてもいい夕暮れの表情を見せてくれています。
b0076096_1733681.jpg

私も昨日、所用で出かけたとある場所で、夕陽を撮影。

ゴールデンウィークはぜひ、萩博で開催中の「魅せます!萩の海」展(~5/15)を。
そして、晴れの日は ぜひとも近くの海岸にも出かけて、風景や貝拾いもお楽しみください。

みなさまのお気に入りの夕陽スポットが見つかるといいですね。

(堀)
[PR]
by hagihaku | 2007-04-29 17:24 | いきもの研究室より
さびしいお知らせ
今日はひとつ、さびしいお知らせをしなければなりません。

3月から当館で飼育展示していた「幸せを呼ぶ白いナマコ」(愛称「メレンゲ」)が、
昨夜☆になってしまいました。

ゴールデンウィークに来館される方にも見ていただきたかったのですが・・・。
これまで長らくみなさまにかわいがっていただきましたこと、深くお礼申し上げます。

往時、「このナマコに願いを唱えたら叶った」とメッセージをくださった方もおられました。
なかには、「その日のうちに願いが叶った!!」という方までも。

白いナマコは、ふつう私たちが食用にする「マナマコ」が突然変異で色素がなくなったもの。
生存力が弱かったり、目立つため敵に襲われやすく自然界でなかなか生存できないともいわれます。
b0076096_983999.jpg
しかし、この白いナマコは萩の海に生まれてここまでたくましく生き、
さらに萩博に来て何人もの方に「幸せ」をお届けするという大役を果たしました。

← ありし日の、白いナマコ(愛称「メレンゲ」)
いままで萩博でこの白いナマコに出会った方々へ;
  萩の海の片隅で一生懸命生きる小さな生命がいたこと、そして、
  そんな小さな生命でも人の心を和ませられる大きな力をもっていたこと、
  忘れないでくださいね。

またいつか、萩の海で白いナマコが見つかり、萩博を通して多くのみなさまに「幸せ」をお届けできる日が来ることを願っています。

それまでしばらく、ナマコからの「幸せ」のお届けはお休みです。
その日が来るまで、私たち自身の力で「幸せ」になるために、頑張りましょう。

(堀)
[PR]
by hagihaku | 2007-04-27 09:42 | いきもの研究室より
「魅せます!萩の海」展 第8週目・クイズ当選者の発表!
3/1から開催している「魅せます!萩の海」展(3/1~5/15)、はじまって8週間がたちました。
開始の3/1以来、平行開催の企画展と常設展示とあわせた入場者数は約9,500人! 

さて、「魅せます!萩の海」展の関連企画のクイズでは、全問正解者から抽選で1週間に3名様にタカラガイのストラップを発送していますが、ここで第8週目(4/19~4/25)の当選者の発表を。

この週は28名の方々がクイズに挑戦。展示が始まってからの挑戦者の総数は445名に。

この週のクイズ挑戦者の方々のうち、全問正解者は20名。その中から抽選で選ばれた3名は・・・
T.K.さん(萩市)T.M.さん(宇部市)T.I.さん(大阪府枚方市)

明日、タカラガイのストラップを発送しますので、イニシャルに心当たりのある方、お楽しみに!

(堀)
[PR]
by hagihaku | 2007-04-26 16:22 | 催し物のご案内
チョウの恋愛事情
阿東町銅は、ギフチョウの産地として有名で4月上旬には全国からたくさんの採集者で賑わいます。さすがに19日ともなるとギフチョウも採集者も見られません。しかし、私の狙いはギフチョウではなくヤマトスジグロシロチョウです。このチョウは以前はエゾスジグロシロチョウと言われていましたが、北海道産と本州産が分かれて、本州産をヤマトスジグロシロチョウと呼ぶようになりました。このチョウは山口県内では極めて局地的に生息していて、萩市周辺ではここが最も多産しているのです。ここで観察していると、3頭(チョウは牛や馬のように頭と数えます)がもつれるように飛んでいました。
b0076096_11465287.jpg

1頭の♀に2頭の♂が奪い合うように飛んでいました.
チョウの三角関係です。
10分以上も奪い合っていました。





b0076096_11524340.jpg

下に降りて、交尾しているのにまだ執念深くまとわりついています。



一般にチョウは花から花へ飛んでいくことから、浮気者の代名詞となっていますが、実は、♀に関していえば、浮気は一切しません。ギフチョウやウスバシロチョウなどの原始的と言われているチョウは交尾した後、♂が貞操帯を♀に塗りつけます。それ以外の♀も交尾済みであれば、♂が近づいてくると交尾拒否行動といって、ハネを広げておしりを上に挙げる行動をします。
これは、成虫の時期が短い種に多く見られることから、時間と体力の無駄を省いているものと思われます。成虫の期間が長い種がこの行動をしている場面をみたことがないので、浮気をしているかも知れません。♂に関していえば、これが仕事ですから…。
(文責:椋木)
[PR]
by hagihaku | 2007-04-24 12:15 | いきもの研究室より
これはいったい!? Part 2
4/8に萩市須佐の澄岡さんから、大刈沖・水深25mの刺網でとれた
ナマコのなかま― クロナマコ科の一種をご寄贈いただいた話を以前のブログに書きましたね。

その際、もうひとつご寄贈いただいたモノがあったのですが・・・

そのモノは、これ。↓↓↓
b0076096_19155288.jpg
長さ約13cm。
ごぼう?ちくわ?お菓子?・・・いったい何だと思います?
これでも、間違いなく 海にすむいきものです。

さあ、いったいナニモノでしょう!? 答えはまた改めてお知らせしましょう。
写真とニラメッコして、想像してみてくださいね。

(堀)
[PR]
by hagihaku | 2007-04-23 19:20 | いきもの研究室より
「魅せます!萩の海」展 第6週目・クイズ当選者の発表!
「魅せます!萩の海」展(3/1~5/15) が始まって、
7週間がたちました。

関連企画のクイズでは、全問正解者から抽選で1週間に3名様にタカラガイのストラップを発送していますが、ここで第7週目(4/12~4/18)の当選者の発表を。

この週は24名の方々がクイズに挑戦。展示が始まってからの挑戦者の総数は417名に。

この週のクイズ挑戦者の方々のうち、全問正解者は20名。その中から抽選で選ばれた3名は・・・
H.K.さん(萩市)E.I.さん(山口市) Y.T.さん(福岡市南区)
b0076096_1245422.jpg
来週の早いうちにタカラガイストラップをお届けしますので、イニシャルに心当たりのある方、待っていてくださいね。

(堀)
[PR]
by hagihaku | 2007-04-20 12:46 | 催し物のご案内
旅する民俗学者・宮本常一のまなざし
萩博物館では、本年の12月22日から、
「美しい日本のまち・萩 ~ 旅する民俗学者・宮本常一のまなざし ~ 」
という企画展を開催します。

b0076096_20401241.jpg
宮本常一さんは、山口県の周防大島出身の民俗学者です。

1940年ころから、生活文化の記録のために全国各地を歩き巡りました。
1981年に亡くなるまでに、探訪のために歩いた距離は、地球4周分に及ぶとされます。
そしてその間、目に触れる日常の暮らしを、実に10万コマに及ぶ写真に切り取っています。




宮本常一さんは、1960年(昭和35年)から、
旧萩市内や萩沖の見島、六島、後に阿武川ダムの湖底に沈んだ旧川上村や福栄村に足跡を残しています。

宮本常一さん撮影の膨大な「写真群」は、
故郷である周防大島の周防大島文化交流センターに寄贈され保管されています。

昨年度より、その「写真群」を確認する機会を得たのですが、
萩・阿武地域の写真は、フィルム数で30本余、コマ数で2000コマ近くに及びました。


ここからが本日のブログの本題です。


b0076096_2013317.jpg実は、宮本さんが「ハッとして」撮り、「オヤッと思って」撮った萩・阿武地域の写真群を、文化交流センターのご厚意で借用することができました。

そして昨日より、NPOまちじゅう博物館の会員の方々と、
それら写真群の撮影場所や撮影内容の特定に取り組み始めました。







b0076096_20264263.jpg
宮本さんのまなざしの向こうにあったのは何なのか!
これから、写真群を読み解くことになります。

写真を手に、宮本さんの足跡をたどるようなワークショップも実施してみたいと考えています。
多くの皆さんのご参加をお待ちしております。


(清水)
[PR]
by hagihaku | 2007-04-18 20:50 | くらしのやかたより
「サメハダホウズキイカ」-そのヒミツの素顔
4/13に萩市三見でとれた深海からのカワイイ訪問者
・・・外套長(胴体の長さ)6cmのサメハダホウズキイカ

昨日、ブログ記者発表資料で紹介しましたね。そこで今日は、このイカのヒミツの素顔をちょっとくわしく紹介することとしましょう。

今回のサメハダホウズキイカ、実はご寄贈いただいた時点では生きていました。刺激を与えると透明な体をサッと赤く変えたりと、表情豊かでした。しかし・・・、

b0076096_19145787.jpg← 翌日4/14の朝、残念ながら衰弱。

・・・しかし、背景の容器の白色が見えるぐらい、よく透き通っていますね。
これだと、海の中で姿が見えにくいので、敵から身を守ったり餌に接近したりするのに便利。よくできています。
b0076096_19171639.jpg← その後、残念ながら☆になってしまいました。

そこで水から出し、側面から撮影。 体の重みで胴体(「外套」)が少し広がりましたが、「ほおずき」のように膨らんでいるのが分かります。また、表面が「さめはだ」のようにザラザラ。
・・・それにしても、この写真の撮影中、私はこのイカから 「ある懐かしいニオイ」 が漂ってきているのを感じていました。

どこかで嗅いだことがあるような・・・  私は頭の中で、その「ニオイ」の記憶をたどっていきました。

・・すると、ある強烈なモノにたどり着いたのです。それは、今年1/132/9に長門市川尻で見つかった「深海のモンスター」ことダイオウイカ! 
今回とれたサメハダホウズキイカ、あのダイオウイカと同じニオイがするのです!

b0076096_19283442.jpgそれもそのはず。
サメハダホウズキイカダイオウイカも、ふつう私たちが食べるイカと違って、体に塩化アンモニウムという物質を体液に含んでいます。

彼らは海水より密度が小さい塩化アンモニウムを使い、深海で浮力の調節をおこなっているのです。

悪臭というほどではないけれども、決して食べようと思えない独特のニオイ
・・・どうやらその正体は塩化アンモニウムのようです。
b0076096_19402658.jpgただ、ダイオウイカは塩化アンモニウムが溶けた溶液を体の筋肉の中にあるたくさんの小さな空洞に入れていますが・・・、
サメハダホウズキイカの場合は、胴体をタンクのように使ってタプタプとまとめて貯蔵しています。

サメハダホウズキイカ、だから「ほおずき」のように胴体がパンパンなのですね!
b0076096_19413770.jpg↑左上の写真は、お腹(おなか)側から撮影したものですが、・・・
← その写真のの部分を拡大してみました。

・・・すると、眼のまわりがギラギラ!まるで、たくさんの宝石がはめこんであるようです。なんとオシャレな!
この宝石のように見えるものは「発光器」。海の中で、ここから光を放つといいます。

一番最初の写真のように、サメハダホウズキイカは海中で体のほとんどが透明なので、自分の姿をくらますことができます。しかし、眼は透明ではないのでこうして光を出し、下にいる敵から眼の影が見えないようにしていると考えられています。

発光するのはオシャレではなく、生きていくための工夫だったのですね。
b0076096_19434281.jpg
さて、このサメハダホウズキイカ、これまで萩や山口県でどれぐらい採れたことがあったのだろう?と思って、まずは萩博に保存されている田中市郎コレクション(博物学者の故・田中市郎氏が1930~1940年代にためた生物標本)をチェックしてみました。

← すると、2個体だけ、ホルマリン漬けの標本を発見(胴体の長さ: 左5cm、右8cm)。
さらに、山口県水産研究センターが1992年10月に三隅町(現・長門市)の仙崎湾内で1個体確認しておられるとの記録がありました。

しかし、それ以外は全く標本や記録もなく、萩では約60~70年ぶり3度目、県内の日本海沿岸全体でも4度目という貴重な発見となりました。

それにしても、先月のダイオウイカ昨年のテンガイハタのように、萩近海には深海のいきものたちが次々と出没しますね。
どうして彼らがこの海にちょくちょく現われるのか・・・その理由はまだ謎に包まれています。数年前から、萩博物館、山口県水産研究センター、海響館が共同で調べているところです。

今回のサメハダホウズキイカの標本はもちろん、
萩博物館の今夏の企画展 「君と竜宮城へ ~知られざる深海への旅~」(7/7~9/2)にて、みなさまに展示公開したいと思っています。

今夏は萩博で、深海の生きものたちのささやきを聞いてみませんか。

(堀)
[PR]
by hagihaku | 2007-04-18 20:02 | いきもの研究室より
深海からカワイイ訪問者・・・「サメハダホウズキイカ」
4/13(金)、山口県漁協三見支店から萩博物館に電話が入りました。
「定置網にクラゲのようなイカがかかった」と・・・。

私(堀)が見にいったところ、海水が入ったコンテナに、透明のホオズキのようなかわいいイカがフワフワ。大きさは、胴体の長さ6cmほどの手乗りサイズ。

このイカ、胴体の表面がさめはだのようにザラザラ。
そして、胴体そのものがホオズキのようにパンパンにふくらんでいます。
・・・間違いありません、「サメハダホウズキイカ」です。

このイカは深海(=水深200mより深い海)にはたくさん生息しているようですが、定置網がしかけられているような水深せいぜい20mばかりのところに現われることはほとんどありません。

調べたところ、山口県の日本海側で標本や記録として残っている前例は萩で2例、長門で1例だけ。たいへん貴重な発見となりました。

三見支店の方の好意で実物をご寄贈いただけたので、昨日、記者発表しました。
詳しくはHPに記者発表資料を掲載しましたので、ぜひご覧ください。
こちら→→記者発表資料

b0076096_1717294.jpg深海からのカワイイ訪問者・・・「サメハダホウズキイカ」。

このイカ、カワイイだけではなくて、ヒミツの能力意外な素顔を隠しもっています。
それは明日のブログで紹介しますので、またお楽しみに!

(堀)
[PR]
by hagihaku | 2007-04-17 17:24 | いきもの研究室より