<   2008年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧
小さな「おはぎ」のような生命体・・・その正体は!?
7/24(木)の夕方のこと。
萩の沖の日本海にうかぶ大島の大島公民館の藤田さんから一報が。

大島の漁師さんがある生きものを採集されたとのことで、託った藤田さんが萩博物館まで届けてくださいました。

そのある生きものとは・・・

b0076096_1062765.jpg
それは、こんな姿。

長さ4.4cm。手の平にのせると、真っ黒い体をモゾモゾ動かして這い回ります。

まるで小さなおはぎのような生命体。

その正体は・・・「海の宝石」と呼ばれるタカラガイ。しかも、貝殻が黒瑪瑙(くろめのう)のような重厚なオトナっぽい輝きをもつ人気の種類・・・クチグロキヌタ(口黒砧)

以前よりこの萩博ブログでもちょくちょく紹介していますように、タカラガイのなかまは海底で生きているときは、キレイなピカピカの貝殻を外套膜(がいとうまく)という地味な膜でスッポリ覆い隠しているのです。

この外套膜からは貝殻の表面をピカピカにする物質が分泌されているので、いつも貝殻はピカピカに保たれます。さらに、ピカピカの貝殻をこの外套膜で覆い隠していることでまわりの風景に溶けこみ、敵に発見されにくいというわけです。うまくできていますねー。

タカラガイは、刺激を与えられたり敵におそわれると、外套膜を貝殻の中にしまいこんでカタ~イ貝殻にこもって身を守ります。

b0076096_10243490.jpg・・・ところがこのクチグロキヌタ君、なぜか全く外套膜を貝殻にしまおうとしません。敵にひるまない、堂々とした性格のようです。

というわけで、外套膜の下のピカピカの美しい貝殻も撮影してこのブログでご紹介したかったのですが、それは叶いませんでした・・・
今日より萩博大水槽にデビューしましたので、みなさま、実物でご確認ください。

ただし、ほとんどいつも水槽の底の石に擬態したり、石の裏に隠れたりしていますので、もし見つけることができたら・・・きっと黒瑪瑙(くろめのう)パワーであなたに幸運がおとずれることでしょう!

(堀)

■採集データ
採集地: 萩市相島の南西 水深2.5m
採集日: 2008年7月24日 13:30ごろ
採集者: 舟戸 勇さん(萩市大島在住)
殻長: 4.4cm
 
[PR]
by hagihaku | 2008-07-29 10:10 | いきもの研究室より
萩の海の夕暮れ
b0076096_7525136.jpg
「風雲!昆虫城」展が始まってから、連日のようにイベント等でバタバタしていましたが、昨日、久しぶりに帰宅途中に近くの菊ヶ浜に寄ってみました。

萩の夏の海、なかなかいい味を出していますね~。
みなさまも、萩の海で泳ぎ、萩の海の幸を食べ、萩博物館で展示やイベントを楽しんだ後は、ぜひ県内屈指の夕日ポイント菊ヶ浜の夕暮れで一日の疲れをいやしてくださいね。

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2008-07-29 07:57 | いきもの研究室より
「『風雲!昆虫城』展PRビデオ」がうまく再生できない方へ
昨日より萩博物館ホームページで公開を開始した「『風雲!昆虫城』展PRビデオ」がうまく再生できないというお問い合わせを何件かいただきました。

ご迷惑をおかけし申し訳ございません。お手数をおかけしますが、下記のことを試みてみていただけますでしょうか。

まず、Windows Media Player 9 以上をインストールしてご鑑賞ください。
インストールはこちら→http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/download/default.aspx

また、この動画は24.9MBと容量が大きいため、ダウンロードに時間がかかる場合があります。
そのため、すぐに再生ボタンを押すと動画が途中で停止したり、細切れになってなかなか進まない場合があります。
そのような場合は一時停止ボタンを押してしばらく待ち、すべてのダウンロードが終了してから改めて再生ボタンを押してください。

お急ぎのところお手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2008-07-28 18:48 | 展示のご案内
「風雲!昆虫城」展PRビデオの公開を開始!
去る6月のある日のこと。

b0076096_1354648.jpg
博物館内の一室にて。
まるでアナウンサーのように、テレビカメラの前で何かをナレーションするTami事務局員の姿が・・・。

いったい、何ごと!?
b0076096_13545523.jpg
清水主任学芸員の姿も。
演技には人一倍こだわりのある清水主任学芸員、流暢に、感情を込めてなにやら話しています。

抑揚の付け方などはまさにプロ並み。それが、私たち萩博スタッフの間で、「『劇団シミズ』の団長」 とまで言われる所以です。
b0076096_13561579.jpg
一方、萩博物館の前庭には、敷地内の隅矢倉に向かう萩ケーブルネットワークのスタッフのみなさんの姿が。

日ごろはひっそりとしている隅矢倉で、これから何を撮影するのでしょう!?
b0076096_13565347.jpg
隅矢倉に入ってみると・・・そこにはなにやら怪しいコスプレ集団が。

裃(かみしも)姿の武士に、金ぴかの悪代官のような姿の人物までもがなにやら打ち合わせをしています。
b0076096_13572415.jpg
そしてやがて始まった撮影のワンシーン。

障子の向こうに人影が・・・ん?カブトムシの角の頭をした殿様のようですね。
b0076096_1358594.jpg
殿様(右)に向かって、家臣(左・中央)がなにやら真剣に話しかけ、密議をしているようです。
b0076096_13584029.jpg
さらに別のとある海岸にて。

懸命に撮影する萩ケーブルネットワークのスタッフのみなさん。
そのカメラの向こうにはナゾの黒い人物の姿が・・・

こうして萩博物館スタッフが原案・脚本の作成~出演~監修までおこない、萩ケーブルネットワークの方々の撮影・編集により完成した珠玉の映像・・・「『風雲!昆虫城~カブトムシたちの戦記~』PRビデオ」

これまでは萩市・長門市の小学校へのみ配布していましたが、ついに昨日より萩博物館ホームページでもみなさまに広くご覧いただけるようになりました!

「風雲!昆虫城」展を見に来られる前に、ぜひこのPRビデオをご鑑賞ください。
↓↓↓↓↓
http://www.city.hagi.yamaguchi.jp/hagihaku/event/0807huuun/movie.htm

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2008-07-28 14:01 | 展示のご案内
「風雲!昆虫城」展、来場者5,000人突破!
「風雲!昆虫城」展、開幕からちょうど2週間が経ちました。おかげさまで連日盛況で、すでに来場者数は5,000人を突破しました!!!

b0076096_15301547.jpg
本日(7/26)は土曜日ということもあり、平日以上の人出。
私がふと展示室を見てみると・・・
ん? じぃ~っと展示物に見入る少年が一人・・・
b0076096_15311782.jpg
・・・と思ったら、オフで来館中のK課のMクンではありませんか!

「ほげ~・・・すげぇ~~っ」と言いながら、何をそんなに見入っているのでしょう?
b0076096_1532070.jpgMクンの視線の先にあるのは・・・おっ!お目が高い! 南米ブラジルからやってきた美しいチョウ・モルフォチョウ一族

これらのチョウ、われわれ人間の目には、確かに青く輝いてみえます。しかし、実はその青は虚構で、本当の色は茶色。
翅(はね)の表面の茶色い鱗粉に刻まれた特殊構造により、人間や鳥の目には青く輝いて見えるのだそうです。
なぜそんな構造をもっているのか・・・ぜひあなたも展示を見て確かめてください!

b0076096_15335061.jpg
だれでも参加できる、展示を見ながら解いていくクイズ「昆虫城への通行手形」も人気。

写真は、「昆虫城の城下町」にたどりつき、クイズの最終問題に親子でワイワイ挑戦する来場者のみなさん。
b0076096_15345682.jpg平日限定・団体専用プラン(20名以上;事前に電話予約要)も大人気。
児童クラブ・町内会のみなさんを筆頭に、すでに数百人の予約が。
昨日は予約者のご希望に応えて展示キャラクターの華舞闘侍(かぶとざむらい)も登場し、参加者のみなさんと昆虫ウルトラクイズを楽しみました。
(※団体プランで華舞闘侍との交流をご希望の方は電話予約時にお申込みください。)
b0076096_15372267.jpg会期(7/12~8/31)中の毎週日曜には展示の関連イベント「Kabuto-1(カブトワン)グランプリ」を開催。
毎週異なる世界のカブトムシ・クワガタムシ6種類が登場し、「昆虫王」の座をめぐって勇ましくバトルします。
(※ご自分のカブト・クワガタをバトルに参加させたい場合は、2日前の金曜までに萩博物館に電話で種類・体長をお知らせの上、お申込みください。0838-25-6447 担当:椋木・堀)
「Kabuto-1グランプリ」は明日7/27(日)も10:3014:30からおこなわれます。当日来館されてから受付で申し込んでいただき、先着20名となっています。毎回すぐにいっぱいになってしまいますので、定員を増やして催行中ですが、ご来館はどうぞお早めに。

b0076096_15383490.jpg同じく会期中の毎週日曜に関連イベント「ドクタームッシーの昆虫実験室」も開催。
ドクタームッシーの怪しい実験室を訪問し、クイズや実験を楽しみます。
このイベントも明日7/27(日)の13:0016:00から開催。当日来館されてから受付で申し込んでいただき、先着20名で催行となっています。さあ、明日はいったいどんなアヤシイ(!?)実験がおこなわれ、どんな昆虫のトリビアがひも解かれるのでしょう!

この夏は萩博物館で「風雲!昆虫城」展をたっぷりとお楽しみください。

(堀)


※ 休日に「風雲!昆虫城」展へお越しのみなさまへ
土日祝は来館される方が多数のため、萩博物館駐車場が混雑し入庫しにくい場合があります。その場合は、駐車場内の大型車レーンや、徒歩約15分の距離の萩市民球場駐車場もご利用ください。暑い中、お手数をおかけしますがよろしくお願い致します。みなさまのご来館を心よりお待ちしております。
[PR]
by hagihaku | 2008-07-26 15:47 | 展示のご案内
【お詫び】「長州砲」の展示の遅延について
しばらくのあいだ、なにも書き込まずにたいへん申し訳ございませんでした。

道迫です。

実は明日、萩・デスティネーションキャンペーンの関係で、わたしは「イギリスから萩に里帰りする長州砲」をテーマにお話しする「予定だった」のです。

ですが、わたしがその後、まったくこのブログになにも書き込まなかったということでお察しいただけると思いますが、実はその、肝心な「長州砲」が、まだ萩博に届いていないのです。

これについては一部、新聞で報道されましたのでご存知のかたもいらっしゃるかもしれません。わたしはこれまで、あまりにも情報が混乱していたため、確実になってからと思っていたのですが、新聞が報じてしまったので、これを機にご案内させていただきます。

現在のところ、9月上旬には当館で展示ができる「予定」というのが、いっぱいいっぱいのところです。

これほどまでに遅延した理由は、わたしは交渉担当でないのでよくわかりませんが、新聞では、あくまでもイギリス側の手続きが遅れた、ということでした。

よって、明日からわたしは、3回ほどキャンペーン期間中にお話することになっているのですが、確実に明日の分とその次の8月7日の分は、現物がない以上、お話の内容を少し変えさせていただかざるをえない状況となってしまいました。

なにもお断りをしないのも、万が一ご期待いただいている方がいらっしゃれば失礼かと思い、あえてここに書き込ませていただきました。おわびかたがた、くれぐれもご容赦をいただきますようお願い申し上げます。

なお、9月15日から始まる特別展「明治維新の光と影」については、もうまもなく、当館のホームページ上で、詳しい情報をご案内させていただくことになると思います。どうぞ、ご期待くださいませ。


(道迫)
[PR]
by hagihaku | 2008-07-26 00:00 | 歴史資料調査室より
残り1年を切りました
なんと!!来年2009年7月22日(水)に日本で皆既日食を見ることができます。
ただし、皆既になるのは、奄美大島北部、トカラ列島、屋久島、種子島南部などです。

b0076096_22264128.jpg

各地の最大食分(画像提供:国立天文台)


ここ萩市では約90%が欠ける部分日食を見ることができます。
時間帯は、午前9時30分ごろ~午後12時ごろです。


日食とは、太陽の前を月が横切り、太陽を隠してしまう現象のことです。
b0076096_22225340.jpg

日食が起こるしくみ(画像提供:国立天文台)


いよいよ、その2009年7月22日(水)まで、1年を切りました!どんな風に日食が起こっていくのか、ぜひ自分お目で確かめてみて下さい。
しかも来年2009年は、世界天文年です。
世界中で様々な天文関連のイベントが開催されるので、そちらもご期待ください。

[PR]
by hagihaku | 2008-07-25 22:40 | 天体観測室より
「風雲!昆虫城」展オープニングセレモニー・・・その結末は!?
風雲!昆虫城

先日の萩博ブログでご紹介した「風雲!昆虫城~カブトムシたちの戦記~」のオープニングセレモニーの続きです。

「昆虫城・・・それはこの世のどこかにあるという、カブトムシが治める伝説の城。
そこでは、多くの昆虫が平和に暮らしていました。
ところが今、その城がナゾの敵にねらわれているというのです・・・。」


・・・というrie事務局員のナレーションの後に登場した2人のクワガタムシ頭+裃姿の昆虫城家臣たち。

b0076096_1144572.jpg
「殿~っ!殿はいずこじゃ~っ!」
「昆虫城の一大事でございます~!!」

・・・と叫びながら、エントランスのセレモニー参加者の間を走り回っていたところ・・・
b0076096_1145334.jpg「なんじゃなんじゃ! 騒々しいーっ!」
奥の方からある人物がノソノソと登場。 

「ええい、何ごとじゃ~!!わしを呼んでおるのは誰じゃ!」
金ぴかの着物にカブトムシの頭・・・どうやら、昆虫城の城主のようです。
(悪代官のようにも見えますが・・・)

さっきまでエントランスを走り回っていた家臣たち、ほっとした表情で城主のそばにそそくさと集結。「殿~!!そちらにいらっしゃいましたか!!探しましたぞ。」
b0076096_11463748.jpg
家臣: 

「殿!殿! 昆虫城の一大事でございます。ナゾの敵に昆虫城が襲われております・・」
b0076096_1146594.jpg
城主:

「なにっ!?  わが昆虫城もこれまでか・・・」

「・・・いや! まだ望みはあるぞ!
そうじゃ、華舞闘侍(かぶとざむらい)じゃ!昆虫城の危機を救えるのはあの男しかおるまい。華舞闘侍を呼べぃ!華舞闘侍を呼べぃ!!」

・・・と、城主の声がエントランスに響きわたりました。
ナゾの敵に侵入された昆虫城の城主、城の危機を乗り切るため華舞闘侍なる人物の出動を要請したようです! 

ずいぶんあきらめが早くて、すぐに他人に頼ろうとする殿だこと・・・^_^;


す・る・と・・・
エントランスの反対側、参列者の後ろの方から声が。

「華やかなること 花のごとく
舞いあがること 鷹のごとく
闘うこと 獅子のごとし・・・」

b0076096_1150408.jpg
低い声とともに、黒いマントの人物がエントランス後方に現われました。

この展示のキャラクターの華舞闘侍(かぶとざむらい)です!
あの華舞闘侍が、オープニングセレモニーに姿をあらわしました!
b0076096_11511139.jpgあっけにとられるやら、ざわめくやらの参列者の席の間を通り抜け、来賓席の前にさしかかったかと思うと、マントを翻して刀を抜き、

「やあみんな、拙者は昆虫界さすらいのお助け人・・・華舞闘侍でござる!」
・・・と決めポーズ!
b0076096_1151443.jpgそして華舞闘侍いわく、

「みんな聞いたか?昆虫界の奥地にあるという昆虫城が危機らしい。
みんな、拙者とともに昆虫界へ!そして、みごと昆虫城にたどりついて敵の正体を見きわめ、城の危機を救うのだ!!」
b0076096_1152951.jpg「が、いまはまだ人間界と昆虫界の間が仕切られている。それを断ち切らなければみんなは昆虫界に入ることができない。では、仕切り・・・テープを断ち切って昆虫界へ突入だ!」

・・・てな感じで華舞闘侍に煽られ、市長、議員、展示協力者、明倫小の子どもたちでテープカット!!
こうして人間界と昆虫界の間の「結界」が断ち切られ、オープニングセレモニーは大盛況のうちに終了。その後、参列者は昆虫界(=展示室)の内覧会へと旅立っていったのでした。

ここから先、オープニングセレモニーに先立って明倫小の子どもたちに「プレ内覧会」の写真を少しだけ。

b0076096_11544454.jpgここが「風雲!昆虫城」展の会場入口。

右側に、ツタなどの草でおおわれた怪しいトンネルが見えます。このトンネルが通称「昆虫界トンネル」 。このトンネルをくぐりぬけると、そこは人間界の常識は一切通用しない、昆虫たちの世界-「昆虫界」 なのです。
b0076096_11554526.jpg昆虫界トンネルの前にならび、突入の時を今か今かとワクワクして待つ明倫小の子どもたち。

そして、これから昆虫界に入るにあたっての「心がまえ」などを丁寧に話すNPOガイド班の尾崎さん(列の先頭)。
b0076096_11562618.jpgそして、いよいよ突入の時がやってきました! 明倫小の子どもたち、昆虫界トンネルに突入!! 
このトンネルの向こうは、総勢3,000種・10,000匹もの昆虫たちが待ちかまえている昆虫界。この後、彼ら・彼女らは何を目撃し、どんな体験をすることになったのか・・・!?
・・・それは彼ら・彼女らだけが知っています。

というわけで、7/11(金)のオープニングセレモニーとプレ内覧会の様子のご報告でした。
この先、このブログにてこの展示の見どころや楽しみどころなどを随時ご報告していきますよ。今後も萩博ブログをお楽しみに!

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2008-07-24 12:03 | 展示のご案内
「風雲!昆虫城」好評開催中!
夏期企画展「風雲!昆虫城~カブトムシたちの戦記~」がはじまって、約1週間がたちました。本日(7/20)は関連イベントのある日曜日ということもあり、来館者は千人を超え大盛況! 開幕日(7/12)から今日までの来場者は3,500人を突破しました!

この先、萩博ブログでこの展示の様子をいろいろお伝えしていきたいと思っていますが、まずその前に! 開幕に先立って7/11(金)におこなわれたオープニングセレモニーの様子を今日はご報告したいと思います。

b0076096_19121450.jpg7/11午後2時すぎ。

エントランスに続々と集まる来賓の方々をお迎えする椋木専門員
本展示の3千種・1万点の昆虫標本はすべてこの人物が手配・調整したもの。これから始まる「風雲!昆虫城」・・・その壮大なドラマの幕開けにワクワクしつつもちょっとドキドキ!?
b0076096_19125115.jpg地元・明倫小学校の児童たちが来館!
オープニングセレモニーに参加すべく、エントランスに整列して待機。

こうして70名以上もの方々がエントランスに集結。熱気でザワザワしてきました。
b0076096_19133346.jpgそして萩市長、議員、展示協力者、関係者の方々が勢ぞろいし、午後3時、ついに「風雲!昆虫城」展のオープニングセレモニー開始!

市長や館長の挨拶の後、来賓の方々から祝辞をいただき、セレモニーは順調に進んでいきました。このままセレモニーは進行していく・・・かのように思えました。

・・・が次の場面、司会のrie事務局員がスゥッと一息おいて、司会を中断したのです。そして、ゆっくり語りかけるように、こんなことを話しはじめたのです。

「昆虫城・・・それはこの世のどこかにあるという、カブトムシが治める伝説の城。
そこでは、多くの昆虫が平和に暮らしていました。
ところが今、その城がナゾの敵にねらわれているというのです・・・。」


b0076096_1914374.jpg・・・と、次の瞬間!!

「殿~~っ!!!」「殿~~っ!!!」
エントランスの奥につながる展示室の方から、大きな声が聞こえてきました。
いったい、何がおこったというのでしょう!? 

そうして叫びながらエントランスに走り出てきた人物は、なんと裃(かみしも)姿に、頭はクワガタムシという珍妙な格好。

(なんだか、S主任学芸員に似ているような気が・・・)
b0076096_1915225.jpgもう一人現われました。こちらの人物も、裃姿にクワガタムシの頭。
「殿~~っ!殿はいずこじゃ~っ!?」
「昆虫城の一大事でございます~!!」
顔を真っ赤にして叫びながら、エントランスの参列者の間を走り回ります。

(H首席学芸員に似ているような気が・・・)
どうやら、昆虫城の家臣(家来)たちが、城主(殿さま)をさがし回っているようです。昆虫城に訪れた危機を察知し、いち早く城主に伝えて指示を仰ごうとしているようなのです。
b0076096_19164671.jpg
しかし、殿はなかなか見つかりません。

クワガタ頭の家臣たちは、参列者をキョロキョロと見渡したり、券売機の返却口を開けたり、さらにはコインロッカーの扉まで開けてのぞいたり、懸命に殿をさがし回ります。
セレモニーの参列者も突然はじまった珍事に、「いったいナニゴト!?」と、あっけにとられるやら、ざわめくやら。

さあ、ただならぬ局面に突入した「風雲!昆虫城」展のオープニングセレモニー、この後いったいどうなったのでしょう! 
続きはまた改めてご報告しましょう。 どうぞお楽しみに!!!

(堀)

※ 休日に「風雲!昆虫城」展へお越しのみなさまへ
土日祝は来館される方が多数のため、萩博物館駐車場が混雑し入庫しにくい場合があります。その場合は、徒歩約15分の距離にあります萩市民球場駐車場もご利用ください。暑い中、お手数をおかけしますがよろしくお願い致します。みなさまのご来館を心よりお待ちしております。

[PR]
by hagihaku | 2008-07-20 19:28 | 展示のご案内
クイズ「星の会」⑦
さあ、待ちに待った答えの発表です。

正解者はいるかな???

問題は、

下の写真に写っている星の名前は次のうちどれでしょう?
1、アルビレオ
2、ミザール
3、アンタレス
4、シリウス

でしたね。



正解は、












1、アルビレオ
です


アルビレオは、はくちょう座にあります。はくちょうのちょうど頭の位置にある星です。
肉眼で見ると、一つの星にしか見えませんが、望遠鏡や双眼鏡でで見ると2つの星に分かれて見えます。お互いの周りを約30万年かけて回っている連星で、地球から約400光年の距離にあります。

宮沢賢治が書いた「銀河鉄道の夜」には、「アルビレオの観測所」として登場し、互いの周りを回っている、トパーズとサファイヤに例えられています。

b0076096_22594796.jpg

アルビレオの写真(撮影:萩天文同好会)




いかがでしたか???

では、次回をお楽しみにv(^0^)v

[PR]
by hagihaku | 2008-07-18 22:05 | 天体観測室より