<   2008年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
世界天文年2009 キックオフ
来年、2009年は世界天文年です。
これは、イタリアの科学者ガリレオ・ガリレイが人類で初めて望遠鏡を使った天体観測を行ってからちょうど400年にちなんだもので、国際連合、ユネスコ、国際天文学連合が決定したものです。

この世界天文年に向けた、
「世界天文年2009 キックオフシンポジウム ―宇宙・地球・生命 みんなで解き明かすために―」
が、11月23日(日)13:00~14:30にサイエンスアゴラ2008という科学の祭典で開催されます。

このシンポジウムは、、世界天文年を迎えるにあたり、その日本の組織である世界天文年2009日本委員会が主催するプレイベントとなるものです。

内容は世界天文年2009についての講演やパネルディスカッションが予定されています。「世界天文年って何?」を1時間半で分かる内容となっています。世界の動きに関しては日本委員会委員長である海部宣男さん(前国立天文台長)から紹介があり、日本国内での企画内容に関しては企画委員長の渡部潤一(国立天文台)さんから紹介があります。

サイエンスアゴラは、教育関係者や科学コミュニケーションに興味を持つ人が一堂に会するイベントとして恒例となっていますが、もちろん一般の方も参加することができます。シンポジウムはサイエンスアゴラの最も大きな会場である国際交流会議場(東京都江東区)で開催される予定です。シンポジウムの対象には年齢制限はなく(おおむね中学生以上)、定員は400名(要申込)となっています。
詳しくは、世界天文年2009のHP、またはサイエンスアゴラ2008のHPをご覧ください。

たくさんの人が参加し、世界天文年2009が盛り上がることを期待します。

[PR]
by hagihaku | 2008-10-31 19:12 | 天体観測室より
明治維新140年記念・第2弾「明治維新と萩」展のおしらせ
b0076096_1847205.jpg
第1弾「明治維新の光と影」展も、もう残すところ2週間ほどとなりました。
これまで大勢の方にお運びいただき、叱咤激励のお言葉を多数頂戴しております。
改めて、御礼申し上げます。

さて、引き続き、今度は第2弾についてご連絡させていただきます。
先日、萩博の公式ホームページにフライヤーのデータをアップしましたが、ご覧いただけたでしょうか。
第1弾のデザインとなんとなくイメージをつなげながらということで、このようなデザインとなりました。

第1弾では萩を外から見るというスタンスをとったのに対し、第2弾では萩を内から見るというスタンスをとります。
このように、外と内というふうに視点を置き換えて、萩という地域的特質なり、萩が明治維新に果たした役割なりを、わずかでも解き明かしてゆければと考えています。

b0076096_19181687.jpg
b0076096_19174040.jpg
展示の目玉となるのは、「菊ヶ浜土塁築造図屏風」(個人蔵、萩博物館保管)です。「女台場」とも称される、あの土塁を築くようすを描いた屏風ですが、今回、萩博では初めて、6曲屏風と4曲屏風をセットで展示します。
いままでは片方ずつしか展示したことがなかったのですが、写真のように、本来はセットの屏風なのです。
2つをつなぐと、横幅6メートルにもおよぶ大迫力の画面が目の前に広がります。
じつのところ、わたし自身が、一番この状態で観てみたかった人間なのかもしれません。

なお第2弾では、展示替えは2、3点しか該当がございません。
ほとんど一定の状態でご覧いただけますので、ご安心ください。
おってこちらも、展示資料のリストを公式ホームページに掲載いたします。

あと、ギャラリートークももちろん行います。
日程などは公式ホームページにも掲示しておりますが、今度は樋口副館長にもご登場いただきますので、日時と担当を次のとおりお知らせします。

11/22(土) 道迫
12/6日(土) 樋口
12/20(土) 道迫
2009年 1/3(土) 道迫

毎回、午後1時30分から開始となります。よろしくお願いします。

以上、萩博物館の道迫でした。

[PR]
by hagihaku | 2008-10-27 19:05 | 展示のご案内
番組放映のおしらせ(10/23)
毎月一回、私(堀)とNHK山口放送局のキャスターの方とで山口県の海の魅力をお届けしている番組「海中さんぽ」

10月分は、去る10/17にスタジオ収録しながらも国会中継で順延となり、明日10/23(木)の午前11:30よりNHKの番組「とくもり情報ランチ」内で放映となりました(山口県内のみの放映)。

b0076096_14513289.jpg ← これは先日私が萩市の相島の水中で撮影した、サンゴイソギンチャクと共生するカワイイ小魚のクマノミ

ふつうは熱帯の海にみられる魚ですが、最近では萩の海でもポツポツ見られるようになりました。こうしたトロピカルな生きものたちを山口県の海で見ようと思うなら、特に今の季節がオススメ!
そこで今回放映分では、こんなトロピカルな生きものがどういうわけで山口の海で見られるのか、そのワケをご紹介したいと思います。

番組の詳細は下記のとおりです。

とくもり情報ランチ
10月23日(木) 11:30~12:00
NHK(総合:山口県内のみ)

「海中さんぽ」は、この時間内に7分ていど放映される予定です。



この番組は基本的には毎月第3金曜日に放映しています。番組では、視聴者のみなさまから山口県の海辺や海中で撮影した風景・生物の写真をお寄せいただき、テレビ画面を通じて一緒に鑑賞するという企画・・・題して「わたしの好きな山口の海」企画も進行中。

みなさんもぜひ、お気に入りの山口県の海の写真をお寄せください。
番組で写真を紹介させていただいた方には萩博物館からプレゼントがあります。
応募のしかたはこちら 
→ https://www.nhk.or.jp/yamaguchi/mail/sanpo.html

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2008-10-22 14:53 | 催し物のご案内
あなたの電卓は大丈夫?

今日は天文とは関係のない話題です。

電卓って、便利ですよね。
少々難しい計算でも、正確な答えを瞬時に出してくれます。
日常お世話になっている方も多いのではないでしょうか?
最近は、携帯電話にも計算機機能が付いているものがありますよね。

でも、電卓で計算した答えは本当に合っていますか?

今日は、みなさんにお願いがあります。

みなさんの持っている電卓を使って、次の計算をしてみて下さい。

   2 + 2 × 2 

さあ、答えはいくつになりましたか?

みなさんの計算結果をコメントにお知らせくださいm(_ _)m

[PR]
by hagihaku | 2008-10-17 23:14 | 天体観測室より
海上の黒い影の正体は・・・
千葉県の柳博士による相島でのイソギンチャク調査の前日のこと。翌日の潜水作業のウォーミングアップを兼ね、近くの倉江ノ浜で磯のイソギンチャクの観察をおこなうことにしました。

柳博士ほか数名を乗せた車を運転していた私は、倉江ノ浜の脇の細い道の途中で、突然 「ああ~っ!!」 と叫んで車を止めました。

「え?どうしちゃったんですか・・・?」と、きょとんとする同乗者のみなさん。

私は運転席の窓を開けて、ある場所を指さしました。崖の下のはるか数百メートル先の海上に、あるモノが見えたのです。

b0076096_98571.jpg
↑ みなさん、分かりますか? 写真の中央あたりに小さな黒い物体が写っていますね? この物体は静止しているのではなく、海から出たり入ったりをくり返しています。どうやら、生きもののようです。

b0076096_9132985.jpg
遠くて分かりにくいので拡大写真を。矢印の部分に、確かに黒いモノがいますね。1匹や2匹ではありません。

4~5匹ぐらいが、ツルンと海に潜ったり、ザバっと海から姿をあらわしたりしています。
そのうち、両端がとがったハート形の尾っぽが見えました。・・・何となく正体の想像がつきましたか?
この黒い生きものは・・・そう、イルカです。

イルカの群れが倉江ノ浜の沖にやってきていたのですね。

イルカというと、水族館に行かなければ見られない近くて遠い存在のように思われがちですが・・・とんでもない。豊かな萩の海に、ちゃんとすんでいるのです。
あなたも海岸をドライブ&散策すれば、遭遇できる可能性は十分ありますよ。

この写真は、同行した千葉県立中央博物館分館海の博物館の柳博士が撮影・提供してくださったものです。

萩の海では、ダイバーが潜水中にイルカにバッタリ遭遇!・・・なんて出来事もあるんですよ。
遭遇した人曰く、海面から海底までの水深をキャンバスのように思いっきり使って、円を描くようにクルクルと縦に大きく旋回し、それからすうっと遠くの青い闇に消えていったそうです。
そんな話を聞いていると、元気が出てきますね!

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2008-10-16 09:12 | いきもの研究室より
「明治維新の光と影展、後期展示スタート
おはようございます。萩博物館の道迫です。

b0076096_955328.jpg
昨日、特別展「明治維新の光と影」の前期日程が終了いたしました。
この前期日程に、萩博にはほぼ1万人にものぼるお客さまがお見えになりました。
とくに11~13日の3連休は、大勢のお客さまにおこしいただき、スタッフ一同、心より感謝いたしております。

さて、前期日程の終了にともない、昨夕、閉館後に作品の展示替え作業をおこないました。

そして今日から、後期日程のスタートとなり、新しい展示物がお目見えです。

東京国立博物館所蔵のいわゆる「錦旗」も、有栖川宮家伝来のそれから、岩倉家伝来のそれへと交換です。

b0076096_9552389.jpg
また、会期中にいろいろと不備や改善点が出てきていたところについても、修正を加えました。

今回は「明治維新」という難しい研究テーマで、しかも「光と影」という複雑で、重みのある視点から展示を構成したこともあり、アンケート調査では、賛同・批判ともご意見を多数頂戴しております。
これは共感・反感と読みかえることもできますが、ともかくもこれだけの声をおよせいただけたということは、展示をじっくりご覧いただけたことの表れと理解いたしております。
展示企画者としてはこれ以上の喜びはございませんが、勉強不足、力不足も痛感しているところです。

後期日程におきましても、ご意見、ご感想、ご指摘など、さらに頂戴できれば幸いに存じます。
ひきつづき、よろしくお願い申し上げます。

[PR]
by hagihaku | 2008-10-14 09:56 | 企画展示室より
相島の海底47メートルで・・・

10/7(火)、千葉県立中央博物館分館海の博物館の柳博士(イソギンチャク専門)が来館。

その目的は、萩の沖合いに浮かぶ相島の海底にすむ「ナゾのイソギンチャク」を調べるため。
それは、全身が蛍光色のイエロー~ライトグリーンという奇抜な風貌。さらに、中の構造がふつうのイソギンチャクとかなり違うという、変わり種です。

相島の海底にそんな「ナゾのイソギンチャク」がいる・・・その情報は、数年前に山口市のダイビングショップ・シーアゲインの笹川さんからいただいていましたが、当時は海況がよくなければ潜れない相島の北端の海底に1匹しかいなかったので、棚上げになっていました。

・・・が、つい最近、相島の別の場所でも何匹か見つかったとのことで、正体を解明するため千葉の海の博物館の柳博士を招聘することとなったのです。

b0076096_1012276.jpg山口市・宇部市・北九州市のプロのダイバーのみなさんと、柳博士と私(堀)とで、いざ、相島の海底に潜行!

ぐんぐん水深を下げて、水深40mを突破!ついに「ナゾのイソギンチャク」を発見しました! 
40mの海底は暗く、まるで秋の夕方のような薄暗さ。光がすごく少ないので風景がはっきり撮れません。
b0076096_1017895.jpg
さらに潜行!水深47mに到達しました。ここにも1匹発見!

が、こんな深いところに長くいると潜水病になってしまいます。ここにいられるのは長くてもたった5~7分! 
限られたわずかな時間で、撮影~観察~調査をする柳博士。
b0076096_10175836.jpg
もう、これ以上 ここにはいられない! 

私たちチームは最後の撮影をして、47mの海底を立ち去りました。(写真右下にナゾのイソギンチャクが3匹、ぼうっと見えます・・・)
そしてゆっくり浮上し、潜水病にならないよう体の中にたまった窒素を抜くための手段を施して、ようやく海上へと帰還したのでした。

柳博士によるこのたびの相島での「ナゾのイソギンチャク」調査の結果は、近い将来、論文か報告として世に発表されることでしょう。
そのとき、萩博からもみなさまへ、たっぷりとニュースリリースいたしましょう。

こうしてまた一つ、知られざる萩の海の魅力がひも解かれようとしています。
どうぞお楽しみに!

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2008-10-10 10:21 | いきもの研究室より
里帰りした「長州砲」、紙芝居に…
b0076096_17433912.jpg
萩博物館の道迫です。

今日は、ちょっと脱線した仕事をしていました(あくまでも教育普及活動の一環としてですが)。

現在、当館で展示している「長州砲」ですが、NPOで紙芝居を行っておられるメンバーの方から、「道迫さんに、ぜひ長州砲の紙芝居の案をつくってほしい」と熱いご要望があったのです。

実際、下話を受けたときから情熱をひしひしと感じていたのですが、先日打ち合わせをしたさいには、それはもうたいへんでした。037.gif

b0076096_17435293.jpg
ということで、今日は紙芝居のストーリー構成をつくったり、ラフスケッチを描いたり、半分楽しみながらやってみました。

「長州砲」をご観覧いただくみなさんのお役に立てればうれしいです。

さて、あとは紙芝居のグループにこれを渡して、できあがりを待つだけです。

メンバーの方は、正月には間に合わせたいと意気込んでおられます。

ご期待ください!006.gif

[PR]
by hagihaku | 2008-10-08 17:45 | 歴史資料調査室より
アリに捕まったアリジコク
b0076096_17435336.jpgアリジコクはウスバカゲロウ科の幼虫です。

土に噴火口のような穴をあけて、その底に潜み、穴に落ちたアリなどを察知すると、頭部で勢よく砂をかけて、這い上がろうとするアリを落下させて食べてしまうため、アリにとってはまさに地獄のような怖い天敵です。

b0076096_17442239.jpg
しかし、草取りが行われた萩博物館の駐車場で、奇妙な光景を目撃しました。
アリジコクを襲って巣に運んでいるアリを見つけたのです。
たぶん、草取りをした時にアリジコクの巣を壊してしまい、アリジコクが地上に出てしまったのではないかと思います。
地上に出たアリジコクは「岡に上がった魚」状態でアリの攻撃に為す術がなかったようです。
怖い天敵も条件が異なれば餌となる、まさにサバイバルですよね。
アリジコクといえば、面白いのは肛門がないことです。
巣に落ちてくる小昆虫を待ち伏せているために、餌がめったに手に入らないので排泄せずに体内で全部吸収するためだそうです。
成虫になって、はじめて幼虫時代の排泄物を出すことができる究極の便秘虫ですね。

(ムクノキ)
[PR]
by hagihaku | 2008-10-06 17:48 | いきもの研究室より
ハタタテダイについて
先日ご紹介しました、萩博大水槽のニューフェイスのハタタテダイについてのお知らせです。

本日、ハタタテダイに体調不良が認められましたので萩博大水槽から撤収し、バックヤード研究室の小型水槽での療養に移りました。

萩博大水槽でのハタタテダイの飼育展示を中止させていただきましたことを、ご理解・ご了承いただきますようお願いいたします。

(堀)

[PR]
by hagihaku | 2008-10-05 17:34 | いきもの研究室より